« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

白いままで・・・・

Arctic_fox48 以前の小獣舎では、寝ている事が多かったよね。

お陰で・・・てっきり夜行性なんだとばっかり思っていたよ。

夏毛と冬毛のギャップが凄くて(笑)まるきり別人みたいになったよね。

 

Arctic_fox49 昨年、先に逝ってしまった奥方とは、会えましたか?

仲良さ気な様子を何度か見せて貰ったけれど・・・残念ながら、子宝には恵まれなかったね。

この春先まで、何度か伴侶を求めて呼ぶ声が響いて・・・切なかったなぁ。 
 

Arctic_fox50 新しいホッキョクギツネ舎になってから、写真は撮りやすいし見やすいし・・・でも、ときおりカラスになにやら持って行かれてたり(笑)

冬毛になると、キツネというより、タヌキとか言われていましたよ(笑) 

雪の中での保護色にもなる冬毛の姿は、お客さんに好評でした。 

Arctic_fox51 時には、モートの底に落っこちて、途方に暮れていたこともあったっけ(笑) 

毎年10月にはうっすらと冬毛を纏って。

ふわふわもこもこになって・・・でも、もし抱き締めたら・・・・きっと、驚くほど中味はスマートだったんだろうね。 

 

Arctic_fox52 最後に会ったとき。

もう6月を迎えるというのに、冬毛のまま。

いつもの年なら、もう腰のあたりに黒地が見える程毛変わりしているはずなのに。

例年より、寒い日が続いたせいかしらと思っていましたけれど・・・・白いままで・・・・、いたかったのかな?

もう、この美しい姿を見ることは叶わないのですね。

お疲れ様でした。
ありがとう・・・ね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

浮気の理由(笑)

タイトルは、私信です(笑)

さて、日曜日の旭山。
Yagikko18 ママの下から、こんにちわ♪

いつもなら、なかなか時間が取れなくて行けずに終わる子ども牧場にお邪魔したのは、ヤギッコ誕生の報があったからです。

 

 
Yagikko19 もう1人。

元気で飛び跳ねてました。

二人とも、男の子だそうです。 

母親も父親もミックスなのだそうで、チビさん達は2人ともトカラヤギの血が濃くでたらしいです。

Yagi18 こちら、母親の小春ちゃん♪

小春ちゃんは、かつて双子で生まれましたが、母親が双子の片割れだけに世話を焼き、小春ちゃんがおっぱいを飲むことを許してくれませんでした。

一緒に生まれた春太くんとは、格段に体格の差が付き、本当に心配なくらい、いつまでも小ちゃいままだったのです。

それが・・・・いつの間にか大きくなって、立派なお母さんになりました♪

Yagikko20 今回生まれた双子ちゃんを、小春ちゃんは、ちゃんと両方とも育てている・・・と伺いました。

擬人化する積もりは無いけれど・・・母親と同じような子育てをせずに、良かったなぁ・・・・と、思った次第。

めんこいヤギッコは、お客さん達にも大人気です。
 

Yagikko21 でも、まだ人慣れしていない双子ちゃん。

好奇心はあるものの、人が手を伸ばせば、跳び上がって逃げてしまいます。

観覧通路との間に柵を設けてあって、人は奥まで入れないので、小さいお客さん達の欲求不満が募ります(笑)

 
や、だからさ。
こういうときは、母親を懐柔するんだって(笑)
母親が人の側にいれば、チビ達も安心が先に立つんだから♪
この手法(?)で、チビ達の鼻先をちょんちょんさせてもらえました。

そんなわけで・・・・。
第二子ども牧場が開く時間と同じ時刻に行われたモグモグタイムには、お伺いすることが出来なかったのです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

同居中♪

Pirika30 おや、ピリカちゃん。

プール放飼場の片隅で・・・。

そんなところに凹みがあったのねぇ。

んで、なんで入り込んじゃっているの?

 
Ivan11 実は、イワン兄ちゃんが同じ放飼場にいるんです。

数日前から同居を試みているとのことでした。

一番最初に同居したときに、イワンがピリカを追っかけたようで、ピリカ、この場所へ逃げ込んでそれっきりと聞きました。

その兄ちゃんは、このとき、モグモグ待ち(笑)

Ivan12

ピリカちゃんがこんなですから、モグモグタイムはイワンくんの独り舞台。

てか、モグモグやっているってこと自体、シーズンではないって事だよね。
あれは、デリケートな時期だから、普通、モグモグはお休みだものね。

 

Pirika31 イワン兄ちゃんがプールに入っている時には、ちょっとだけ身を乗り出してみるピリカちゃん。

こんな様子を見ていると、釧路のクルミちゃんとデナリさんの同居の様子を思い出します。
あの時も、クルミちゃんがすっかりデナリ氏を怖がって、プールへ逃げ込んで上がって来られませんでしたね。
二~三ヶ月くらい、そんな状態が続いて、ようやく仲良く一緒に遊ぶようになって、上手く行ったのはその後でした。

Pirika32 今はまだ、バックは死守します(笑)

一緒に遊べるようになれば良いねぇ。

イワンくんにとっては、初めての年下の女の子です。
年上キラーとしての定評はある(笑)イワンくんですが、さて、ピリカちゃんを上手く口説き落とすことができるでしょうか?

 
Pirika33 閉園間際、イワンくんが収容されてからしばらくは、1人で放飼場にいたピリカちゃん。

のびのび?リラックス?

やはり、初めてのオスグマとの同居ですから、一朝一夕には行きません。

でも、ピリカちゃんもそろそろお年頃。野生下であっても、そろそろオスグマから注目される頃だよね。

年上のお姉さん方とは、上手くやれるピリカちゃんですが、イワンくんと相性が良いと良いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

Happy Birthday♪

Cocoa50

こ~んな小ちゃかったココアが・・・・

 

 

 

 
Cocoa51 こ~んなにステキなレディになりました。

もう4歳。

4歳と言えば、立派に成熟している年齢です。

この日、寝室への扉が開いているにも拘わらず入る気配が無かったのは、どうやら・・・

Cocoa52

ゴロニャン状態による帰宅拒否だったようです。

障害さえなければ、今頃は婿取りだ、嫁入りだと、忙しいことになっていたのかも知れないねぇ。

 

 

Taiga_cocoa28 タイガ!

ココア!

お誕生日おめでとう。

(写真は使い回しです。ご免なさいm(_ _)m)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

強制帰宅(笑)

そろそろ暑くなってきたこともあって、風通しの良い吊り橋の上は、格好のお昼寝どころ。
この日も、もうお部屋に入る時刻と言うに、のんびり寝ているモンだから。。。

Lesser62

忍び寄る影(笑)

 
 

 

 

Lesser63 

ほらほら、起きて、起きて!

もう、帰る時間だよ。

 

 
Lesser64

寝起きで、顔が不機嫌です(笑)

・・・この吊り橋、人間の体重も、ちゃんと支えるんですねぇ。
でも、幅と揺れを考えると・・・自分はご遠慮申し上げたいところ。高所恐怖症だと、旭山のレサパンは担当出来ないと思われます(笑)

Lesser65  

どうしても、帰らなきゃダメかい?

追い返す担当氏の顔を、2~3回は見上げていたノノくん。

ダメ!

 
Lesser66 はい!さっさと帰る!

ちぇーっ!
せっかくのんびりしてたのになぁ。

ノノくん。外泊許可は出ませんでした(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

縮んだ・・・?

先日覗いたホッキョクグマ館で。

Polabear22 プールの放飼場。

ルルさ~ん。
お変わりないですか~?

先だって、イワンくんともウマく行って、今年こそはと、気の早い期待を込めていたりもしますが(笑)

んで、イワンくんとの仲は、もう落ち着いちゃったのかしらん??

Polabear23 滝の前を行く、もうお一方。

・・・・って、あれれ?

イワンくん、随分縮んじゃ・・・・った・・・んじゃなくてっ!

これはピリカちゃんだわ!

ピリカちゃんが、プールの放飼場にいるってことは・・・・、

Polabear24 イワンくんは、シールズアイのカプセルがある放飼場にいました。

初めてではないらしいのですが、やはり、いつもと勝手が違うのか、借りてきた何とやら状態・・・と言われていました(笑)

いつもの常同行動も出てなかったもんねぇ。

当然、こちらには、

Polabear25 サツキ姐さん♪

まるっきりマイペースでいらっしゃいました。

特に絡むこともなければ、幅を取っているイワンくんを気にする様子もなく(笑)

それでも、同居ということは、サツキ姐さんも、そろそろ時期に入るのかな?

ちなみに、プール放飼場のルルさんとピリカも、以前の微笑ましい様子は見せてもらえませんでした。
ルルさんのシーズンが終わっちゃったせいなのかな?
それとも・・・ピリカちゃんが場所に慣れてくれば、またじゃれついたりする姿が見られるのかな?
そちらも期待したいところではあるのですが・・・まぁ、客の期待通りには動いちゃくれません(笑)

釧路では、ユキオさんとツヨシちゃんの同居も始まったようです。
特に、荒れる様子も無いようで・・・・こちらも期待しているんですが・・・。

ガンバレ!世のオスグマ諸君!!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

チャ、チャ、チャ♪

Chacha01 はぁ~い!

ボク、茶々丸で~す♪

旭山で生まれたゴマフアザラシのオチビさんは、人工哺育、自然哺育に拘わらず、離乳後に、こういう姿を見せてくれます(笑)

プールの・・・・何て言うの?・・・オーバーフローした分を吸収して排水する、ちょっと棚になっている部分に、すぽんと収まって昼寝をしている姿。

少なくとも、マメとぽちゃ丸では見ていますね。

Chacha02 きっと、大きさが丁度良いんでしょう。

この時期の子アザラシに。

あれ?離乳したらもう、「子」じゃないのかな?

 

 
Chacha03 んで、

前肢が器用に動くんだわね。

泳ぐときには殆ど使われない前肢。
でも、存外器用にモノを掴んだりも出来ます。

コレはきっと、頭を掻いているだけ・・・なんだよね。

見事に、癒しオーラ、出てますけど(笑)

Chacha04 ねむねむ?茶々丸♪

 

アタシも眠い(笑)

今日は、さすがに疲れました。
明日の部分日食に備えて・・・さっさと寝ます♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

さよなら・・・

さすがに、凹みましたよ。
昨日、飛び込んできたニュースには。

Mada01 8月も、遅い時期になってからの誕生でした。

先に生まれたマカロニ兄ちゃんやぺぺこちゃんがすくすくと大きくなっていくのに、なかなか大きくなれずにいました。

雪が降る時期になってもちっさいままで、お客さんから、バンビがいるよ・・・と、可愛がられていたのですが。
・・・この時期に、こんな小さいのが居るコト自体、問題だと思ってよ・・・と、内心で突っ込んでいました。

この前の年にも、遅く生まれて、冬を越せなかった仔ジカがいたので、とても心配していたのですが。
このコは、形は小さくとも、とても元気で大きくなってくれました。

Mada02 翌年生えてきた角は小ちゃくて、ちょっとこじけちゃって。

これは、2歳の年の春。

この年も、角は大きくならなかったね。

 

 
Mada03 3歳になった年。

キレイに伸びてきた角を楽しみにしていましたが、この後、片角を折ってしまいました・・・・。

それでも、秋口にはオスジカらしい姿を見せてくれたね。
少々、本人の意図していないところでコミカルにはなったけど。。。
身体が小さいままで、マカロニ兄ちゃんには、邪険にされていたけれど。
とうとう、キレイな枯れ角状態は見せてもらえなかったなぁ・・・・。

もう、会えないのか・・・・
寂しいなぁ・・・・

Mada04

ありがとうね

まだくん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

最初から黒いの♪

赤ちゃん誕生の報を聞いて、そこへ伺うのは、決して可愛い赤ちゃんを見たいが為・・・だけではなくて。

Zenigata_baby01 こーゆー、母子の様子を見たいが為、と言う方が強いような気がします。

アザラシ親子は、お互いを匂いで確認するので、こんな風に、鼻ちゅぅのシーンが頗る多いのです。

5月7日生まれのゼニガタアザラシ。女の子だそうです。
お母さんは、釧路生まれのミミさん。

Zenigata_baby02 好奇心旺盛なお嬢ちゃんと、カメラが気になるお母さん。

陸に上がってきたのは授乳のためと思われますが、カメラ構えてる人間に、どうやら激しく警戒中。。。

しっしっ!あっちへ行って頂戴!!

・・・と、言われているような気が(笑)

Zenigata_baby03 それでも、初めてもうけた子どもが可愛くて仕方がない・・・みたいに見えます。

母の後を追って来た娘には、つい笑顔(?)

アザラシの赤ちゃんが産まれたと聞いて、出産・哺育プールへお見えのお客様が、「もう、真っ黒になっちゃってるねぇ」とおっしゃる声が。。。
ああ・・・、ゴマフと勘違いしてるのかなぁ?・・・と。
最初は白い毛で産まれてきて、それが抜けるとゴマ斑模様になるのがゴマフアザラシ。
でも、コチラのゼニガタアザラシは、纏っていた白い毛を、お母さんのお腹の中で脱いでしまうので、生まれたときから黒地に銭形文様です。
最初っから、真っ黒なんですよ~。

Zenigata_baby04 おっぱい♪おっぱい♪

哺乳類の授乳シーンは、何度見てもほっこりほのぼの♪

お母さんが水中にいるときでも、おっぱいをもらおうとするので、もしかしておっぱいの出が悪くて足りていないのでは・・・と、案じましたが、この様子を見る限り、そんなことは無さそうです。

流氷の上で子育てするゴマフと、近海の岩場で子育てするゼニガタでは、授乳の形式も違うのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

ヤマトくんのお嫁さん♪

Zima01 ユキヒョウのジーマちゃんです♪

はるばるドイツから、ヤマトのところへお輿入れ。

たいそう神経質なお嬢様らしく、環境に慣れてくれるまで、一苦労があったらしいです。

放飼場へ出て、オーバーハングに陣取るあたり・・・ココが一番人間から距離を置ける場所・・・だからなんだろうなぁ。。。

Zima02 隣接するエリアの住人、アムールヒョウのキンくんが近づくと、ガウっ!!

でも、思い切り腰が引けてるところが、可愛いやら可愛そうやら(^-^;

逃げようとしない辺り、近づかれるのはイヤなんだけど、こ れ以上コチラへは来ない、ということが分かっているからなのかしらん?
少しは、新たな環境での勝手も分かってきてくれたかな?Zima03

朝方よりは少しからだが伸びた感じで、落ち着いて来た感じが見えるジーマちゃん。

・・・・でも、放飼場はこの日が初めてではないのですって。
実は、もう数日間・・・寝室へ入ってくれてないらしい(笑)

つまり・・・ヤマトくんが、お外へ出られない状態が続いているのですね。
いっそのこと、ヤマトくんも外へ出して同居しちゃったらどう?・・・と思わないこともない(笑)ですが、流石に、無理は禁物ですよねぇ。

かつての、ゴルビーさんとプリンちゃんのイチャラブっぷりを知っているだけに、あの、微笑ましくも、見ちゃいらんねぇ~!な状態が、再び見られないかと・・・ほのかな期待も、あったりするのです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

ライバル視?

釧路のアムールトラは、大層美虎の噂も高い、チョコちゃんです♪
Choco23

でも、この日は挙動不審(笑)

どうやら、ゴロニャン状態だったようです。

以前、頻繁に釧路にお伺いしていた頃から、人の顔見るとゴロニャンが始まって・・・・(笑)
どうでも、オストラ認定されてる感じはあったのですが。

Choco24 まぁ、見事にこういう状態(゚ー゚;

チョコちゃ~ん。
自分はメスなんですけど(笑)それ以前に、一応人間のハズで(笑)

チョコちゃんには乗っかってあげられません。

しかも、以前はともかく、今は歴とした旦那様が、隣の檻にいるわけですしね。
Ring15

ほら。。。

リングがこちらを睨んでる。。。

取りあえず、キミのライバルにはなり得ないのだよ。

なり得ないのだけれど・・・リングとしては、面白くない?

Ring16 ・・・・だからと言って。

そちらの若い女の子に興味を示さないでくださいな!

そのお嬢さんは、キミが円山にいたときにお隣だったライオン夫婦の娘さんです(笑)

壁越しとは言え、両手に花♪状態のリングなのです。

ヒョウが2頭ともいなくなってしまったので、現在リングは、ヒョウがいた檻での展示です。
ヒョウの為に組まれた足場がそのまま残されており、リングも、その上がお気に入り。

でも・・・寝ているときに、いつもの開脚姿なのかどうか、下からだと分からんのですよね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

フワフワ♪モッコモコ♪

黄金週間後半にお伺いした釧路市動物園。
昨年の春までは、しょっちゅうお伺いして、当時凄まじかった仕事のストレスから解放してもらってました♪

Seep04 ヒツジッコが生まれたと聞いていたので、いそいそと覗いた子どもどうぶつえん。

親子スリーショット♪

真ん中がお母さんのサツキさん。チェビオットです。
向かって右は、娘のきなこちゃん。お父さんがサフォークです。
そして、座っているチビスケがゆっきーくん。きなこちゃん、お姉ちゃんになったのねぇ♪
お父さんは同じサフォークだと思うのだけど・・・なぜだかお顔までフワフワっぽいぞ(笑)

子ヒツジの頃ってこんなもん?
思えばきなこちゃんが生まれた頃は、口蹄疫騒動で、子どもどうぶつえんは閉鎖中。
オチビの頃のきなこちゃんを近くで見た事がなかったですね。

Yagi17 こちら、ヤギのヨーデルさん♪

4ヶ月以上お会いしていないのに、ちゃんと覚えていてくださいました。

柵の中に入るや否や、トコトコトコと来てくださって、嬉しかったです♪

今年は、ヤギの出産は無し。
昨年、オスヤギと一緒になっていたジーナさん・・・・。
今はその姿を、子どもどうぶつえんで見ることは出来ません(ノ_≦。)
ヤギは、母と子の繋がりは結構深く、長い間続くと聞いているので・・・娘を失ったヨーデルさんと、母を失ったナオミちゃんが、どことなく寂しそうにも見えました。

Seep05 既に、毛刈りが終わっている大人達に比べて、ふわふわのゆっきーくんです。

黄金週間で、お子さん連れのご家族が多いのですが・・・みんな、ゆっきーくんに触りたいのね(笑)・・・追いかけ回すもんだから、逃げまくりでした。

お母さんのサツキさんも、さほど人懐こいタイプではないので、人が近づくと距離を置こうとします。
息子のゆっきーくんも、当然母親に付いて歩くので、人からどんどん遠ざかります。

・・・こういう場合は、先ず母親を懐柔せねばなりません(笑)
ヒツジを追わずに、向こうから近づいてくるのを待つ、または、ゆっくりと小さな動作で、少しずつ距離を詰める。
こんな風に、くつろいでいる時でも、近づいて行くと、立ち上がって逃げる素振りを見せますので、そう言うときはそれ以上近づかずに、こちらが離れます。ヒツジの嫌がることをしないでいれば、逃げずにいてくれますので、様子を見ながら、母ヒツジの背中越しに手だけ伸ばして、ちょん♪ちょん♪

ヒツジッコはフワフワでしたよん♪

Alpaca12 でもって、こちらはモッコモコ♪

アルパカのルビーちゃん、

昨年、お母さんのお腹に入ったまんまで、釧路へ来てくれました(笑)

トパーズ母さんも、長旅や、初めての場所で慣れるまで、いろいろ合っただろうと思うのですが・・・よくぞ、元気に生まれてきてくれました。

生まれて直ぐは、ひょろひょろだったのに、今じゃ、この通り!
今年は、初めての毛刈り・・・あるのかな??
毛刈りされると・・・またひょろりに戻るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

マースちゃんに会えた♪

黄金週間の後半は、釧路へ走りました。
朝、3時半に出て、休憩を取りながら車で6時間。
好きなことやるときには、気力も行動力も意欲も湧くもんだわね(笑)

さて、そんな釧路の様子をちょっと後回しにして・・・連休最終日、本来なら、一日寝て曜日に当てて、体力の回復をすべき日ではあったのですが、イワンとルルの仲良し情報に、旭山へと吹っ飛んでしまいました(^-^;

そしてこの日、ここしばらく全頭バックヤードだったオオカミの森で、ケンとマースが放飼場に出ていたのです。
どうやら、寝室との境の扉を開けっ放しにして、出入り自由にしていたようなのですね♪

Wolf16 しばらく~!

ケンくん!!

オオカミも、この時期換毛するんですね。
隣のエゾシカは、凄まじい事になっていますが(笑)オオカミの方は、もう少し穏やかに見えます。

 
Wolf17 マースちゃん♪

しばらくぶりのお外でしょうか?
どうですか~~?

こちらも、モフモフとスッキリが入り交じっています。

 
 
Wolves61 二人揃って、何を眺めていたのかな?

担当氏でもいらしたのかと思いましたが、それらしい姿は見えず。

でも、まぁ。
人の能力よりはるかに長けているオオカミの嗅覚や聴覚で、何か見つけたのかも知れません。

Wolf18 マースちゃん、こんな様子でした♪

詳しい方なら、こんな写真からでも、ある程度見て取ってくださると思うので載せちゃいます。

こういう状況です♪

あとは、公式待ちということですね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

ロックちゃん♪

釧路市動物園生まれです。
釧路のシマフクロウ舎には、巣穴の中の上部にカメラが備え付けてあって、子育ての様子を少し離れたモニターで観察することが出来ます。

ぽわぽわの白い産毛の頃から見てきたシマフクロウの双子のウチ、女の子のほうがロックと名付けられ、今、旭山に来ています。

Rock01 すっかり大きくなって♪

でも、何か様子が・・・・?

身体を膨らませて、羽角も広がっています。
どうやら、上の方に、何か気になるモノがあるようです。

 
Rock02 はい。
カラスがいるんです(笑)

旭川周辺のカラスは、シマフクロウを知りません。
この巨大なフクロウに、敵愾心も含んだ好奇心で、ケージの回りをうろうろ、ちょろちょろ。

一方ロックちゃんは、ケージの上空を飛んでいくカラスくらいは知っているでしょうが、こんな近くまでやってくるヤツを知りません。

まぁ、カラスは網目をくぐって入ってくる事は無いですから、慣れれば落ち着くと思われます。

Rock03 夕日に照らされて・・・♪

旭山のケージは、釧路で彼女が両親たちと過ごしていたケージと、ほぼ同じデザイン。

親離れしてから、しばらく、形の違うケージにいたこともあるはずですが・・・。

どうでしょう?
懐かしい時代なんか思い出していないでしょうか(笑)

Twins 巣立ち間近な頃のシマフクロウ、チビさん達。

流石に、どっちがロックちゃんでどっちがクックくん(現・円山動物園)なのかまでは、分かりません(^-^;

こんな姿を見てきていますから、大人になったチビに再会できて、感無量というところ♪

お年頃になったら、野生の男の子が求愛に来たりしないかなぁ♪
密かに期待していたりするんですけど(o^-^o)

 

さて、ロックちゃんの実家に遊びにいくよ♪
でも、お天気が思い切り崩れそうだよ(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

マリモの尻尾が・・・!

夏期開園となった旭山動物園。
もちろん、開園セレモニーに間に合うように行きましたとも。
たいそうレアな、園長のスーツ姿を見るために(笑)・・・セレモニーが終わったら、速攻着替えておられました・・・。

さてさて、とても残念な事を書かねばなりません。。。。

Sippo04 冬期開園中から、既にこーゆー状態だった・・・マリモちゃんの尻尾。

こりゃ、マズイ・・・とは思っていたのです。

 

 

 
Sippo05 これは、1月末に撮った写真です。

明らかに、尻尾が傷ついています。
それも、新しい傷に見えます。

 

 
 

 
Sippo06 かつての可愛い輪っか尻尾が、大人になるにつれて、とても立派でキレイになっていた、マリモちゃんの尻尾は・・・・。

 

 

 

Sippo07 ・・・・・・

ご覧の通り。

切れちゃったのですー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

傷のところから、壊死して落ちちゃったんです。

 
Sippo08 ええ・・・、

犯人は、コイツです(笑)
マリモの相方、ゲンキくん。

付きまとっているウチに、何かの拍子で噛んでしまったらしいんですね。

 
尻尾は短くなってしまいましたが、マリモちゃんは元気です。
今のところ、特に問題は無さそうなのですが。
夏場・・・、お尻を虫に食われちゃわないかな。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »