« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

ようやっと♪

そろそろ、そろそろ落ちても良い頃だよねぇ・・・と、毎週のように、意図せずにダジャレになってしまったのは(笑)
名前が「そろそろ」というせいです。

Ezoshika140 今年4歳になるマカロニくんが、今年は最初に角が落ちたようです。
もう、こんなに伸びてきています。

体格も良く、この冬くらいから、旭山のエゾシカの森で、父親の治夫さんを押しのけて、最優位に立った男の子。

前にテレビで見た話だと、強いオスほど早く落角するらしいので、きっとそういうことなんだろうなぁ。。。

Ezoshika141 みんなのお父さん、治夫さんも、マカロニくんに次いで、ほどなく落角したようです。

いかんせんお年がお年で、往年の勢力は無くなりましたが、実は人(鹿)望の厚い治夫さん。

まだまだ、ご婦人達には人気があります♪

袋角の間は、平和なシカ社会(笑)
息子のマカロニとも、今は一緒に並んで休んでいたりします。
Ezoshika142

コチラが、末息子のそろそろくん。

6月も半ばになると言う時期に、まだ角が付いたまま。

角のあるシカは、威張りん坊になりますから、そろそろくん、父さんや兄ちゃんが落角してからかなり長い間、強気に出られていたと思われますが。

Ezoshika143先日、とうとう・・と言うか、ようやく、角が落ちました。

角が落ちても、落角痕がはっきり分かりますので、メスと見間違えることはありません。

でも、なんだか、すっかり可愛らしくなっちゃって(笑)

 

Ezoshika144何か、文句ある・・・・?
とばかりの、流し目そろそろ♪

今年は、どんな風に角が伸びてくるのかな?
昨年の秋は、まだ兄ちゃん相手に、力比べをしていたそろそろ。
そのまだ兄ちゃんがいなくなってしまって(ノ_-。)
今年は、マカロニ兄ちゃんに挑むのかな?
マカロニ兄ちゃんも、治夫父さんに挑んで、角を折られたりしながら強くなってきたのです。
そろそろくんも、きっと痛い目を見たりしながら、大きく成長していくのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

何かくれるの?

ホッキョクグマのピリカちゃん。
この日は、カプセル放飼場の方で、ルル伯母さまと一緒です。

Pirika34

と・・・俄にピリカが柵の外に関心を示し出しました。

身を乗り出すように。虎視・・・ならぬ熊視・・・眈々と一点を見つめます。

ホッキョクグマの足腰の粘りは、十分知っているつもりですが、それでも・・・
足を踏み外してくれるな~~!
と、内心叫んでいたりして(笑)

この時期、こちらのモートに落ちれば、思いっきりミドリグマです(笑)

Pirika35 実は・・・ピリカが見つめていたのは、ご来園のお客様がお持ちになっていた「クーラーボックス」

それ、何が入ってるの~~?

こちらの放飼場では、柵の外からエサを投げ入れることはしていないハズ。
帯広でも、エサは、一旦収容してから放飼場に置かれていたハズ。
つまり・・・クーラーボックスから、何か美味しいモノが出てくる・・・と言う経験は、円山時代のイベントか何かだったのでしょうか?

Pirika36 ねぇねぇ!何かくれるの~~??

・・・もちろん、お客様は全くの偶然で、単にお荷物としてお持ちになっていただけでしょう。
コインロッカーが満杯だったかもしれません。
中味が空で、さほど重くはなかったのかも知れません。

でも、ピリカは、何か出てくるんじゃないかと、思いっきり期待していたようでした♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

イワトビっこ♪

こちらからも、誕生の報が届いています。
ペンギン館の室内展示場。

Iwatobi65 イワトビペンギンが孵化しています。

手前のペンギンが左タグなので、お母さんだと思われます。

ただいま、お父さんが子育て当番中♪

そのお腹の下から、ひょこ♪

 
Iwatobi66 お腹が空いたのでしょうか?

ペンギン館では既に「抱卵中」の看板が「子育て中」に変わっていて、孵化のお知らせも掲示してあります。

・・・・ご覧になっていないお客さんも多いですけどね(笑)

もちろん、まだまだ小さいチビちゃんですから、必ずしもお顔を出しているわけではないのです。

Iwatobi67 30分・・・粘りました(笑)

もちろん、お客さんが混んできたら、ガラス面から離れて待ち、隙間が空けばそこに張り付き。

そして・・・・

「母さん、そこ、ちょっとどいて!」

とか、文句言いつつ(笑)

親鳥のガードに手こずりながらも、関心しつつ♪
だって、チビが父さんのお腹の下で眠っていた・・・と思われる・・・時には、母さんはもっと離れたところに立っていたんですから(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

オオカミっこ♪

つい昨日から、放飼場へ出る練習が始まったようでした。

Kannon01 褐色の方がカントちゃん。
黒い方が、ノンノちゃん。

もうすっかり、鼻先が伸びてきて、赤ん坊というより子オオカミとなってしまってます(笑)

えと、獣舎の工事が最悪のタイミングで入ってしまって・・・、まぁ、一番愛らしいところは見せてもらえなかった訳ではありますが。。。

Kanto01 遠吠えの時も、ちっさいながら、真似ッコカントちゃん。

チビ達が生まれて間もない頃、寝室との扉を開け放って、ケンとマースだけ、こちらに出ていたことはありますが、一家揃っての放飼場は、しばらくぶりですものね。
この日は、切っ掛けとなる園内アナウンスが入っていない時でも、何度か遠吠えが聞かれました。
ちなみに、リードするのはチュプちゃんです♪

実はこの日、レラちゃんだけが、コチラに出してもらえませんでした。
う~ん。室内収容が上手く行かないという話は、チラリと聞いたことがあるけれど、それと関係あるのかな?
1匹だけ残されたレラちゃんが、出たくて出たくて、裏マスで暴れていたので、ちょっと心配なのですが・・・・。

Nonno01 パパの血を濃く引いたノンノちゃん。

このコの目も、金色になりそうです。

もう少し大きくなったら、レラ姉ちゃんと見分けるのが難しくなりそうな・・・・(笑)

 
 

Kannon02 んで、妹たちの面倒を良く見ていたのは、ヌプリ兄ちゃん♪

何だかんだで、未だに一人息子(笑)
小さい頃からお人好しの気配はあったけれど、変わらず気の良いヤツに育ってるようで。

チビ達も、マース母さんの側をうろちょろするのは当然として、兄ちゃんにも結構まとわりついていました♪

このまま順調に、放飼場が日常となりますように♪
レラちゃんも、みんなと一緒に出られますように。
そして、仲良しオオカミ一家の様子を、いっぱいいっぱい、見せてもらえますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

上手く行きますように・・・。

Shirotetenaga10 シロテテナガザルのモンローちゃんです♪

ちょっと明るめの茶髪のお嬢さん。

まだこのときは室内での展示でしたので、明るいお日様の下では、どんな色味にみえるかしらん?

 
 

Shirotetenaga11 こちら、初めて会うお姉ちゃんに、さらに父さんべったりになっているらしいマモルくん。

ちょっとねむねむ♪

テルテル父さんとモンローちゃんが上手く行って、子どもが産まれると、今度はマモルくんの立場が微妙になってくるものね。

Shirotetenaga12 まだ、繁殖には些か早いと思われるモンローちゃんですが。

モンローちゃんの方も、こちらの親子に興味津々といった様子ではあるのです。

家族単位の小さな群を作るシロテテナガザル。

・・・家族になれると嬉しいねぇ。

Shirotetenaga13

テルテルとモンローの間に、マモルちゃんが隠れてしまいます(笑)

まだまだ小さいマモルくん。

だからこそ、テルテル父さんも、まだ若いモンローちゃんに手を伸ばすより、幼いマモルくんを気に掛けます。

Shirotetenaga14 まだ、疎外感を感じる時の方が多いのかな。

ぽつねんとしていることも多いモンローちゃんです。

まぁ、室内は狭いからね。

屋外の放飼場へ出るようになれば、広いし、遊べるし・・・気も紛れるでしょう。

そういや、キョンとの同居は大丈夫なんかな?モンローちゃん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

興味津々・・・?

Non34 アムールトラののんちゃんです。

相方のいっちゃんが亡くなって3年が過ぎました。

のんちゃんも、もう結構な年配なのですが、たいそうな美虎故、あまり年齢を感じさせません♪

ご存じないお客さんからはちょくちょく、若い個体であろうというお声が聞こえてきます。

Non35 この日は、雨が結構ひどくて、いつもなら、動物園をお訪ねすることもなかったかも知れないのですが・・・参加したいイベントがあったので、行ってきました。

雨の日の定番スタイルは、ブルーのポンチョ姿・・・通称テルテルボーズ・・・だったわけです(笑)

この格好が、どうやら人(獣)目を引くようで・・・・、かなりの確率で、注視してもらえたりするんです。

ね。のんちゃん♪

どうやら、ごろにゃん状態でもあったようで・・・。

Non36 そのせいもあってか、夕方・・・・殆どお客さんがいなくなったトラ舎の前で、のんちゃんに遊んでもらうことが出来ました♪
楽しかった~~♪♪

放飼場の回りを、走ること2往復(笑)
ゴメンね、のんちゃん、遊び足りないよね。
でも・・・オバさんの体力はあれが限界なのよ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

四つ目が開く(笑)

キョンです。
別名を四つ目ジカとも言うそうです。

Kyon19目の下部に臭線があって、そこが閉じている目に見えることから、そう呼ばれるそうです。

ええ・・・・、
以前から、一度見たいと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれませんで。

それは・・・・、

Kyon20 もう一対の「目」が開くところ(笑)

画像で見ると、ちょっぴりショッキングな画になってたりします。

・・・ご用を足しているところ、写真撮ってしまって申し訳ない・・・。

こんなに大きく開くんですねぇ~!

Kyon21 そうして・・・

存外に長~い舌を持っています。

この舌で・・・・。

 

 
 
Kyon22 ペロリんと、お手入れ(?)

ちょっとした怪談だわ(笑)
うん。人間ならね♪

同じシカと名が付いても、違う種類の生き物だなぁと、実感した瞬間です。

 
Kyon23 そして、キョンのオスには、角の他に牙があります。

草食獣たるシカに牙!

何のためにあるんだろう?
何に使うんだろう?

いずれにせよ、そういう進化をしてきたということは、それが何らかの形で必要だったから。

温帯や亜寒帯で暮らす国内のシカたちとは、その経てきたモノが相当違うのだろうなぁ・・・と。
気の遠くなるような年月に、ちょっぴり思いを馳せてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

ようやく♪

なにせ、出ずっぱりだったのです。
持ち前の警戒心を解くだけでも、さんざん苦労して、何とか寝室にも慣れ、エサも順調に食べるようになって・・・・晴れてお外デビューしたその日から・・・・。

Snowleopard39 寝室に入らなくなった・・・ジーマちゃん(笑)

お外が気持ちよかったのか、高いところから人間を見下ろしたり遠くを見渡したりするのが、よほど心地良かったのか。

ずっと収容できなかった・・・入ってきてくれなくなったのでした。
寝室と放飼場の間の扉は開けっ放し、中に置いておいたエサは、夜の間に食べるモノの、直ぐに放飼場に出てきて・・・。

Snowleopard40 その間、寝室に入れられっぱなしだったヤマトくん。。。
さぞかし、ストレスが溜まっているのではと案じていましたところ・・・、

先日、ようやくお外に出ているところを見ましたよ♪

どうやって、ジーマちゃんを中に入れたのか、担当氏に聞いてみようと思って、すっかり忘れていました(笑)

Snowleopard41 隣のアムールヒョウの兄ちゃんとも、ガウガウとやり合うヤマトくん。

そう言えば、まだ幼い時分、隣の檻にいた実の父アクバルくんを、果敢に威嚇していたという話を聞いたことがありましたっけ♪

ヤマトくんは、収容時刻になって扉が開くと、ちゃんと食事に入るようです。
Snowleopard42 

ヤマトくんと確認したのは・・・もちろん背中の模様だったりして(笑)

少々いびつになっていますが。

背中の小川は健在でした(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

父さんべったり

旭山のシロテテナガザル、コタローが円山へ移動となり、てながざる館は、父テルテルと息子マモルの二人だけになりました。

Shirotetenaga07 マモルくんのパンチが、父さんの顔面にヒット!?

遊んでくれるコタロー兄ちゃんがいなくなって、マモルくんはもっぱら父さんに遊びをせがんでいるようです。

テルテルにとっては、血の繋がらない・・・まぁ、前妻の連れ子だった・・・コタローくんですが、マモルくんにとっては、母を同じくする兄ちゃんなわけで、一緒に遊んでいる場面も良く見ました。

Shirotetenaga08 シラコ母さんが亡くなって・・・、残されたマモルくんを一生懸命育てていたテルテル父さん。

コタローくんとマモルくんが遊んでいるときは、束の間の、子育てからの解放だった訳ですが(笑)

そのコタローくんがいなくなり、マモルくんが、再び父さんべったりになってしまったようで・・・ちょっと大変そうです。
 

Shirotetenaga09 テルテルには、新しい奥さんが来ています。

公式の写真を見ると、やはり茶髪(笑)のお嬢さんでしたね♪

釧路のミクちゃんが、やはり茶系の毛色の子ですが、ミクちゃんよりまだ、明るい感じがしますね。

テルテル父さんと上手く行くと良いなぁ。
マモルくんとも、一緒に遊んでくれると良いなぁ。

放飼場デビューを、楽しみにまっていますよ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

いつもより多目に・・・?

確かに・・・・、釧路にいるご両親も、さほど動いているところを見ておりませんね。
基本、夜行性ですので、昼日中、動けない事は決してないとは言え、あまり動かずにいるというのは確かです。

Rock04 シマフクロウのロックちゃん。

きょうも、難癖を付けに来た(?)カラスさんと、にらみ合い。

このカラスさん、子どもをフクロウに獲られでもしたのかしらね?随分執拗に・・・しかも1羽で・・・絡んで来られます。

金網は越えて入れませんので・・・そこら辺はロックちゃんも分かっているのか・・・、羽角は立っていますが、以前ほど膨らんではいないように見えます。

Rock05 んで、この日は実に良く飛んでくれました。

量の翼を上へ持ち上げて、テイクオフ!

 

 

 
Rock06 力強く、翼を打ち下ろします。

翼が広がると、とても巨大な鳥であることを実感しますね。

ケージの端から端までは、シマフクロウにしてはたいした距離ではないようで。

 

Rock07 さほど羽ばたくことなく、行き来できます。

奥から手前へ、手前から奥へ。
この日は、ワンポイントガイド中にも、何度も往復してみせてくれました。

カラスさんのせいで、何となく居心地が悪かったのか・・・。

もしかすると、古巣の担当さんがお見えだったせいかもしれません。

親元を離れた後、お世話してくださった方が、この日旭山をお訪ねくださっていたのです。

懐かしいお顔に、つい、嬉しくなって・・・っていうのは、無いですか(o^-^o)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

おませちゃん♪

4月末に誕生したヤギの双子ちゃん♪
先週頭の写真ですが・・・お天気と相談しながら、お外デビューもしているようです。
Yagikko22

まだ、2ヶ月にもならないチビ達ですが、さすがに男の子同士だけあって、遊び方も豪快。

これは、大人のヤギ同士でもよく見られる光景ではあるのですが・・・・、

後肢で立ち上がって、思い切り身体を伸ばし・・・・、

Yagikko23 そのまま、倒れ込むようにドーン!!

相手に頭部をぶつけます。

された相手も、頭部で受けて立ちます。

・・・見ているだけで、脳しんとうを起こしそう(笑)

 

 
Yagikko24 だからと言って・・・コレは早すぎるでしょ(笑)

ヤギは非常に早熟で、あどけない外見に騙されると、いつのまにか、お母さんもお姉さんもお腹が膨らんでくる(笑)っちゅー話は、以前聞いたことがありますが。。。

相手は男の子だ!
しかも、キミの兄弟だ!
 

Yagikko25 こっちもかいっ!

なんか、どっかの二次元の世界にありそうなネタになってくるから、やめときなさい(笑)

まぁ、直ぐに成熟して繁殖するこの強さが、家畜としては優れた特性ということになるんでしょうね。
本来なら、毛を取り、乳を搾り、肉を食べるための動物です。

それとも・・・、もしかしてこれは、優劣を決めるための遊びの一種として行われているマウントなのかしらん?

とはいえ、このやんちゃな兄弟から、しばらく目が離せません♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

孵ってます♪

Kamo06前の日曜日は仕事があったので、代休を火曜日にもらいました。

んで、旭山へ行ったわけです(笑)

正門から入って直ぐ、フラミンゴ舎に続くととりの村で・・・

ヒヨヒヨヒヨ♪

おや、無事に卵から孵化しましたね♪

・・・んで、キミは誰??

Kamo07 こちらの成鳥は、お母さんですか?

するってぇと、マガモさん・・・・で、良いんでしょうかね?

ごきょうだいも、いっぱい孵っているようです。

掌の上に、ふたつくらいは乗っかりそうなサイズ。

いつも思うのですが、お風呂に浮かべたくなるサイズだなぁと(笑)
もちろん、水風呂にしてね、と言われるのは承知の上です(笑)
Kamo08 

おや、こちらはお父さんでしょうか?

いやいや、マガモの場合、基本、やることやったらオスは用済みだと聞きますので(笑)家族で連れ立ってうんぬんと言う話にはならないハズなんですが・・・・。

カモの他に、コブハクチョウやコクチョウ、ハクガンさんも抱卵しているように見えるので・・・次に孵るのは何処の巣かなぁ~?
次回もまた、楽しみにしながら、ととりの村の入り口をくぐるのです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

すずちゃんショー♪

Otaria100

オタリアの、すずちゃんです♪

このたび、おたる水族館のオタリアショーでデビューしました!

見事なバランス感覚と、見事な倒立。キレイに反った身体の曲線が美しいです♪

Otaria101 すずちゃんは、今年6~7歳となる、釧路生まれのオタリアの女の子です。

2つほど上の、姉のはなちゃんは、すでにショーの花形として活躍中。

 

 

Otaria102 はなちゃん同様、飛び込み台からの前方宙返り飛び込みも、すでにこなすことができます。

姉のはなちゃんは落ち着きが無くてマイペースな感じですが、すずちゃんは、ちょっとあわてん坊で先走ることがあるようです(笑)
この時も、最初はトレーナーさんの指示を待たずに、いきなりトボンしてしまって、トレーナーさん、苦笑(笑)

お父さんは、既に亡くなってしまいましたが、お母さんはご健在。
釧路の母さん!
すずは、ショーにデビューしましたよ~~!

Otaria103

すず~~!!

一杯食べて、元気で過ごしなさいね~~!

食いしん坊のシンコさんが、すずちゃんのお母さんなのでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

この夏、デビュー!予定(笑)

Todo16おたる水族館のトドのショープール。

若いオスが2頭、諍いの真っ最中。

 

何が気に入らなかったのか(笑)ショーの後、居残っていたのりとくん(右)と、二見から来た期待のニューフェイス、鉄平くん。
この夏のデビューを控えて、トレーニングに出てきたところ、ばったりと会って、たちまちやり合いになってしまいました。

Todo17 この勝負、どうやら鉄平くんに分があるようです。

勝敗は・・・途中でレフリーストップならぬトレーナーストップがかかって・・・付きませんでしたが。

ショー個体の若いトドの中ではリーダー格を自認していた(と、思われる)のりとくん。

同じくらいの年頃で、自分より強そうなトドの出現に、どう対処するんでしょうか。
あるいは、鉄平くんをリーダーとして認めて、上手くやっていくのでしょうか。
この先、注目です。

Todo18 そんな2頭の様子を・・・冷ややかに(笑)眺めているこちら。

のりとくんの実弟、ヒロくんです。

鉄平くんとのコンビで、この夏、改めてデビューの予定です。

 

Todo19 このヒロくん。

倒立がとても美しいのです。

両の後肢が、ピンと天へと伸ばされます。

後ろの鉄平くん。。。お顔切れちゃってご免よ。広角レンズに付け替えておけば良かったんだけど。。。二見スタイルで、後肢は脇へぴたりと付けられます。
この、2頭揃っての倒立も、対照的なポーズが比べられて面白いんじゃないかと思います。

Todo20 だ~か~ら~!

トレーニング中に、よそ見をするなと言うに(笑)

集中力の欠如か、はたまた余裕しゃくしゃくなのか。

・・・ところで、ヒロくんって、もしかしてパパ似・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »