« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

初めまして♪

おびひろさんへ行ったら、こちらをご紹介せねばなりませんよね♪
Giraffe24

ゴールデンウィークにお伺いしたとき、リボンちゃんのお腹がぽんぽこりんになっていました(笑)

そうして、ほどなく、お誕生のお知らせがとどいたのがこちら。

先日お名前も付きました。
アミメキリンの男の子、スカイくんです♪

Giraffes55 リボン母さん、初めての我が子が可愛くてならない・・・と言う表情。

赤ちゃんはそれだけで可愛らしい存在なのですが、それ以上に、母と子のこういう様子は、見ていて本当に和みます♪

 

Giraffes56 キリンのスポットガイドで、葉っぱ付きの枝がセットされました。

お父さんのムサシくん。
枝の上の方の葉っぱをムシャムシャ。

少し小柄なリボンちゃんは、中間の枝から。

かつては、食いしん坊のムサシくんに独り占めされていたらしいですが、母となったリボンちゃんは、少し強くなったそうです♪

Giraffes57

・・・・・・・

下の方の枝は・・・・

同じ放飼場にいる、チャップマンシマウマのシャンティさんがムシャムシャ(笑)

ムサシくん、なんか一言言いたそうですが、シャンティさんには・・・シマウマだけに・・・・馬耳東風。

 
 

 

Giraffes58

スカイくんが、ママのお尻にスリスリ。

赤ちゃんが親に甘える仕草も良いなぁ♪

おっぱいのおねだりかと思いきや・・・・。

 

 
 
Giraffes59 首を伸ばして、木の枝をモグモグモグ。

生まれてもう2ヶ月近いのですものね。
パパやママと同じモノを食べられます。

でも・・・・殆ど、粗方・・・食べられちゃってるね(笑)

そんな息子を見つめる母の眼差しも優しげで・・・・♪

・・・・何れ、どこかにお引っ越ししてしまうのでしょうけれど、1年くらいは、その成長ぶりを楽しませてもらえるハズ。

このまま、元気に大きくなりますように。
お父さんと同じくらい大きく立派なキリンに育ちますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

見守る♪

さて、釧路へ車で行くときは、帰りには・・・半日くらいですが・・・帯広に寄ります。

先日お訪ねいたしますと・・・♪

Flamingo21 フラミンゴのオチビさんがいらっしゃいました♪

もう、足もだいぶしっかりしているようで、プールの中央部に設えられた巣があるエリアから、ココまでお散歩です。

そして・・・・
見守るのはご両親。

 

Flamingo22 チビさんが、ちょこちょこと動き回るその後を、お二人でピッタンコ。

ストーカーでしょうか(笑)いえいえ!これぞ、親の愛情です!!

 

 

Flamingo23 まだ、嘴は真っ直ぐです。

親鳥がヒナに与えるフラミンゴミルクを受け取りやすいようになっているのだそうです。

このまま大きくなれば良いのに・・・なんて思ったりするくらい、愛らしいのですが(笑)
もちろん、フラミンゴの曲がった嘴は、自分でエサを取るようになれば、それが必要で最適な形状な訳ですね。

Flamingo24

とは言え・・・・、

チビにつきまとう(笑)ご両親の様子は、なんとも微笑ましく、暖かい気持になります。

ご両親の見守る中で、立派に大きくなりますように♪

 

さて、はるばる冒険旅行に出てしまったらしい、どっかのフラミンゴさん(笑)
早く帰っておいで♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

失敗!

釧路市動物園は釧路湿原の中にあります。
そして、動物園の中には、広いハクチョウ池があります。
ここ数年は、鳥インフルのため、冬は全面凍結させて・・・野鳥も来なくなりましたが、かつては、秋口・春先とハクチョウやカモ類で賑わっていた所です。

Ojiro08その池の畔に立つ1本に枯れ木に、時折大きな影が宿っていたのは、昨年まで足繁く釧路市動物園に通っていた身としては、良く知っています。

オジロワシです。

渡り鳥であるオオワシと違って、道内でも繁殖することが知られています。

そのオジロさん・・・・。

Ojiro09 いきなり、水面に向かって降下しました。

実は、この池には、まるまると太った(笑)コイが、大量にいるのです。

残念ながら、この時の狩りは失敗に終わったようです。

その足には、何も捕まれていませんでした。

Ojiro10

ちょっと、しかめ面に見えるのは、気のせいでしょうか(笑)

水面を舐めるように再び上昇。

 

 

 
Ojiro11 大きく旋回して、元の木に戻りました。

カラスさんが待ちかまえていましたが、手ぶらで戻ったのを見て、どこかへ飛んで行ってしまいました。

上手く獲っていたら、集り取る積もりだったな・・・(笑)

そんな事があって少し後。。。

 
Ojiro12 

定位置の木には、なんと2羽のオジロワシが!

番でしょうか?

ペアだとするなら、左がオスで右がメスのように思われます。
いつも見ていた個体は、右の枝のコだと思います。

この近くで繁殖しているのでしょうか?
そろそろ、ヒナに手がかからなくなって、ご両親揃って狩りに出てきているのだと・・・・嬉しいですね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

お母さんへ

故郷、旭山のお母さん、お変わりないですか?
Wapiti41

アサオです。

ボクが釧路へ来てから、もうだいぶ経ちます。

連れ合いはもう亡くなりましたが、娘達と一緒に暮らしています。

 

Wapiti42 袋角の間は、娘達と一緒にいられます。
もう少し経つと、ボクは別の囲いの中に移ると思います。

ボクももう、年ですが、いたわってくれる娘もいます。

でも、ボクを邪険に扱う娘もいます。
一緒にいて、間違いが起こる可能性は低いですが、ボクより若い分強いので、一緒に餌を食べていると、ボクの分まで食べてしまうのです。

Wapiti43 この娘です。

目に余るので、この娘だけ、今は別の囲いに入ってもらっています。

でも、ボクが思うに・・・・

きっとこの娘は、隔世遺伝だと・・・・・(^-^;
 

Wapiti44

この娘、ホントに気が強い。

相手が人間だろうが、何だろうが、威嚇するのです。

・・・・母さんの若い頃に、似ていませんか?

 

 
Wapiti45 旭山の母さん。

母さんもお元気だと、この間来ていた人間が言っていました。

アサオくんも、老け込んじゃイカンと言っていました。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Wapiti46 旭山の・・・・サチ母さん。

食欲も旺盛におありになるようです。

飼育されている動物は、一部を除いて野生より長生き出来るのが普通ですが。

サチさんてば、ワピチの野生での平均寿命をはるかに越えてご健在でいらっしゃいます。
お年故に、時々放飼場に姿が見えないとドキリとさせられることもありますが。。。(笑)

これからも、長生きしてください♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

アキラくん♪

旭山で生まれ、先日釧路へ移動となったライオンのアキラくん。
Lion05

行ったときは、まだゆうきちゃんとは別展示。

故に、ゆうきちゃんがお外の時は室内でごろごろ♪

初めての移動で、見知らぬ土地、見知らぬ婚約者(笑)・・・。
一人っ子で甘えん坊に育ったアキラくんには、些か大変らしいです。

Lion06 基本的には一日交替ですが、なにせ室内のお掃除をせねばなりませんから、ゆうきちゃんが室内収容となった後に、アキラくんが・・・短い時間ですが、お外です。

釧路の猛獣獣舎は室内側も見られるので、収容は・・・日によって違いますが・・・2時か3時頃のことが多いです。

 

Lion07 そして、自己アピール♪

旭山で父母と別展示となった後も、放飼場と室内で咆え交わしていたアキラくん。

ゆうきちゃんが外で咆えると、咆え返すこともあるようです。

 

Lion08 前夫のキングさんが亡くなってから、しょげていたと言う噂のゆうきちゃんですが、新しいおもちゃお婿さんに、興味津々の様子です。

隣り合った寝室の間には格子の入った小窓があり、小窓越しにアキラくんを威嚇して、アキラくんはしばらく縮こまっていたらしいのですが(笑)

アキラくんがお外の時は、自分も出たいようで、用意されたエサには目も呉れず、出してちょーだい!とシュートへの扉をカシカシしていました。

Lion09

アキラくんが寝室にいるときは、ずーっと小窓から覗き込んでいるようです(笑)

現在、試験的に同居を行っているようです。
大丈夫かなぁ。
ゆうきちゃんのお転婆ぶりに、腰が引けていないかなぁ。

ゆうきちゃん。
アキラくんを、頼むよ・・・・・(^-^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

遺伝子(笑)

Lesser67 暑い日が続く旭川。

こちら、国内では最高齢ではないかと思われるレッサーパンダの朝朝(ちゃおちゃお)さん。

お婆ちゃまではありますが、大層愛らしい顔立ちでいらっしゃいます。

何とか、一夏一夏と乗り切っていただきたいところです。

Lesser68 娘の娘娘(にゃんにゃん)。

先日はまだ、お部屋の方にお籠もり中だったので、春先の写真です。

旦那様のノノくんが、徳山からお出でになった栃さんと同居されたので、母親の朝朝さんと同じ放飼場で同居していました。
 

Lesser69 そして、こちら。

娘娘のお兄さんになります。

美美(めいめい)くん。
羽村動物園から釧路へ来てくれました。

みんな揃って、縫いぐるみっちっく(笑)・・・・・目の丸いのって、遺伝でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

勇猛果敢♪

小樽から釧路へ移動してきた後に、お嫁さんができました。

Humboldt_k11 右端、左フリッパーに緑色のタグをつけています。

左の2羽は、初めて繁殖に成功してもうけた子ども達。

もう親と同じくらいの大きさになって、羽毛の模様こそ成鳥とは違えども。
立派にプールデビューを果たしました。

 
Humboldt_k12 でも、まだエサは親からもらっているようで・・・(笑)

ペンギンは、オス親もメス親と一緒に子育てしますから、新米父さんってば、大変そうです。

 

 

Humboldt_k13 給餌解説が行われた時間。

何かの拍子で陸地に落ちたりプールの浅い場所に落ちたりしたイカナゴを狙ってやってくる・・・カラス。

左緑父さん、そのカラスを見つけると・・・・、

 

Humboldt_k14 威嚇します!

大事な我が子に近づくモノは許しません。

両のフリッパーを広げて、自分を大きく見せながら、口を開け、カラスに向かって嘴を突き出します。

 

Humboldt_k15 カラスが逃げます。

左緑父さんの後ろにいるのは、奥さんの右黄さんです。

頼もしいご亭主にうっとり・・・でしょうか(笑)

 

このほかに1ペアが繁殖に成功して、今年は、計4羽のヒナが巣立ちしています。
ペンギンプールが、一挙に賑やかになりました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

年の差カップル♪

特にトラブルもなく、順調に推移したと・・・話には聞いていましたが・・・♪

Polabears139 聞きしに勝る・・・?

釧路のホッキョクグマペアです。

上野からお越しになったユキオさんは、24歳。
円山生まれのツヨシちゃんは、8歳。

生まれて初めてオスグマと接したツヨシちゃんですが、ことのほかスムーズに行ったのは、男勝りのクルミちゃん(笑)との同居経験が幸いしたのでしょうか?

それとも、ユキオさんが人(熊)生経験豊かなご年配だったことが良かったのでしょうか?

Polabears140 ご年配のせいか、あまりプールへお入りにならないと伺ったユキオさんですが。

この日は、プールで遊ぶツヨシちゃんを追うように、そろりそろりと階段を下りて、水の中へ♪

日頃から、ユキオさんをプール遊びに誘うも、なかなか付き合ってもらえなかったらしいツヨシちゃんも、たいそう嬉しげな様子でじゃれじゃれです。

Polabears141 ユキオさんも、お年に似合わぬ(失礼!)情熱で、ツヨシちゃんをかき口説いているご様子。

でも、クルミちゃんがそうだったように、初めてのオスグマとの同居で、いつもと同じサイクルでは、発情が来なかったのだとか。

数ヶ月ずれる程度で、何とかなりませんかね?

Polabears142
過激にじゃれあう二頭ですが。

逃げ場が無いところに追い詰めちゃうと・・・・。

 

 
 

Polabears143 嫌がられます(笑)

 

ガンバレ、ユキオさん!

涼しい釧路で、なんとか子孫を繁栄させてください。

ツヨシちゃんを、お頼み申し上げます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

ある日のカンノン日記(笑)

旭山のオオカミの森、4月末に生まれた姉妹は、現在ただいまやんちゃ盛りの遊び盛り。

Wolves65 チュプお姉ちゃんに遊びをせがんだら、怒られました。

お姉ちゃんは、怖いです。

 

 

 
Wolves66 だから、ヌプリ兄ちゃんに遊んでもらいます♪

兄ちゃんは、優しくて、一緒に遊んでくれます。

 

 

 
 
Wolves67 いつも兄ちゃんと遊んでもらいます。

 

でも、今日はとても困ったことがありました。

 

 
 
Wolves68 お姉ちゃん!お兄ちゃん!

ママのおっぱいは、アタチ達の~~!!

 

 

まったく、チュプとヌプリのこの格好(笑)
一体何だったのやら。
マース母さん、大きいの2頭、小さいの2頭に、一斉にまとわりつかれて大変そうでした(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

橋の下♪

命が誕生する瞬間を見せて貰いました♪

常連さんに教えていただき、速攻飛んで行きましたとも!ええ!!
Ezoshika145

エゾシカの森の中を通る橋の下の暗がりでうずくまっているのは、ぺぺこさん。

お腹が大きいのは承知していました。
いつ、生まれるかなぁ・・・と、行くたびに気にしておりました。

そして・・・今まさに!
赤ん坊の前肢が出てきていました!
Ezoshika146

そして・・・約1時間。

何度も立ったり座ったりを繰り返し。
いきむ様子に、こちらもお腹に力が入ったりしつつ。

結局座ったまま・・・・スポンというより、ズルン(笑)
全身が出ました!

Ezoshika147

こんにちわ。私の赤ちゃん♪

大丈夫、赤ちゃんもちゃんと動いています。

そして、ぺぺこさんは、赤ちゃんの足先からお尻へと全身を、舐めて舐めて舐めまくって行くのです。
 

Ezoshika148 ぺぺちゃんが舐めていくところから、見る間に毛が乾いていきます。

丹念に丹念に。

母に身体を舐めてもらって、赤ちゃんも少しずつ自分で動くようになって来ます。

 

Ezoshika149 そして、初おっぱい♪

このコ、立ち上がる前に最初の授乳でした。

本当なら、母親は立ったまま子を産み落とし、子は立ち上がって母の乳房に吸い付くんじゃないかと思うのですが。

動物園という天敵のいない(そのかわり、好奇心でうろうろする叔父や叔母がいますが(笑))場所では、さほど急ぐ必要もないとは思われます。
母親から、免疫の抗体をもらうために大切な初乳も、ちゃんと飲むことが出来ました。
Ezoshika150

そして、自立!

ここまで、生まれてから約40分!

拍手~~~♪

昨年、初産できりかぶちゃんを産んだぺぺこさん。
慣れない子育てっぷりに、回りがやきもきさせられましたが。
今年は、ちゃんと母親ぶりを見せてくれるかな?

元気で大きくなりますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

盲目の母

今日を逃すと、しばらく行ける日が無さそうなので、朝方のんびりしていたにしては、遠出してみました(笑)

Todo21 こちらのオチビさんに会いたくて♪

今年は、トドの赤ちゃんには会えないかと思っていたのです。

ハルちゃんの赤ちゃんが亡くなって、まもこちゃんは、どうやら妊娠していなさそうだということだったし。

 

Todo22 お母さんは、大ベテランのウメさん。

実はウメさん、目が見えていません。

にも関わらず、ベテランのカンで、見事に赤ちゃんを守り育てています。

それでもやはり、ご年配の個体故に・・・おっぱいの量に、一抹の不安があるみたいでした。

Todo23 必要量が足りているかどうか、水族館のスタッフさんが、注意深く見守っていらっしゃいました。

昨年・・・・途中でおっぱいが出なくなって・・・少し早産で生まれた赤ちゃんは、残念なことになってしまっているので、今年は何とか、無事に育って欲しいです。

トドの赤ちゃんは、9ヶ月ほど、母乳だけで育つのです。
この期間の長さ故に、アシカの仲間の人工哺育は、とても難しいのです。
その間、何とかウメ母さんには頑張っていただきたい!

Todo24 トドの母親は、溢れんばかりの愛情を我が子に注ぎます。

見ているだけで、ほんわかほっこり。
ニコニコにっこり。

ウメ母さんは、気性は荒いですが(笑)とても美人なので、一層、母子のシーンが輝くのです。

どうか、この愛が無駄になりませんように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

少しずつ♪

Shirotetenaga15 シロテテナガザルのモンローちゃん♪

まだまだ幼い・・・・あどけない顔立ちです。

なにせ、父テルテルより息子マモルとの方が年が近いという若さです。

先日、ちょっとトラブルがあったようで、しばらくは、室内展示場の隅っこちゃんをやっていたのですが。
外の放飼場へ出るようになって、少し改善があったらしいです。

Shirotetenaga16 モンローちゃんの右股のところに傷跡があります。

これが、例の・・・テルテルにやられたところみたいです。

でも。

モンローちゃん、室内とは違って、テルテルに近づこうとしています。

Shirotetenaga17

でもやっぱり、ちょっと怖いらしいです。

テルテルの手が伸びると・・・・・

 

 

 
 
Shirotetenaga18 逃げます(笑)

 

テルテルも、特にモンローちゃんに含むところは無いらしい感じ。

何があって噛み付いちゃったのか分かりませんが、怯えるモンローちゃんを刺激したり、脅かすような行動はしていないように思います。

Shirotetenaga19 息子のマモルくんとは、仲良し。

年も近いので、良い遊び相手になるのでしょう。

でも、マモルくん。
そのお姉ちゃんは、お父さんのお嫁さんだからね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

過・保・護!

さすがにもう7月ともなれば、さほどの事ではないと思われますが。
6月中は、屋外でカラスの騒々しい声を聞いたときは、思わず頭上を確認してしまいます。
巣立ち間もない・・・まだ上手く飛べない・・・子ガラスが、妙なトコロに止まっていたりして、不用意に近づいてしまうと、子を守ろうとする親ガラスの襲撃を受けかねないからです。
親ガラスが騒ぐのは、我が子に近づくなと言う警告である場合があるのですね。

けれど、先日耳にしたのは・・・。
Crow06

ンガガ、ンガガ!

エサを要求する、子ガラスの甘えた声で♪

場所は、旭山動物園、エゾシカの森の片隅、シカのぬた場として作られたぬかるみのトコロでした。
 

Crow07 もう、殆ど親と同じ大きさ。

羽毛の様子が、少しふんわりしているでしょうか。

でも、まだ親鳥について歩いて、エサをねだる甘えん坊の姿がありました(笑)

親鳥が、泥の中から何かつまみ上げ、子に与えています。

Crow08

何をもらったのか、よく見えないのですが。

この図体の子にねだられて、つい、エサをやってしまう親鳥の過保護っぷりが、なんとも微笑ましいことです。

人間の過保護は、見ていられないばかりか、時と場合によっては蹴り倒してやりたくなる(笑)場合もあったりしますが、他の生き物だと、癒しさえ感じます♪

Crow09 でも、まだ足りないみたいです。

さらなるおねだり♪

子ガラスよ。
そろそろ、自分でエサを探すことを覚えないとね!
 

・・・余談ですが。
この子ガラス、きっと、シカやオオカミの毛が敷き詰められたフワフワのベッドで育ったんだろうなぁ・・・こんにゃろ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

ガンバレ、ノンノちゃん♪

旭山のシンリンオオカミの一家は、現在レラちゃんを除いて、放飼場へ出ています。

Wolves62 日に何度か、園内放送を切っ掛けに始まる事が多い、遠吠え。

チュプが先陣を切り、ケンとヌプリが続きます。

そして、ちっさいカントちゃんも、一生懸命父や兄姉の後を付いて、岩のところへ上ってきます。

 
Wolves63 ・・・あっち向いちゃってますが(笑)

カントちゃんも遠吠えに参加です。

・・・マース母さんは、相変わらず、揃ってくれません・・・。

それでも、ヌプリが低音の良い声を響かせるので、何とも迫力に満ちてきた、オオカミの森です。

Wolves64 そして・・・・、

ノンノちゃんが追いついたときには、遠吠えは終わっていました(笑)

一生懸命、こけつまろびつして、走ってきたのにね。

残念ながら、この時は、遠吠えに参加出来ませんでした。

旭山の黒毛の個体は、おっとりさんになるんでしょうか(笑)

チビ達は、園内放送というより、兄たちが動き出して気がつくっぽいので、まだ上手くタイミングが掴めないのかも知れません。

頑張れ!ノンノちゃん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

乗り越えると言うよりは・・・2

昨年も似たような光景を見せて貰ったわけですが・・・。

Kannon03 父を乗り越えていく娘達(笑)

いつも、ケンパパが陣取っているこの場所、どうもチビたちには、通りやすいルートの一部なんじゃなかろうか?

 

そして、やると思ったら、案の定・・・

 
Kannon04 パパを蹴っ飛ばしていくノンノ(笑)

去年は、3頭に踏んづけられたり蹴飛ばされていた事を考えると、すこしはマシでしょうか。

まだ幼いチビたちは、何をしても許されます。
うん。今だけだけどね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »