« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月27日 (木)

あきらめが悪い(笑)

釧路のホッキョクグマに、この日、ニジマスのプレゼントがありました。

Polabear27 ユキオさんの飛び込み・・・・飛び込み?

水中に投げられたサカナを取るのに、下半身が残りませんでした。
このままほぼ前転状態で水の中へ(笑)

 

 
Polabear28 

無事、おサカナはゲットしたようです。

特にエサが投げ込まれなくても、だいぶプールで遊ぶようになっているユキオさん。

 
 

Polabear29 おサカナは、陸に上がってモグモグ、ペロリ。

第2弾が無いと分かると・・・!

ユキオさん、さっきサカナを食べていた場所に戻って、床をせっせと舐め出しました(笑)

えと、えと、ユキオさん、そんなに美味しかったですか?
幾ら舐めても、おサカナは復活しませんよ?

Polabear30

全く、いじましいわねぇ。

ユキオおじさまったら・・・!

ツヨシちゃん・・・・

そんなおじさまと、この日も、楽しそうにじゃれじゃれしていたツヨシちゃんなのでした(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

食欲旺盛!

釧路のオタリア三人娘♪

Otaria104 パクパクタイムで、いっぺんに2匹のお魚を食べてしまう食いしん坊はシンコさ・・・・あらら?

これは、バイオさんだわ。
バイオさんてば、いつの間にシンコさんの技をマスターしたのかしらん??

だけど、お魚1匹、尻尾から入っちゃってますね。

Otaria105 あ・・・・、やっぱり食べづらかったですか。

1匹だけ出しちゃいました。

てか、器用な口ですね(笑)

ちなみにこの後、向きを変えようとして落っことしました(笑)

 
Otaria106 おやまぁ、うるるちゃんまで!

いつの間にか大きくなっていたのねぇ♪

時折園内に響き渡る、腹減ったコールも、すっかり低い声になってましたね。

 
 

Otaria107 こちら、本家本元(笑)

シンコさんです。

さすが、いつもながら豪快でいらっしゃいますね。

うん。みんな食欲旺盛で何よりです♪

これから、寒い冬に向かいますからね。
がっつり食べて、脂肪を溜めて、乗り切りましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

お気に入り♪

釧路のペンギン舎は、今年4羽が巣立って、俄に賑やかになっています。
Humboldt_k16

ご飯があたった後は、腹ごなしタイム。

というか・・・、
お掃除が始まった途端、ホースに殺到するペンギンズ。

殆どが、今年生まれのオチビさんです。
 

Humboldt_k17 まだ、親からエサをもらっているコが大半だそうですが、親鳥に餌をねだる、その前に、ホースに夢中(笑)

お腹空かないの・・・・?

一緒にホースにじゃれている成鳥は、2年先輩のろーちゃん♪

・・・まだ、おこちゃまのようです(笑)
 

Humboldt_k18 ホースは、ペンギンたちの格好の遊び道具。

特に、若いコにとっては、かなり魅力的なようです。

色んなモノに、旺盛な好奇心を見せるペンギンたちですが、ホースのほかにも、デッキブラシなんかも気になるらしいです(笑)

 

Humboldt_k19 さて、今年生まれの4羽は、それぞれ、サクラ、モモ、ミント、レモンと、可愛らしい名前が付きましたが、誰が誰やらまだ分かりません(笑)

このうち2羽が、一昨年生まれのくーちゃんの弟妹と言うことになり、あとの2羽は、くーちゃん兄弟の従兄弟になるようです。(母親が姉妹らしい。)

えと・・・次世代は・・・?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

ジンベエ♪ジンベエ♪♪

釧路からお届けの途中ですが、臨時ニュースがデカ過ぎました。
Jinbe03

初めてジンベエザメを見たのは、大阪の海遊館。

あとは、そのうちに沖縄のちゅら海~とか思っていたトコロが、何と余市沖にジンベエさんがお越しなすったと言う!

ほのぼのプールのネズミイルカさん達に場所を空けてもらって、悠々と♪

Jinbe04 体長3mちょいくらいの、若い男の子です。

この模様が甚兵衛に似ているからと、付いた名前がジンベエザメ。

サメと名が付いても、プランクトン食の、ごくごくおとなしい魚であることは、殆どの方がご存じであろうかと。

 
風邪が完治していないにも拘わらず、眠たい眼をひん向いて、ドライブすること3時間。
おたる水族館は、ジンベエザメのニュースもあってか、最高の人出となっておりました。

Jinbe05 子分付き(笑)

コバンザメさんとは、体型が違うような気がするのですが、同じような生態を持つサカナが、何種類かいるのかな?

横から見たジンベエさんは、何かマンボウちっくだ(笑)

 

 
Jinbe06 ぬぼぉ~~~っ

 

水槽が室内で、ガラス面への写り込みが凄まじい場所ですが、18mmの広角で、何とかこれくらい。
ゴムのレンズフードみたいなガラス面に密着できるものがあれば、写り込みはかなり防げると思われます。

それにしても・・・・!
野生から来て間もない・・・・まだ餌付いてもいない・・・個体に、なぜフラッシュを浴びせるか!?
もちろん、「フラッシュ撮影はご遠慮下さい」の表示は、何カ所にも貼られているのだ。
自分のコンディションが悪いのもあって、流石にキレました。
水族館に苦情が行っていたら、本当に申し訳ない。

ちゃんとフラッシュ切って撮影している方もお見かけしましたけれどね。
やはり・・・・ブツブツブツ。。。

何とか、上手く飼育環境に慣れてくれますように・・・・・!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

嬉しい誤算 その2

うふふ♪
ホームページに出ましたね?
もしかして、もしかすると脅迫しちゃいましたでしょうか??

Ezoshika_k05 先ず、驚いたのが、ワピチとエゾシカの同居でした。

これは、旭山の共生展示とは意図が異なるかもしれません。
だって・・・生息地が全然違うし(笑)

特に諍いが起こることもなく、互いに穏やかに過ごし、偶にはこんな風にともに休んでいることもあるようです。

そして、そして・・・・!

Ezoshika_k06 お休み中のワピチさんの後ろに・・・・何か、いる!?

ワピチは、ヘラジカに次ぐ大きさといわれるシカの仲間。

時折・・・てか、しょっちゅう、ウマだと言われてしまう・・・程の大きさです。

まるで、後ろを守るかのようにコチラを見据えてきます。
や、単に久々にあの一つ目が来てるわ・・・と思っているだけかもしれませんが(笑)

Ezoshika_k07 ええ、ワピチさんの大きな体に隠れて・・・・じっとしていたのは、エゾシカの赤ちゃんなのです♪

母親のテンコちゃんは、一昨昨年、誤認保護で動物園に来て、最初はピーピー鳴いていた子どもでした。

そして・・・・。

父親は。。。。

Ezoshika_k08 コイツ!!

一昨年にやはり誤認保護で動物園に来たQちゃん。

この春、上野動物園に移動したのですが・・・・・。

動く前に、しっかりテンコ姉ちゃんを口説き落としていたらしい(笑)

まだ、こんなあどけなかった頃です。(写真は、昨年12月)

他に、年上のオスがいませんでしたからねぇ。
いないからと言って、こんな人畜無害な顔して、やることやってたんですねぇ(笑)
野生のお兄さんが夜這い掛けて来たんじゃないんだね??

北海道で、エゾシカが爆発的に増えてきた理由が・・・少し分かったような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

嬉しい誤算 その1

今年は、無理だと思っていたのですよ。
だって、繁殖オスが亡くなってしまったのが、昨年の9月。

Caribou53 今年の7月の末に・・・思っても見なかった嬉しいお知らせが届きました♪

こちら、トナカイのトモチカちゃん。女の子です。
母親の名はハルカちゃん。伯母の名はワカちゃん。そして今は亡き祖母の名はノリカさんとおっしゃいました。

・・・・担当氏、好み変わった?(笑)

トナカイの妊娠期間は約8ヶ月と聞きました。
とすると、お母さんのお腹に宿ったのは、11月の末頃という計算です。
昨年9月に亡くなったサロベツくんのタネとは思えないので。。。。

つまり、父親は、恐らくコチラであろうかと・・・・。
Caribou54

ホンゴウくん。

一昨年生まれの男の子です。

シカ類は、1歳で性成熟すると言うのですが、やはり、父サロベツくんの不在が、彼をオスジカとして押し上げたのだろうなぁとおもうのです。

ただ。。。
ホンゴウくんが立派にオスとして成り立ってしまったので、彼の血縁である母フシコちゃん、妹モエレちゃん、叔母イナホちゃん、そして祖母のテイネさんの4頭が、別展示となってしまいました。
一緒にしとくとね。アレだからね(^^;

そう言えば、昨年の冬も別にしていたから、動物園としては、可能性は考慮していたのね。

Caribou55 暑かったので・・・・釧路にしては(笑)

寒い地方の生き物のとって、平均気温が低い釧路は暮らしやすい場所であるのですが。

このところ、ちょいっと蒸す日が続いていまして。
トモチカちゃんも、ぺったんこでした。

もうちょっとの辛抱だよ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

お姉ちゃんと一緒♪

Sheep03 釧路市動物園のこども動物園にいる、ヒツジのゆっきーくんです。

お母さんは、チェビオットのさつきさん。
お父さんは、サフォークなので、ちょっとだけお顔に模様が入っていますが、おおむね、母さん似♪

この3月に誕生しました。

なのに、なのに・・・・・!

母のさつきさんが、6月半ばに他界されてしまったのです・・・・。

ゆっきーくん、生まれて3ヶ月弱で、お母さんを失ってしまいました。

Sheep04 幸い、彼にはお姉さんがいるのです。

ゆっきーくんより、お父さんの血を色濃く引いた、きなこちゃん。

口蹄疫の騒ぎで、こども動物園が閉鎖されていた間に生まれ、余り人懐っこいタイプではない母、さつきさんに輪を掛けてシャイに育ってしまった(笑)きなこちゃん。

そんな母と姉に囲まれて育ったゆっきーくん。
更に輪を掛けて、ヒトが苦手です。

Sheep05 何かあれば、直ぐにお姉ちゃんの側に行きます。

7月に撮った上の写真より、少し大人びてきたゆっきーくんですが。

まだ、きなこ姉ちゃんに寄り添うことが多いようです。

 
例えば。。。

Sheep06 並んだお尻♪

右がきなこ姉ちゃんで、左がゆっきーくん。

お休みの時も、お姉ちゃんと一緒なのでした♪

 

 

さて、三連休は、恒例の釧路へ。
朝3時半に出なければ、釧路に9時過ぎには入れません。

体力的にも、いつまでこの強行軍が可能なのかわかりませんが・・・・それでも、それほどしてでも行きたい・・・魅力的な動物園なのです、釧路は♪
キリンもカバもゾウもいませんが、それでも楽しい場所なのです。

自分にとって、釧路はオアシス。
動物が相手ですから、悲しいこともありますが・・・・それでもいくつか新しい命に出会うこともできました。

・・・・そこらへんは、また後日(笑)

んで、看板出していない・・・とか、おっしゃってましたけれど、もう付きました?
出しても、良い?アレ(笑)
(ここら辺、私信です(笑)・・・多分、担当氏はご覧になっていらっしゃらないと思うが。。。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

越境してます♪

お母さんのお持ち込み(笑)で生まれた、アルパカのルビーちゃん。
すっかりフワフワモコモコになっているのですが、これ、全て毛のなせる技、のようです。

Alpaca13 だって・・・金網の隙間、抜けちゃうんですもの(笑)

仕切られたこちら側は、男の子のネプチューンくんがいるエリアで、置かれたエサ箱も、当然ネプくんが食べるべきものなのですが。。。

ルビーちゃん、金網の間から頭を突っ込んで、お隣のエサ箱から、青草をモグモグしてました。
 

Alpaca14 これこれ、人のものに手・・・口を出してはダメですよ。

え~、だって、こっちの方が美味しそう♪

・・・ってな顔してますな、ルビたん(笑)

隣の芝生ならぬ、隣の青草。

 
Alpaca15 もちろん、自分のエリアの青草だって、当然のごとくもぐもぐ。

あれですか?

トパーズママと、エルシー姉ちゃんと一緒では、美味しい草を食べるための競争が激しくなるんでしょうか?

隣のネプ兄ちゃんが、何もしないので・・・ルビたんが子どもだから?・・・ちょくちょく金網から首を突っ込んでいました。

 

てなわけで、明日、会いに行くね♪

聞けばお散歩の練習も始めたというし。
楽しみ、楽しみ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大きくなりました♪

Wolves69  

ケンパパにご挨拶に来たのはチュプちゃん。

でも、パパにご挨拶する前に、ノンノちゃんからご挨拶が(笑)

 

 

Wolves70 チュプちゃん、妹に食われてますが(笑)

カントちゃんにじゃれつかれると怒るチュプちゃんですが、ノンノちゃんなら良いの??

ウチの娘どもは何をやっとるか・・・?
ケンパパは、余り気にしていなさそうです。

 

Wolves71 ヌプリ兄ちゃんと一緒♪

金目の兄妹コンビです。

ノンノちゃん、なかなか精悍な顔つきになってきてますね♪

オオカミの森の地形は複雑なので、時折見えないところに行ってしまうことがある妹達。
小山の向こうから、鳴き声がしたときに、山を飛び越えるように走っていったヌプリを見たことがあります。
ヌプリもまた、兄として成長しているのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

この時とばかり♪

モグモグタイムではなかったのですが・・・、丁度、おやつ?お昼ご飯?が当たったところだったのです。
Giraffes60 コチラのエサ箱には、ペレットが入れられました。

早速、マリモちゃんが顔を突っ込みます。

そして、相方のゲンキくんが、マリモちゃんの角の後ろをはむはむ♪

マリモちゃんが大好きで大好きで、ついて回っていることが多いゲンキくん。
でも、マリモちゃんは、たまにそれが鬱陶しくなるようで(笑)避けていることも多いのです。

この時は、食べる方に夢中。

コレ幸いと。。。

Giraffes61 今度は、お耳をはむはむ♪

甘えまくっています(笑)

幼くして親元を離れてきたゲンキくんにとって、マリモちゃんは、さながらお姉ちゃん。
かつては、母子と間違えられたことも多い2頭ではありますが、最近、背も伸び、見た目は男らしくなってきているゲンキくんです。

Giraffes62 なのにまぁ(笑)

マリモちゃんが逃げないことを良いことに(?)
好き放題、甘え放題。

いつまで経っても姉と弟では困るのだけれど・・・。

それとも・・・・これって、愛を囁いているんでしょうか?
でもね、ゲンキくん・・・マリモちゃんが何か食べているときは、何をやってもダメだと思うぞ。多分・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

追いかけっこ♪

エゾシカの追いかけっこは、ジグザグ走りです。

Ezoshika161 お姉ちゃん、待って~~!

オニは、ぺろちゃん。
逃げているのは、姉のきりかぶちゃん。

お父さん達のいる場所では身軽にUターン。
飛びはねて、放飼場内を駆け回ります。

 

Ezoshika162 きりかぶ姉ちゃんにじゃれつくぺろちゃん。

ぺろちゃんは、なんだか楽しそうですが、きりかぶちゃんは、カメラ構えて橋の上から追いかけ回している人間1人(アタシだ!アタシ!!)が、ちょっと気になるっぽいです(笑)

いや、とても忙しかったよ。
あなた方を追いかけ回すのに(笑)

Ezoshika163

はい、もうお終い♪

過激な遊びもするけれど、基本、仲良し姉妹なのです。

 

 
 

Ezoshika164 走り回って、喉が渇きました。

2人一緒に、ごくごくごくごく♪

こうして見ると、2人のお尻は母さんに似て、黒いラインが入っているのね♪

白い毛の爆発状態が、あっというまに治まってしまったあたり、以前見せて貰ったブルブルとそろそろの追いかけっこより、興奮度合いは少なかったのかしらん?

楽しそうなエゾシカの姿を見せて貰いました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豹柄(笑)

  Atene24 アムールヒョウのアテネくん♪

アムールヒョウ舎はユキヒョウ舎と隣接しており、殆どの場合上で昼寝していて良く目立つユキヒョウを見つけて、下の方でチョロチョロしているアムールヒョウを素通りしてしまうお客さんが、結構いらっしゃいます。

エリア違うんだけどね~。
間に格子が入ってるんですけどね~。

んで、上手くアムールヒョウを見つけたお客さんの6割が、同じ事をおっしゃいます。

Atene25「豹柄だわ~~!」

ヒョウですから(笑)

ヒョウの模様だから豹柄なのであって、決して豹柄だからヒョウというのではないのであって。。。。
 

お茶目でマイペースなアテネくんと、時間交代で出ているのがこちら。

Kin15同腹の兄弟、キンくんです。

大抵、午前中はアテネくん、午後からはキンくんが出ています。

見分けるのは、鼻の頭。
黒っぽい方がキンくん。
ピンクが目立つ方がアテネくんです。

そして、キンくん。

Kin16 名前を呼ぶと、こちらを向いてくれることがあります。

何か用かい?、とばかりに(笑)

相当しつこく呼ばないとなりませんけどね(笑)

 

それにしても、アテネとキン。
いつ生まれたのか丸わかりの名前です。

今年で、8歳になる兄弟なのでした♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

羽布団♪

正門を入ると、フラミンゴ舎に続いてととりの村があります。
最初の扉をくぐって程なく、春先には、そこでコブハクチョウさんが抱卵なさっていたのですが、残念ながら失敗に終わったようで・・・。

その後を引き続き、コクチョウさんが巣として使っていらしたのです。

Blackswan07 そして、昨日。

親鳥の側にちょこんと♪

グレーのフワフワが寄り添っていました♪

そしてこの時、親鳥はまだ巣の中に座り込んでいました。

つまり・・・まだ、温めるべき卵がそこにあるのです♪

午後から、もう一度ととりの村を覗きに行きました。

Blackswan08 親鳥は巣を離れ、エサ場側に2羽で陣取り。

もちろん、ヒナも一緒です。

このコは、この前日に孵ったようで、もう自分でエサをついばむ様子を見せていました。

そして、そして、そして!
 

Blackswan09 !!!!!

悶死するかと思いましたね(笑)

今日、孵ったばかりと思われるコが、ひょこっ♪

卵は3つあったと聞きました。
巣には、孵らなかったと思われる卵などが見えなかったので、もしかするともしかして・・・・、後1羽、隠れていたかも知れません。

さて、来週。
コクチョウご夫妻は、幾つの灰色毛玉を引き連れているのか・・・楽しみ、楽しみ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

過激な遊び?

おサボりが続いて、出そうと思っていたネタが残ってます。
今日もまた、旭山へ行っているのですが、それは明日以降に・・・・出し惜しみ(笑)

Ezoshika157 橋の下で、頭をつかって押し合いっこしている2頭のエゾシカ。

手前で押しているのはキリカブちゃん。

奥で受けているのは、ぺろちゃんです。

 
  

Ezoshika158 そのうち・・・・。

何を思ったのか、キリカブちゃんが、ぺろちゃんのお腹の下に自分の頭を突っ込みました。

 

 
 

Ezoshika159 そのまま、頭を振り上げるキリカブちゃん。
きゃー!お姉ちゃん!?何するの~~!?

今年生まれのぺろちゃんは、昨年生まれのキリカブちゃんより、当然ちっさいのです。

流石に、宙に浮きこそしませんが・・・・。

ぺろちゃんが前転しちゃったら、どうしようと思った瞬間です。

幸い、ぺろちゃん、身体を右へ傾けて右後ろ脚を地面に付けられたので・・・・、前転は免れました。
まぁ、岩場でも何でも動けちゃうエゾシカのバランス感覚からすれば、お尻が少々浮き上がろうと、心配するほどの事はないのかも知れませんけれど♪

Ezoshika160 もう!お姉ちゃんてば、なんてことすんの!!

ぷんすか(?)ぺろちゃん(笑)

それにしても、随分激しい遊びをしていたエゾシカ姉妹でした。

あれ・・・?
ぺろちゃんって、女の子で良かったんだよね??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »