« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

ひょっとして・・・恋?

Zima04 ユキヒョウのジーマちゃん。

来た当初は慣れないあまりに、放飼場に出てこないわ、出てきたら寝室に入らずに何日も過ごすわと、色々ありましたが。

今は、ヤマトくんと日替わり交代。
まだ、時折帰ったり帰らなかったりとかあるっぽいですが、まぁ順調にきているトコロです。
 

Zima05この日、オーバーハングの金網のトコロではなく、岩場のてっぺん、観覧通路の直ぐ側でしばらくまったりしていたのですが。

ととと、っと降りてきて・・・途中でう~~ん!

のびのび♪

 

Zima06 そうして、なぜか。

下の隅っこでこ~んな格好。

彼女が真剣な眼差しで見上げるその先に・・・・

 

 
 
Kin17 アムールヒョウのキンくんの、凛々しい姿が(笑)

 

まさか・・・ジーマちゃん。

ステキな殿方・・・・とか思ってはいないよね??

ジーマちゃんには、ヤマトくんという許嫁がいるんだからね!

Zima07 物陰から、あこがれの先輩を見つめる乙女の眼差し(笑)

いや、いや、いや!

きっとこれは緊張しているんだよね?
きっと、前に、キンくんと網越しに何かあったんで、警戒しているんだよね?

でも、午前中にアテネくんが出ていたときには、ジーマちゃん、オーバーハングの上で、大あくびしてたんだよね(笑)

えと、
とにもかくにも、恋じゃない事を祈ります(笑)

この冬には、ヤマトくんと一緒にするのかな?
大丈夫かなぁ。ヤマトくん。

キンくんと比べると、かなり頼りなさ気なイメージが無いでもないんだけどサ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

コタンコロカムイ♪

かつて、アイヌの人たちにとって、森に生きる殆どの生き物が「神様」でした。
鳥や動物の姿を借りて、食べ物や知恵を授け、災難から守ってくれると信じられていました。
夜のとばりが大地を覆うとき、その両目を見開き、村を守ってくれると言う神が取った姿がコチラ。

Rock08 シマフクロウ。

世界でも一二を争う大きさのフクロウで、シマフクロウの「シマ」は、「ストライプ」のそれではなく「アイランド」のシマ。
かつて、北海道が蝦夷ヶ島と呼ばれていた頃の名残です。

こちら、釧路市動物園生まれの女の子、ロックちゃん。

ワシやタカ、フクロウなどの猛禽類は、メスの方がオスより大きくなります。

ロックちゃんも、初めて目にするお客さんは、殆どがその大きさに驚かれるようです。

Rock09 膨らんだと思うと、翼を高々と上げての、大きな伸び。

・・・・鳥の肩胛骨って、どうなってんだっけ??

普段・・・昼間は滅多に動くことがないフクロウなので、こういった動きでも、注目されます。

今年の春に、旭山に来て。
暫くは新しいケージで緊張している様子でしたが、やがてカラスもさほど来なくなって。

でも、

Rock10 妙な時期まで暑さが続いたこの夏。

9月の始め、この状態を見たときは、かなり本気で心配しましたよ。

涼しい釧路の生まれです。
身体が大きいことは、むしろ寒冷地での棲息に適しているはずで・・・・。

へたっていたロックちゃんでしたが、急速に秋を迎えて気温も下がり、元気になってくれたようです。

Rock11 夕暮れが早くなって、木の葉もすっかり色づき、落葉も目立ち始めたこの時期。

凛々しいロックちゃんの姿が♪

ケージを覗いたり、下の道路から見上げたりすると、ときおり止まっている場所が違っていることがあります。

まるで彫像のように動かずにいることが多いですが、たまに、居場所を変えて、眺める場所を変えているらしいです。

気分転換・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

傍若無人・・・。

Eland23 円山のエランドのニコちゃん、

随分大人っぽくなっていました。

砂山に頭をこすりつけて、・・・かゆかったのかな?

真っ直ぐだった角が、少しずつねじれてきています。

 
Eland24 現在のトコロ、エランド一家の末っ子にして長男坊。

サンタぼっちゃん。

まだあどけなさが残りますが、男の子ですから、いずれプッチョ父さんみたいに大きく逞しくなるんだろうな。

 
 

Eland25 しかして、エサの時間は、どうにも力関係が如実に出るようでして(笑)

この一家、一番強いのプッチョ父さんとして、二番手が娘ってのはどうなの?(笑)

我が物顔で、青草をムシャムシャ♪

他の個体が近づくと、角を振って追い払います。

Eland26 父と二女(長女は嫁入りしたヒナちゃんですね♪)が堂々と食べるのに比して、母と末っ子は、隙を見ながら横っちょからコソコソ。

こうやっていても、プッチョさんやニコちゃんに追われることもありました。

う~む。
解説看板には、「優しいお姉ちゃん」とか書いてあったニコちゃん。
流石に、父さんが来るとそそくさと移動するニコちゃんですが(笑)
どうやら、かなりの威張りんぼうと見ましたぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

見納め・・・

久しぶりに、ほんとうにしばらくぶりに円山をお訪ねしました。

Giraffe28 このコに会いに。

マサイキリンのナナスケくん♪

今は亡き、大好きなタカヨさんの曾孫にあたります。

このたび、お婿入りが決まりました。

 
Giraffe29 輸送箱に入る練習中でした。

慣れてもらうために、箱に入った状態で、クローバーをもぐもぐ。

その奥には、母ナナコ。
かつては、ナナコちゃんがこの箱に入って、はるばる九州からユウマさんのところに嫁に来てくれたのです。

ナナコちゃんには、この箱が意味するモノが分かっているのかしらん?・・・と思うと、なんだか切なかったです。

Giraffe30 ナナスケくんの婿入り先は、トッポさん亡き後の日本平。

前に一度だけ日本平をお訪ねした時、丁度工事の真っ最中で・・・。

工事が終わったら、また行こうと思っていたので、ナナスケくんと会うのは、決してコレが最後なんて事はないと思っているのですが。

見納めになるのは、このスリーショット。

親子3頭がともに過ごすことは、もうありません。

Giraffe31 そして、ユウマさんにスリスリしているナナコちゃん。

えっと・・・・、

ねぇ、あなた。次の子どもが欲しいわ♪・・・とか?(笑)

・・・ユウマさん、頑張ってください(笑)

ちなみに、パパとママが仲良ししていたとき、息子は知らんぷりを決め込んでいました。
良くできた息子だ(笑)

日本平からは、無事到着の報がありましたね♪
ナナスケくん、日本平へ行っても元気で♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

目つきの悪くなる季節(笑)

瞬く間に気温が急降下。
木々の葉が色づくこの季節。

Ezoshika165 オスのエゾシカの目つきが、俄に悪くなってきます(笑)

そろそろくん。
2歳にして、すでに角は三叉四尖。

野生個体が1年ずつ角分かれしてくるのに比べれば、こちらは栄養状態が、たいそうよろしいようで♪

でも、まだ微妙に幼顔。迫力不足の感は否めません。

Ezoshika166 こちらは盤石!

4歳になったマカロニ兄貴。

角は太く、身体は黒く。
そして、目つきは睨み付けるよう。

名前を呼ぶと、分かるようで、こちらに視線をくれることが多いのです。
用もないのに呼ぶんじゃない、と言われてる気がしないでもないですが(笑)

Ezoshika167 そして・・・・。

かつての勢いを失ってしまった、父、治夫さん。

高齢のため、角にきちんと栄養が行き渡らないようです。
毛並みも、荒れた感じ。

でも、でも!

 
Ezoshika168 治夫さんの回りには、ご婦人方が寄り添うのです♪

清野さんの毛繕いをなさっている治夫さん。
清野さんからのお返しも、ちゃんとありました。

このあと、奥にいるチャッピーさんの毛繕いもしてさしあげていた治夫さんなのです。

男は、角じゃない!
とか、言いたくなったりしますね(笑)

Ezoshika169 マカロニくんの回りには・・・・

何かにつけて、兄貴と張り合いたいお年頃の弟、そろそろくん。

そして、娘のぺろちゃん。

・・・・精進せぇよ、マカロニ(笑)

ま、治夫さんも、お若くて血気盛んな頃は、もしかすると、こんなだったのかもね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

例に漏れず(笑)

円山で生まれたホッキョクグマ、女の子のアイラちゃん♪

Polabear31 ポリタン、大好き!

ホッキョクグマは、基本、とても遊び好きですよね。

ブイやポリタン、ガス管など、持ち上げてぶん投げてみたり。

プールに放り投げて、その後で自らも飛び込んでみたり。

 
Polabear32 そして、相変わらずの心臓マッサージ(笑)

これやるクマさんも、多いですよね♪

アイラちゃん・・・お隣のイコロ兄ちゃんも・・・ちょいミドリグマ(笑)

今年は、本当にヘンな時期まで暑かったですから。

 
Polabear33 お兄ちゃま~~♪

ご機嫌いかが~~?

時々お隣を覗き込むアイラちゃん。

隙間がこれだけしかないので、互いに互いがどう反応しているのか分かりづらいのですが。

ん~~。
実の兄妹だからね。将来、一緒にしてあげられるわけでもないしね。

この後のホッキョクグマの繁殖計画が、どうなっているやら。。。。
まぁ、外野がわいわい言うことでもないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共通点?

話を聞いて、思わず確認してしまった・・・3年前の写真。

Giraffes63 生まれて一ヶ月少々の赤ちゃんキリンと、その母。

この赤ちゃん、男の子で、後にユウキと名が付きます。

母の名はサクラさん。

・・・・って、あららん??

 

Giraffes64 ・・・サクラ母さんの尻尾!

キリンの尻尾の先っちょにあるフサフサがありませんよ。

 
どっかで見たぞ、こんなの(笑)

 

 
Giraffes65 ご存じ、旭山のマリモちゃん。

彼女の尻尾も、現在フサフサが落ちちゃってます。

そして
そして

マリモちゃんの相方、ゲンキくんは、何を隠そう(笑)サクラさんの長男!
そして、マリモちゃんの尻尾が落ちてしまった原因は、恐らくコレ。
Giraffes66

これ、1月28日に撮った写真です。
明らかに尻尾に傷が・・・しかもまだ新しい傷です。

 
まさか・・・ねぇ。

ゲンキくん・・・・?

Giraffes67 母親キリンには、尻尾が無いモノだと・・・・思いこんだりしていないよね?ね?

ナンか言われてるわよ。
え~~、どーでも良いもん♪

 

実際のところ、サクラさんの尻尾の先がいつ、どうして落ちちゃったのか分からないので、ゲンキくんが尻尾の無い母親を見ていたかどうかは分かりません。
もしも、サクラさんの尻尾が落ちた原因が、ゴンタ父さん・・・物怖じしないマイペースな性格とあります・・・・にあるならば、ゲンキくん、父さんの性格丸写しですか?(笑)

今は、仙台の八木山にいる弟ユウキくん。
彼はまだ独身ですが・・・将来、お嫁さんを迎えたときには、お嫁さんの尻尾にくれぐれも注意してあげて欲しい・・・と、半分くらいは本気でお願いしたいです(笑)
ユウキくんは、母さん似の性格だと・・・良いんだけどな。

ゴンタ父さんは、安佐出身ということで、安佐の写真も見返してみましたが、コチラは、少なくとも会えたキリンでは、尻尾の先っちょが無い個体はいませんでした。

何故か、父と長男。
同じように尻尾の先っちょが無い奥さんなのです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

1人でも平気♪

もう間もなく5ヶ月になるんだったけか?
Giraffe25

おびひろのアミメキリンの男の子、スカイ坊っちゃん♪

もう、リボン母さんの後を付いて歩いてはいなくて、1人でのんびり日向ぼっこ。

この日は帯広も暖かかったね。

 
Giraffe26 リボン母さんも、1人でのんびりとなさっていました。

スカイくん、お座りキリンなのね。

キリンは基本、寝るときも立ったまま。
でも、動物園のように天敵がいない安全な場所で生まれ育ったせいでしょうか、お座りするコが時々いますね。

まぁ、スカイくんはまだ小ちゃいせいもあるのかな?

Giraffe27 ムサシ父さん。

食欲の秋です(笑)

ずっと枝を囓っていましたね。

何処ぞの・・・今は亡き子煩悩な父キリンを知っているだけに・・・・(笑)
もちっと我が子を構ってやって欲しいかもしれない。
だって、男の子だもの♪
父さんを見て、父さんに挑戦して、逞しくなっていく子だもの。
・・・・って、そんなに大きくなる前に、どこかへお婿入りしちゃうんでしょうけれど・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

チビテン♪

柵の影にひっそりと隠れていたのを見つけてから、約1ヶ月

Ezoshika_k09 テンコちゃんの娘さん。ただいまお名前募集中♪
だいぶしっかりとしてきたようで♪

10月というのに、長袖を重ねていると軽く汗ばむような陽気でした。

そのせいか・・・まだ、夏毛!

母テンコの名前は、この鹿の子模様の点々から付けられたのですが、夏のエゾシカは、みなテンコちゃんなのでした(笑)

Ezoshika_k10 なぜか、しぃ姉ちゃんにくっついているチビテンコ。

一番左が、生みの母です(笑)

しぃちゃんは、テンコちゃんより早く保護されたのですが、誤認保護ではなく、シカ除けのネットに絡まって怪我をしちゃったのですね。
未だに足が悪いので、歩く姿でしぃちゃんと分かります。

エゾシカの間に、大きなワピチの姿が。
上手く、穏やかに同居しているようです。

Wapiti47 でも、

相変わらず、こちらのお嬢さんだけは、ヒトを威嚇してくださいます(笑)

金網のトコロを、ヒトが移動すると付いてくるので、一緒に見ていたお客さんが、

慣れてますねぇ・・・と、感心してくださるのですが。。。

違いますから~!
威嚇されているだけですから~!

ワピチの記憶力もたいしたモンだと言わねばなりません(笑)

ヒトを威嚇してくれる動物ほど、ヒトの顔を覚えているような気がします(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

初々しいカップル♪

なんとも微笑ましい場面だったのです。

Humboldt_k20 ほら♪

二人並んでピッタンコ。

はぁとマークをちりばめてみたい、そんなフンボルトペンギンのカップルです。

一昨年生まれの、くーちゃん(左)とろーちゃん(右)

暴露しちゃうと、お互いに選択の余地は無かったのですけれど(笑)

ペンギンの夫婦は、一度ペアになると一生添い遂げます。

釧路のペンギンたちは、既にペアができあがっており、フリーの男女が必然的にくっついた・・・ような訳ですね。

Humboldt_k21 お父さん、ボクにも彼女が出来ました♪

・・・なんてね(笑)

左にいらっしゃるのは、くーちゃんのお父上です。

今年も繁殖に成功して、くーちゃんには弟妹(ただいま性別検査中(笑))が誕生しています。

先月行ったときには、まだここまでイチャコラしていなかったよね(笑)

まだ換羽する前から、大人達に対しても傍若無人ぶりを発揮し、ジャイアンのあだ名まで付けられてしまったくーちゃん(笑)
強い旦那を持って、ろーちゃんの将来も安泰・・・かな?

もっとも、繁殖出来るようになるまでは、後数年かかるようです。
まだ2歳ですものね。

なんとも、初々しい夫婦が誕生したようです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

おいしい顔♪

今年はヘンな時期に暑くなったせいか、夏バテ気味で食欲が落ちていたらしい、レッサーパンダの光愛ちゃん。

Lesser70 この日は、食欲増進効果を狙って、ブドウがあたりました♪

ぱくぱくタイムで、相方の美美くんがせっせとリンゴをもらっていたのですが、そちらには殆ど目も呉れず、でも、ブドウにはちょっと食指が動いたらしい光愛ちゃん。

 

Lesser71 あむあむ♪

黒いブドウはキャンベルです。

スライスしたリンゴは、手で持って食べるレッサーパンダですが、丸いブドウは小さいからか、持つところが無いからか(笑)そのままお口に放り込みます。

 

Lesser72

うっま~~~♪

光愛ちゃんの、おいしい顔♪

 

 

 

Lesser73 ポートランドを食べたときは、こんなお顔♪

 

どうやら、ポートランドよりキャンベルの方が、光愛ちゃんの好みに合ったらしいです。

まず、キャンベルが無くなって、次にポートランドの順番でした。

食欲戻って、元気になりますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

ダンシン♪ダンシン♪

Tsuyoshi48 釧路のホッキョクグマ舎で

ツヨシちゃんのダンス♪

立ち上がって、腰を振り振り~♪

 

 

Tsuyoshi49 腕も振り振り~♪

 

・・・・背中掻いているだけなんだよね(笑)

でも、動きがかわいぃの~

もう、大きな一人前のホッキョクグマなんだけど、なんか可愛い。

Tsuyoshi50 首も振り振り~♪

 

なんか、夏場にどっかで見たCMみたいなんですもん。

 

 

Tsuyoshi51 動画で撮ろう!と思ったときには、終わっちゃいました(笑)

 

放飼場に、背中掻き用の丸太とか並べて立て掛けておけないのかな・・・なんて考えたのだけれど、多分、破壊されてお終いっ!てな事になっちゃうんだろうな。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

余裕だね♪

おたるのトドショーのクライマックスは、トドのダイビング。
4頭のトドがダイビング台の上に揃い、一番高い場所からは2頭が飛び込みます。
回によって、この2頭は入れ替わりますが、この時はヒロくんと鉄平くんの出番でした。(交代で、のりとくんとたまおくんが出ています。)

Todo34 トレーナーさんの号令に合わせて、一緒に飛び出す2頭。

向かって右が鉄平くんで、左がヒロくん。

・・・・・・・やっぱり、ヒロくんてば、視線が・・・こっち(笑)

普通は・・・飛び込む先を見るモンじゃないの?

 

Todo35 ・・・・まだ、こっちを見てますね、ヒロくん。

視線の先を辿れば、お客さんが集まっている辺りを見ているように思われます。

んと、んと。

お客さんの反応、面白い?
飛び込むのはもうお茶の子さいさい(死語?)になっちゃって、客の反応を確かめるだけの余裕がたっぷり?

Todo36 この辺りまで来て、ようやく水面の方に目をやるヒロくん。

横には、2段目。
モンキチさんがラストを締めるのに控えている場所です。

モンキチさんを横目で見ながら、この位置で水面に向いて、水の抵抗を少なくするための姿勢を取って・・・十分に間に合うと言うことなのね?

身体が大きくなってきたら、この余裕のポーズは変化していくのかしらね?

・・・とは言え、将来はきっと大物になるだろうと、予想に違わぬヒロくんのダイビングなのでした♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

ハードルジャンプ!

Humboldt43おたるのペンギンショー。

並べたハードルを跳び越えてくれなかったので、回りをふさがれちゃいました(笑)

そこで・・・・・

 
 

Humboldt44 えいっ!!

ペンギンジャンプは、垂直跳び!

二番目に高いハードルなんですが、キレイに越えてくれました。

 

 
Humboldt45 着地も、見事に決まりました♪

 

いつも、この種目の時はジャンプシーンを狙うのですが、基本、彼らのモチベーションは、さほど高くありません(笑)

よけて通るか、押しのけていくか、倒していくか・・・ジャンプしてくれても、足を引っかけてしまうこともあって、なかなか撮れないペンギンジャンプ。

Humboldt46

おねーさん!お魚くださ~い!

彼らのやる気は、空腹度と比例する・・・のかも知れません(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スペシャルメニュ~?

Todo30 おたる水族館のトドプール。

何やら争っていた2頭のトドは、それぞれ、何やら大きなものをくわえていました。

奥の方のトドは麦ちゃんかな?
エサ争いに参加できるほど、プールに慣れてきているようです。

 
Todo31 コレ、タラですね。

実はおたるのトドとアザラシには有料ですが、エサを与えることが出来ます。

入っているサカナの量によって、お値段が違うのですが・・・この日、一番お値段のよろしいバケツの一つに、巨大なタラが2匹、入っていたのです(笑)
普通は、ホッケやイカナゴ、サンマなどが入っているんですけどね。
それを買い求めて、トドに与えたお客さんがいらっしゃったようです。

Todo32 おお!

流石にアシカ科で一番大きなトドだけのことはあって、頭から丸呑みか!?

・・・と思ったのですが。。。

流石にデカ過ぎたんでしょうか、この後吐き出してしまいました。
その後、何頭かが千切れたタラに興味を示して、口に入れたりしていたのですが・・・どうやら、あまり好みではなかったらしく。。。。

Todo33 そのうち、レオくんのオモチャに(笑)

トドは9ヶ月ほど、お母さんのお乳だけで育ちます。

まだ、生まれて3ヶ月ほど。

お魚は食べていないハズなので、コレはオモチャなのよね?
こうやって、やがてお魚を食べることを覚えていくのでしょうか。
まぁ、何かの拍子にそのままごっくんしてしまっても構わないものなので、見ていても安心です。
時々ねぇ・・・プールに浮かぶビニールゴミをオモチャにしていることがあるからねぇ。。。
ちょっと、ハラハラしちゃうこともあるんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »