« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月27日 (木)

一緒にいれば・・・。

秋から冬にかけて・・・太平洋側では、晴れる日が多くなります。
ここ数年・・・とくに今年、最近は、少々気候が変化しているようではありますが。

Akira88 ライオンのアキラくんです。

アキラくんは旭山生まれ。
ライラさんとレイラさんの末息子。

一人っ子で育ったせいか、かなりの甘えん坊に加えてびびりくんです(笑)

釧路へ来て、ゆうきちゃんと一緒になった途端、ゆうきちゃんのネコパンチ食らって、すっかり萎縮してしまったようなのですが。。。。

Lions_k09 この日、穏やかな日だまりの中で、こんな♪

日差しはあっても、気温は低い道東。

午後2時くらいには収容になるとは言え、三交代制だった旭山よりは、長い時間屋外にいなければなりません。

もとより、さほど寒さには強くないライオン。

一緒にいると・・・・暖かい?

Lions_k10 ゆうきちゃんも、いつになく(?)優しそうです。

こんなシーンだけ見ていると、上手く行っていそうに見えるんだけどねぇ(笑)

どっちかつーと、ゆうきちゃんの方がお姉ちゃんみたいに見えているあたり・・・(笑)

アキラくんの方が、一年早く生まれているんですけどね♪

Akira89 そんな二人ですが。

寝室は別々。

そして、用意されていたお肉を、あっという間にぺろりと平らげてしまったアキラくん。

隣のゆうきちゃんが、まだお肉を食べている最中なので、気になって気になってしょうがないのです。

間に格子があって、ゆうきちゃんの手が届かないのを良いことに(?)お肉寄越せ!とガウガウやってました(笑)

その威勢が、放飼場でゆうきちゃんと一緒の時も発揮されるといいねぇ(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

シンコさんを越えた!?

しばらくご無沙汰をしてしまいました。
釧路へ行ってました。三連休でしたから♪

Shinko03 相変わらずのシンコさん。

オタリアのご婦人。

釧路にはお三方・・・ご婦人ばかりがいらっしゃいますが、そのウチの最年長です。

食いしん坊のシンコさんは、ホッケを食べるときはいつも2匹ずつ。

Shinko04 豪快に、口の中に放り込みます。

水の中で、どうやって2匹を咥えているんでしょう。

パクパクタイムで投げ込まれるホッケは、一度に数匹。
何度も投げ込まれる・・・とは言え、一辺に2匹のホッケが口の中に飛び込んでくる分けではないのです。

泳ぎながら2匹を咥えて、そして水面に出てきてパックン!とやっているのだと思うのですけれど・・・。

最近は、バイオさんやうるるちゃんも、シンコさんに負けじとダブル食いを見せているところではあるのですが・・・・。

この日・・・・!

Ururu03 トリプル~~~!?

うるるちゃんってば!うるるちゃんってば、、いつの間にこんな技を・・・!

いつの間にか、シンコさんを超えてしまいましたねぇ♪

ただし、この3匹を一挙にごっくんできたのかどうかは、確認出来ていません(笑)
この後、どっかで、落っことした可能性もあったりするのですヨ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

にょろにょろにょろ♪

今回の遠征の最後を飾ったのが、今回唯一、初めてお訪ねした施設ということになる、すみだ水族館です。

Magellanic02 夜9時までの営業ですから、翌日、飛行機に乗ることを考えても、無理ではなかったのです。

多摩から、都内へ戻って・・・スカイツリー・・・の下(笑)を目指します。

すみだ水族館には、マゼランペンギンがいます。
ついでに、マゼランのぬいぐるみを売ってます(笑)
や、無いんだよね、確かに。エンペラー親子とかキングとか、フンボルトやイワトビなんかは結構見かけますが、マゼランは初めて見ました。

スカイツリーのライトアップが美しかった時刻・・・夜ですからね・・・既にお休み態勢に入っているペンギンズ。

ちなみに、オットセイもいるのですが。
完全にお休み中でした(笑)

Napolonfish08 そして、大きさの割には、体色が白っぽかったメガネモチノウオ・・・ナポレオンフィッシュさん。

こちらも・・・寝てます?
もしかして、寝てますか??

サカナも寝るとは知っていましたが・・・これがその状態なのでしょうか?

小型の水槽が多く、それにテーマごとにサカナを展示しています。
ん~~~、おサカナさん達の環境エンリッチメント的にはどうなんだろうと思ったりもしたのですが、つまりその分、サカナの姿が見やすい展示が多かったです。

圧巻だったのは・・・こちら。

Gardeneel04 この水族館にしては大きめの水槽にびっしり。

チンアナゴとニシキアナゴ!

これも、自然界を見せるという意味ではどうなのかしら?と思わないこともないのですが、ある意味、こういう見せ方もあるんだと唸ってきたりもしたわけです。

ちなみに、砂地からすっぽ抜けているヤツとか、隣同士でケンカしているヤツとか、いろいろ見られました(笑)

ウミガメの解説が行われていたり、ヤドクガエルの展示もあったり、自分的には、規模の割に楽しめたかな・・・・と思っています。
館内に飲み物などを提供するブースが複数あったり、案内ブースもあって、質問にも気軽に担当者が来て答えてくれたりと、なかなか頑張っているな・・・という印象でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒かった・・・・。

・・・わけでもないようです。
でも、基本暖かい東南アジア地域に住む生き物ですから・・・・。

Orangutan_t02 オランウータンです。

こちらはチャッピーさん。

開いた麻袋を頭から被っていらっしゃるのですが・・・・。

少しは暖かいのかしらん・・・?
・・・と思いきや。。。。

Orangutan_t03 そこへちょっかいを出してきた娘のミンピーちゃん♪

お母さんの被っていた麻袋を、奪ってしまいました(笑)

いたずらっ子です♪

 

 
Orangutan_t04 被ると言うより、埋もれる(笑)

んで、防寒用というよりは、遊び道具(笑)

だってこの後は、麻袋を放り出して遊んでいましたもの。

若い子は、少々の寒さには負けません♪

 Orangutan_t05 
向かって左にいるのは、お兄ちゃんのポピーくん。

男の子ですが、まだオスの性徴とも言うべきフランジは大きくありません。

だって、まだお母さんと一緒に暮らしているのです。

きっと、独り立ちしてお嫁さんが来れば、見る間に大きくなってくるんでしょうね。

 

Orangutan_t06 外の放飼場とは別に、室内で麻袋を被っていらしたこちら。

ご年配のオスのオランウータンです。

お名前をキューさんとおっしゃいます。

実は、旭山のジャックさんのお父様だそうです。

多摩のボランティアの方達がいらして、教えていただきました。

ご子息には、いつもお世話になっております・・・と、ご挨拶して参りました(o^-^o)

多摩では、オランウータンの赤ちゃんが誕生したそうです。
また、暖かくなったら、可愛らしい様子を見せていただけるのでしょう。

今度行く機会があれば・・・、あまり疲労を溜めないうちに、多摩を回るように、コースを組みたいと思います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

キングチーター

多摩動物園で、2度にわたってキングチーターが誕生したニュースは、自分も驚嘆の思いで聞きました。
是非、会ってみたい・・・・!

流石に、今年誕生したばかりのオチビさんたちの公開には早すぎましたが、昨年誕生したコには、是非会ってみたい・・・と言うことで、いそいそとお訪ねした訳です。

Cheetah01 昨年生まれの、キングチーターを含む4きょうだい。

雨模様だったこの日、木陰で4頭ともピッタンコとくっついていました。

何を眺めていたのやら、揃って視線があっち(笑)

注目すべきは、一番奥の個体です。

Cheetah02 立ち上がったのを見れば、模様が違うことは一目瞭然。

キングチーターと呼ばれる、ドット模様があちこちで繋がった模様を作っている個体です。

このコが、ナデシコちゃん。
一緒に生まれた子は、アイリスちゃん、ステラちゃん、キリくんと言うそうです。

多摩では、生まれた子の名前を植物からとっているようでした。

Cheetah03放飼場の隅に、低木が一本。

このくらいだと、簡単に跳び上がってしまうチーターです。

気温のせいか天気のせいか、走り回って遊ぶチーターの姿はみせてもらえませんでしたが、隣の室内放飼場に別個体がいるのが気になるようで、高いところから覗き込んでいました。

や、旅行の最終日・・・一番疲れているところに、多摩を入れたのは、ちょっと失敗だったかも(笑)
チーターだけ見て帰る、なんて話にはならんのですね。

ついでに言えば、どうも今回の旅行では、関東とは相性が悪く(笑)上野に続いて多摩でも雨に祟られてしまいました。

それでなくとも、日本一広い動物園です。

足は痛いわ腰は怠いわ(笑)足の裏にまめは出来るわ・・・と散々でありました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

姉上様!?

豊橋で、マーラちゃんにお目に掛かれなかったので、2年前の春にお訪ねしたときの、ご両親のラブラブのご様子を(笑)

Asian_elephant12 アツアツです♪

時期的には、この後ぐらいになるのでしょうか?
新たな命が宿ったのは・・・・。

いずれにせよ、次にまた豊橋をお訪ねしたときには、もうちょっと大きくなったマーラちゃんに、お目に掛かれますように♪

 

さて・・・・・。

Lions36 こちら、ライオン舎です。

基本的にネコ科(笑)

ずっとお休みの状態で、お顔を見せていただけなかった、左、奥方の方・・・ですね。

  

Lions37えええええ~~~!?

個体紹介の看板を見て、びっくり!

前日にお会いした、サンくんのお姉さんにあたるのだわ。

もちろん、釧路のアキラくんにとってもお姉さん。

実は、看板の写真撮っていながら、この時は気づいておらず(笑)
帰ってきて、写真眺めていて、ビックリしたわけです。

急いで、2年前の写真をひっくり返しました。

Oto お顔を見せてくださっている写真がありました!

オト姉さんです。

旭山生まれのライオンは、父上に似ても母上に似ても美女になる訳ですが(笑)

さて、どうでしょう?

どことなく、お父上に似ているかな?と思うのですが・・・・♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

動物園なのに

ラッコがいるのです。
Rakko07

ラッコは、飼育に色々と手間がかかるので、水族館のような設備が整った場所で飼育されることが多いので、動物園で飼育されているのはかなり珍しいのですね。

このラッコ・・・やよいさん・・・既に、お食事タイムを終えた後ということで、毛皮のお手入れに余念がありませんでした。

そのうちに・・・・。

Rakko08 うつらうつら(笑)

極寒の海に棲むラッコは、体温を保つために、大食漢であると同時に、寒さを防ぐ優れた毛皮を持っています。

その毛皮のせいで乱獲され、数を減らした生き物です。

かつては、北海道の周辺にも棲んでいた証拠に、日高地方に「楽古岳」という山があります。

以前、一度豊橋総合動植物園にお邪魔したことがあります。
その時は、ラッコプールは修理中。
今回、初めてお目にかかることが出来ました。

豊橋総合動植物園といえば、上野から嫁いだアジアゾウのアーシャーさんがダーナさんとの間に、女の子をもうけています。
この日は生憎、マーラちゃんの登場が中止となってしまい、たいそう残念ではあったのですが・・・。

Kumozaru01

こちら、旭山でも見られるジェフロイクモザルさん。

昨年生まれのお嬢ちゃんがいらっしゃいました♪

群で飼育されている生き物の中に、幼い個体がいるだけで、格段に面白くなりますね。

背負っているのはお母さんかな?
それとも、クモザルの群にもヘルパーさんがいるのかな?

さすがにクモザルだけあって、尻尾がクルリンと巻き付いています。

Kumozaru02 そして、幼い個体は、好奇心がたいそう旺盛なのです。

保護者が、ちょくちょく迎えにくるのを拒否って、お嬢ちゃんってば、観覧者側のガラス付近にぺったり張り付いてしまいました。

ヒトに対して、興味津々です。

旭山でも、赤ちゃん見られるようになれば良いなぁ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

腕白小僧♪

3頭目ともなれば、すでにベテランという事になるのでしょうか。
それも、このペアで・・・という注釈付きなので、もしかすると前夫との間で、繁殖に成功しているのかもしれないのですが。

Malay01 マレーグマの男の子、マーチンくんです。

今年の3月末に生まれました。

母はマー子さん。

上に、確か、マーサちゃんとマーヤちゃんという姉がいたはず。
 

Malay02

そのマーチンくん。

擬木の上で遊んでいて・・・・

滑りました・・・っ!

 

 
Malay03 さほどの高さではないようで・・・。

ついでに、張ってあった鎖に手を引っかけて、全体重で叩き落ちるのは防いだようですが・・・・。

大丈夫か・・・?

 

Malay04 大丈夫みたいです(笑)

母さんにむかって、ンベ!

母も、あまり心配している様子は無くて・・・・えと、放任主義ですか?
3頭目ともなれば、すでに子どもの扱いは手慣れたモノ?

男の子の分、可愛いがるのかと思いきや(笑)もう、大きくなっちゃっているせいなのか?

Malay05 まだ、この程度の体格差はあります。

そして、脳内で鳴り響くゴング(笑)

マレーグマの子育ては、とてもとても大変そうでした。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

男の甲斐性(笑)

少し、分けてください(笑)

Lion12 東山にいるライオンのオス、サンくんは、旭山のライラ、レイラご夫妻のご子息。

釧路にいるアキラくんの兄君です。

この夏、奥方の間に目出度く二子をもうけられました♪

その甲斐性を、すこし弟に分けていただきたいと思ったり、思ったり、思ったり・・・・・。

Lion13 奥方のルナさん♪

まだかなりお若いハズ。

放飼場につり下げられたブイで遊ぶ姿が、なんだか愛らしいです。

そんな母を・・・・

Lions_h04

母上ってば、ワイルドねぇ~♪

見つめている4つの目(笑)

男の子はソラ。女の子はステラ。
両親の名前から、天体関係で揃えたのですね。
奇しくも、祖父母の名を受け継ぐ韻を踏んでいます。

Lions_h05 東山のライオン放飼場は、モート方式なので、ルナ母さん、子ども達がそちらへ近づくとストップを掛けます。

やんちゃ盛りは母の言うことを聞かず・・・・(笑)

こんな場面も♪

尻尾くわえて、止めてます(笑)

ところで、問題は・・・・。

父親との同居がまだ成されていないということなんですね。
ライオンは、ネコ科として唯一群れを作って暮らす生き物なので、コレはもったいない。
生まれて既に6ヶ月になろうとしています。

良いのか?
大丈夫なのか?
子どもがこんなに大きくなってからの同居なんて出来るの?

寝室は隣同士なので、サン父さんも、子どもの存在は認識できているとは思うのだけれど・・・・。

そこらへん、かなり不安ではあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

ミライくん♪

シャチの赤ちゃんの誕生が、もし無かったとしても、名古屋港水族館へ行こうと思っていました。
それは、このコの誕生が伝えられていたからです。

Beluga17 グレイこと5番さんとその赤ちゃんの11番くん。

11番くんは、この直前に、ミライくんと愛称が付けられていました。

名古屋港水族館は、以前は飼育していた鯨類に愛称をつけていませんでした。
当時の館長さんのお考えだったと聞いていますが、野生の個体をヒトの都合で、水族館で暮らしてもらっているのだから、愛称を付けて愛玩用と紛うようなことをしてはならないということで、バンドウイルカはアルファベット、ベルーガとカマイルカは番号が、個体識別に用いられていたのです。

Beluga18 ミライくん、お母さん達がトレーニングの最中は、トレーナーさんにオモチャで遊んでもらっていました♪

ベルーガは、シロイルカと呼ばれますが、子どもの時代は、灰色をしています。

長じるに従って、白くなっていくのです。

 

Beluga19 こちら、異母姉になる9番ことナナちゃん♪
5歳になりました。
まだ、少し灰色がかっていますね。

実は、このナナちゃんが生まれる少し前、グレイさんは男の子を産んでいます。
生長不良で長くは生きられませんでした・・・・。

今回、グレイさんに男の子が生まれたと聞いて、その8番ちゃんが還ってきたのかもしれないと・・・・何となく、そう思ってしまったので・・・・。

Beluga20 おちゃめなナナちゃん(笑)

お姉ちゃんになったのだから、しっかりね・・・と言っても、トレーニングは、ベルーガにとっては、ヒトと遊ぶ時間(笑)

トレーナーさん達と楽しそうにコミュニケーションをとっていました。

ナナちゃん、ミライくん、元気で大きくなってください。
また会いに行くからね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

生後一週間♪

出産の予定は12月だったのです。
だから、会えないと思っていたところ、存外早く誕生の報が届きました!

Orca20 11月の13日に生まれたシャチの赤ちゃん。

ステラ母さんと一緒に元気に泳いでいました♪

生まれたばかりのシャチの赤ちゃんは、本来は白いところがオレンジを帯びています。

名古屋港水族館の、複数あるプールのうち、通常シャチを展示している手前のプールは現在閉鎖中。
ですが、その奥のプールは、メインプールの観覧席から、その様子をうかがい知ることが出来ます。

Orca21 こちら、ビンゴ父さんとラン姉ちゃん。

実は、初めて鴨川シーワールドさんに伺ったとき、ランちゃんが生まれて7ヶ月ほど。

まだオレンジがかった色味を残していました。

ちいちゃくて愛らしかったランちゃんも、すっかり大きくなって、お姉さんとして妹の面倒をみているようです。

Orca22

3頭が並んで泳いでいます。

向かって左端が母ステラさん。真ん中でちょっとお顔を上げているのが赤ちゃん。右にいるのがランちゃんです。

聞けば、ランちゃん、母の出産に最初は驚いたようだった・・・とのこと。
鴨シーで、甥っ子のアースくんが生まれたとき、ランちゃんは立ち合って居なかったのかな?

水族館のサイトにも載っていますが・・・この赤ちゃん、鯨類としては逆子で生まれてきたようです。そう言えば、ランちゃんもそうだったよね。

なんにせよ、無事に誕生おめでとう♪

Orca23 ステラ母さんが泳ぎながらエサをもらうのを、好奇心たっぷりに伸び上がってみている赤ちゃん♪

どうか、無事に大きく育ってください。

次に名古屋港に伺うときは、あの巨大なメインプールを泳ぐ、4頭のシャチが見られると良いな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

出目太くん♪

出目男さんの息子ですから(笑)

Hipo05 出目太くんです♪

1人だけ写っている写真だと、もう一丁前のカバのように見えますが。。。

お顔はまだまだあどけないです。

 

Hipo06 お母さんと一緒だと、まだこんなにちっさいのです。

母はナミコちゃん。
旭山で生まれた、ゴンさんとザブコさんの末娘。

3年前にナナミちゃんが生まれたときも、神戸へおじゃましましたけれど、今回もお目にかかることが出来ました。

カバの親子♪

Hipo07 ナミちゃん、息子が可愛くてならない様子です。

女親は、息子の方が可愛いなどと聞きますが、さて、カバの場合はどうでしょう(笑)

それにしても、一姫二太郎で、理想的ですね♪

 

Hipo08 もう、ちゃんと泳げます♪

母さんについて水の中。
ときおり、母さんの背中や鼻先に顎をのっけて休んでいます。

この日は、たいそう元気に、母さんに甘えていました。

ゴンじいちゃんみたいに、おっきなおっきなカバさんになるんだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »