« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月27日 (月)

色々・・・イロワケ♪

今回の旅で、最後にお訪ねしたのは、マリンピア松島水族館。
仙台駅から、仙石線で1時間ほど。駅を出れば徒歩3分という利便性・・・と言いたいところですが(笑)仙石線で、ここまで来る列車の本数・・・さほど多くないんですよね。

Yuuki_seal ゆうきく~ん!
元気そうだね!

可愛く名前の入った、専用バケツでお魚をもらっているのは、小樽で2011年に生まれたゆうきくん。

あの大震災の後に生まれた4頭のゴマフアザラシは、東北へのエールを込めて、生まれた順に、げんき、ゆうき、みらい、のぞみ・・・と名前がつきました。

2番目に生まれたゆうきくんが、いま、被災地の松島水族館にいるのです♪

Penguins06 泳ぐペンギンズ♪

左から、マゼラン、フンボルト、そしてケープ!

本来なら生息地が違うペンギンたちが同じプールにいるのは、不自然なのかも知れません。

でも、こうやって実物を比べて見られるというのは、学ばせてもらっている身としては、大層ありがたいんです。

Bikalseal02 んで・・・とてもお盛んだった(笑)バイカルアザラシ。

アザラシの中で、唯一淡水に棲む種類です。

3頭ともそろって20歳くらいで・・・最初は、もうご年配なのかと思いましたら・・・!
バイカルアザラシって、とても寿命が長いんだそうです。
4~50年生きるとのことですから、ちょうどお年頃ということに♪
なかなか難しいようですが、繁殖まで漕ぎ着けてくれれば良いなぁ!

Irowakeiruka03 そうしてこちら♪

今回、ここをお訪ねしたかったのは、このコに会いたかったと言うあたりが、実際は本音かもしれません。

イロワケイルカの、つばさくん♪

イロワケイルカは、外見ですぐに雌雄が分かります。
丁度お腹のトコロにある黒い部分が、オスとメスで形が異なるのです。

Irowakeiruka04 奥を行くのは母親ですが、手前・・・、左が姉のさくらちゃん。
右がつばさくんです。

メスは不規則な形になり、この形で個体の識別が出来ます。
対してオスは、先細りの円形になるんですね。

ちなみに、父親は、つばさくんがまだ幼いので別展示。
前回伺ったときは、親子3頭で泳いでいたので、ちょっと心配しちゃいました。
何のことはない、隣の水槽にいらっしゃいました(笑)

そして、今回も遊んで貰うことができました♪
水槽の前を右に左に走り回ると・・・・付いてきてくれます。
規則的にならないように、途中で方向転換したり、止まると見せかけてまた動いたりすると、かなり長いこと相手をして貰えます

ただし、水槽の前に、他のお客さんが居ない時に限ります。
子供さんでもいらして、激突すると大変ですからね。

続きを読む "色々・・・イロワケ♪"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

風と炎の結晶達

最初に覗き込んだ時には・・・・、

Sumatrantiger01 こんな様子。

奥の方で固まって、警戒心一杯に、こちらを窺っていたのです。

昨年の暮れ、テレビでもやっていました。

八木山動物園のスマトラトラ。

Sumatrantiger02 母バユは、インドネシアの言葉で風、父ケアヒは、ハワイの言葉で炎のことです。

それだけで相性ぴったりじゃ無いかと思われるペアの間にうまれた子ども達に会ってくることができました。

最初にアクリル側に来てくれたのはブラン(インドネシア語で月)くん。

耳が伏せられて・・・若干警戒気味かな?

Sumatrantiger03 誰かが動き出せば、幼いきょうだい達は、一緒に動くことが多いです。

次に、様子を見に来てくれたのは、アカラ(ハワイ語で太陽)くん。

こちらも、見慣れぬ人間に警戒している雰囲気がありますが、好奇心の方が、ちょっと勝っちゃってます。

 

Sumatrantiger04 反面、女の子は、警戒心が強く、きょうだいが動いても、一緒に動いてくれなかったのです。

奥の方からは出てきてくれたものの、アクリル面までは来てくれませんでした。

右奥で、様子をみているのが、ラウト(インドネシア語で海)ちゃん。

もう一人、アイナ(ハワイ語で大地)ちゃんという女の子がいるはずなんですが、このとき放飼場に姿が見えませんでした。
テレビでもやってましたが・・・まだ調子が戻っていないのでしょうか・・・?

Sumatrantiger05 残念ながら、遊んで貰えたのはちょっとの間(笑)

きょうだいがいますからね♪

きょうだいとじゃれていた方が楽しいのは当然です。

こちらを向いているのが、警戒をといてくれない(笑)ラウトちゃん。
男の子二人は・・・ちょっと早すぎないか?その、真似ッコは(笑)

Sumatrantiger06 ちょっと緊張気味のアカラくん。

このあと、ブランくんとアクリル近くでじゃれじゃれしながら、奥の方へ戻って行ってしまったのです。

うん、ネコだからね(笑)

飽きるのも早いんだよね♪

続きを読む "風と炎の結晶達"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

恋模様・・・?

男鹿水族館へはもちろんクルミのお母さん振りを見せて貰いに行ったわけですが・・・。
クルミちゃん以外にも、たくさん、たくさん、生き物がいるわけですよ♪

素通りなんてできませんし、しちゃいけない場所もあります。

Goma_o01 ひれあし’S館にいるゴマフアザラシ。

ゴクウくん(背中)にちょっかいを掛けているのはこまちちゃん♪

ゴクウくんは小樽から行った男の子。
こまちちゃんは旭山生まれの女の子です。

 
Goma_o02 でも、ごくうくんはみずき姉ちゃん(下)と戯れちゃってます。

みずきちゃんは男鹿生まれの女の子で、ゴクウくんより一つ年上。

ちなみに、こまちちゃんはゴクウくんと同い年です。

 

Goma_o03 さらに、ゴクウくんが興味を示しているのはマリーさん(左)

マリーさんは、みずきちゃんのお母さんで、19歳におなりです。

えと、えと、ゴクウくんてば、年上好み?(笑)

 

Komachi01 ゴクウくんに袖にされてもめげないこまちちゃん。

好奇心旺盛な彼女は、ガラス越しに客の姿が見えると直ぐに寄ってきてくれます。

んでもって、大きく手を振ったり、モノをゆらしたりすると、遊んでくれる愛嬌者♪

ヒトに育てられたってこともあるのかもね。

Mizuki01 んで・・・みずきちゃん。

見事に飛行船体型なんですが・・・・?

残念ながら、入っているのか、詰まっているのかはまだ分からないとのこと。

ゴマフアザラシが赤ちゃんを生む時期は、もうちょっと先なので・・・朗報が届く(かどうか)・・・のを、楽しみにしてますよ♪

一応、ゴマフ模様や体型で、見分けは付いているつもりなんですが・・・もし、違っていたらゴメンナサイです(^^;

続きを読む "恋模様・・・?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

青いボビン

いよいよ男鹿♪
実は、昨年の3月にお邪魔しているのですが、ミルクの公開はまだ。
テレビのモニター越しに、元気そうな姿を、ちらりと見せて貰って・・・それ以来です。

Kurumi53 母クルミ、豪快なオモチャ回転投げ!

ラッコ姿勢を取りながら、オモチャを上へくるくると回すように投げては、落ちてくるのを受け止めます。

釧路時代からのクルミの得意技で、黄色いガス管や氷の塊なんぞでやっているのを、良く見ました。

 
Milk02 娘ミルクは、陸上で練習中・・・?

体躯に比して大きなオモチャは、なかなかくるりんと回ってくれませんが(笑)

ちゃんと母親を見て、真似て・・・・。
賢い子だわ♪

 
Milk03 男鹿では、多種多様なオモチャが与えられており、しかも午後の餌の時間を境にして種類が代わり、さらに日替わりです。

行った日の午前中は、青いボビンでした。

もちろん、ぶん投げるのにも使われる、青いボビン。

母譲りの見事な投擲です♪

Milk04 さらに、こうやって乗っかることも出来る優れたオモチャ。

・・・・余談ですが、自分たちくらいの世代だと、こういう写真見ると、ゾウを思い浮かべてしまいます・・・・(笑)

ミルクはまだ軽いので、丈夫なボビンはおろか、ポリタンの上にも乗れるんですね。

んで、このボビン、さらなる使い道が・・・・。

Milk05 踏み台~♪

男鹿の放飼場は、起伏が多く、写真のように岩を模した壁や、段差、さらに巨大な木材を四方に配してあります。

幼いミルクは、身軽で活動的。

だから、

Milk06 こんなトコロも、歩けちゃうのです!

見てる方は、ハラハラしますけどね(笑)

下りるときは、下を向いて、最後まで腰を残す格好で上肢を伸ばします。

その身体の柔らかさは、時々、軟体動物に見えないこともありません。

いずれにせよ、高所恐怖症では無さそうです(笑)

見ている間、全く、お昼寝している時間はありませんでした。
円山のララさん母子だと、そろってお昼寝している場面もあるのですが、こちらは、まるっきり電池が切れません(笑)

寝室に収容後、どうなっているのか・・・気になるところです♪

続きを読む "青いボビン"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

低温注意報

折しも、全国的に低温注意報が発令中。
特に、日本海側に色々集中したようでした。

Ashiri01 だいーぶ、ピントが甘いですが、お許しを。

お懐かしい方に、お会いして参りました。

かつて、多摩動物園で幼かった娘と一緒だった頃にお会いして以来です。

その頃、あどけない様子だった娘は、立派に母親となり、産んだ娘の一人が、現在帯広にいます。

Ashiri02 そう、こちらアシリさん。

帯広のマオちゃんのお祖母様でいらっしゃいます。

現在は、秋田の大森山動物園で、ご主人のウィッキーさんに先立たれ、未亡人でいらっしゃいますが、相変わらず、お美しくていらっしゃいました。

ウィッキーさんとの間にもうけた娘達も独り立ちし、嫁いだ先で生まれた孫が、今、大森山に来ているようです。
残念ながら、日替わり展示ということで、お目に掛かれなかったのですが・・・。

旭山の・・・亡くなったいっちゃんの甥っ子になるんじゃなかったか?
お顔、見たかったなぁ・・・・。

Ashiri03 アムールトラですから、雪景色がお似合い♪

ここらの寒さなんぞ、何てコトはないワケですが・・・・、水場が全面凍結!

舌で氷を一生懸命溶かしながら水飲み中のアシリさん。

ここ数日で、一挙に冷えて、雪が積もったらしいです。

ちなみに、私自身の服装は、-10度仕様(笑)
旅行をする・・・というしゃれっ気も何もなく、毎度、旭山をお訪ねするときと同じ、作業用防寒着姿(笑)

どーでも、このデザインが誤解を生むらしく・・・近づいてきたり、しげしげと眺められたりした揚げ句・・・あ、違う~・・・とばかりに踵を返す方々が、こちらの動物園でも続出しました(笑)

こちら、マーコールさんご一家。
Markhor01

お食事中、お邪魔してすみません。

ちらちらとこちらを気にするのもいれば、しばらくの間ガン見してくださるのもいて、様々です。

本来の生息地は、パキスタンの辺り・・・と言うことは、ヒマラヤの麓??

さほど寒さに弱いと言う印象はないんですが・・・。
暖かいところでの暮らしに慣れてしまわれたんでしょうか。
しばらく後に、もう一回お伺いしてみると・・・・、

Markhor02 

こんな(笑)

エサ箱は寝台へと用途変更され、餌はお布団変わり、ピッタンコくっついていた、マーコールさんご一家でした♪

続きを読む "低温注意報"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

母と娘♪

ご無沙汰をしておりました。
一週間、どかんと休みをもらって、命の洗濯をして参りました(笑)

Kurumi52 走る!

クルミが走る!

 

その後ろから・・・・

 
Milk01走る!

ミルクが走る!

母と娘の鬼ごっこです。

今回、どうしても行きたかった男鹿。

クルミは、これからも会いに行けるでしょう。
ミルクにも、会いに行けるでしょう。

でも、この母娘に会うことは、今を逃しては二度と無い・・・・。

クルミが、母親をやっている場面を、何としても見たかった、見ておきたかったのです。

Polabears_o07

 

戯れる母娘。

遊び盛りの娘の相手を、ちゃんとしてやる母。

 

まだ小さくて、母には叶わない娘は、高い場所からアプローチします(笑)
体格差を、足場を上げることで埋めようとしていました。
Polabears_o08  

日差しが差す中、母に絡みたいのか、オモチャが欲しいのか?

母めがけて、プールに飛び込む娘

母の持つ器用さも賢さも、しっかり受け継いでいるようにみえる娘です。

Polabears_o09 水の中で遊ぶ母娘。

この後、娘の要求に応えて(?)被っていたガス管を外して与えていた母。

しっかり、ちゃんとお母さんしていたクルミ。

ちゃんと、目に焼き付けてきましたよ。

誕生の報を聞いて、万歳三唱してから・・・一年以上が経ってしまいましたが。

天国のコロ母さん、貴女の娘は、立派なお母さんになってましたよ♪

続きを読む "母と娘♪"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

色気より食い気(笑)

今年の初旭山は、4日でした♪

Tancho06 タンチョウの丹星くんが自己アピールの真っ最中。

この時期、タンチョウには恋の季節。

タンチョウは一夫一婦制で、伴侶とともに舞い、鳴き合って絆を深めるのですね。

丹星くんの視線の先には、奥様のノモ子さんの姿があるのです。

Tancho07 ノモ子さんに見せつけるように、大きく翼を羽ばたかせます。

この大きな体に、大きな翼。

頭上にいただく赤の他は、白と黒のシンプルな配色。

残念ながら、格子が写っちゃってますが、バックの雪の白に溶け込みそうな美しさです。

Tancho08 ここで、奥方のノモ子さんも応えてくれれば、テレビや写真などでお馴染みの、雌雄が鳴き交わしながら舞う、美しいタンチョウ夫婦の姿が見られたハズだったのですが・・・・。

この時・・・ガイドがあった直後で・・・・餌が与えられたトコロだったのです・・・。

 

Tancho09 丹星くんの傍らをさっさと通り過ぎ・・・ご飯に直行なさってしまわれたノモ子さん。

なにせこの日は、活きの良いお魚が入っていたのですもの(笑)

そして。。。

ノモ子さんが召し上がらなかった分が、丹星くんのお食事になるんだそーです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

恒例の(笑)

年越しの準備の為に出掛ける先は、毎度お馴染み、水族館の側の商業施設でして。。。
いつもの年の瀬のとおり、一年最後の日は、水族館で遊ばせてもらってきました。

そして、個人的に魅力を感じる場面が、そこにありました♪

Yaitohata01 水槽の一つに、巨大なヤイトハタさん。

その胸びれの辺りにチョロチョロしている、ホンソメワケベラさん。

お掃除屋さんとして有名なホンソメワケベラさんが、目の前で営業中だったのです(笑)

 
Yaitohata02 そのうち、ホンソメワケベラさんが、ヤイトハタさんのお口の辺りをツンツンし始めました。

すると、ヤイトハタさんのお口が、ゆっくりと開き始めたのです。

すわっ!!

一番見たい場面が展開されるか!?

Yaitohata03 お口の中、お掃除入りま~す♪

相手の身体についた寄生虫や、口の中の食べかすなどを取ってくれるお掃除屋さん。

水族館の水槽の中で、お持ち込みの寄生虫が、お掃除屋さんのお腹を満たすほどいるのかどうか・・・。

それよりは、お口の中の食べかすの方がまだ、食べ応えがあるんじゃないかと・・・。

そして、大人しく口を開けて、お掃除してもらうヤイトハタさん♪

Yaitohata04  

・・・ってか!

ヤイトハタさんのお口、でかっ!

お掃除のしがいがありそうです(笑)

 

実のところ、この水槽には、ヤイトハタさんとホンソメワケベラさんの2尾しかいないのです。
つまり、こういう場面を、見せて貰いやすい環境になっているんですね。
もちろん、それがこの展示の狙いな訳ですから。

欲を言えば・・・
色々な種類のサカナが泳いでいる水槽の中で、こういう光景が繰り広げられている・・・んだと、もっとワクワクするんですが・・・♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

飛翔!

新年ですから!
縁起物で始めようと思います。

Ren05 クマタカ、錬!

大型猛禽であるクマタカが、鋭く、力強く、飛翔します。

羽ばたくときは大きく、速く・・・シャッタースピード1/500程度だと、翼がブレます。

  

Ren06 獲物を捕らえるのに使うのは、強靱な両脚。

台の上に置かれた、小さな肉片めがけて、脚がグンと伸ばされるとともに、両の翼と尾羽を一杯に広げて、急ブレーキを掛けます。

台は、固定されていないので、スタッフさんが押さえています(笑)

 
Ren07 上手く青空をバックに出来た写真・・・ピント甘いんですけどね(笑)

飛翔の時は、尾羽を閉じてます。
風をつかみ、滑るように飛びます。

 
 

Ren08 餌を取る瞬間を、別の角度から撮ってみました。

実は、指定観覧場所からは、錬が飛ぶ時間帯だと逆光になるんです。

位置取りが難しいのと、あまりおかしなトコロに陣取っても、錬の気を散らしかねないので、ちょっとしたジレンマです(笑)

Ren09 あ!!

勢い余ったようです。
台に脚をかけた衝撃で、上に載せたお肉が・・・下へ!

もちろん、この後自分で取りに下りました(笑)

 

Ren10 人工育雛個体は、ひっきりなしに鳴いているコトがありますが、巣立ち後しばらくの間を親に育てられた錬は、飛んでいる最中は声を出しません。

鳴きながら飛んでいたら、獲物に逃げられてしまうことを、しっかり親から教わっているのだと思われます。

そうして・・・フライトが終わって、スタッフの手に据えられたとたん、鳴き出します。もっと、餌寄越せ!コールです(笑)

昨年は、年明けからフライトが始まって、まだ慣れていなかったせいもあるのか、ちょくちょくコースアウトしたり、カラスにちょっかいを掛けられたりしていましたが。
今年は、すっかり落ち着いて、何よりカラスが全然寄ってきてませんでしたね。

年々、大きく立派になっていくんだね♪錬!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

明けましておめでとうございます!

Newyear2014

午年ということで、多摩動物公園のモウコノウマさんにご登場いただきました♪

今年は、良いことのたくさんある年でありますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »