« 低温注意報 | トップページ | 恋模様・・・? »

2014年1月22日 (水)

青いボビン

いよいよ男鹿♪
実は、昨年の3月にお邪魔しているのですが、ミルクの公開はまだ。
テレビのモニター越しに、元気そうな姿を、ちらりと見せて貰って・・・それ以来です。

Kurumi53 母クルミ、豪快なオモチャ回転投げ!

ラッコ姿勢を取りながら、オモチャを上へくるくると回すように投げては、落ちてくるのを受け止めます。

釧路時代からのクルミの得意技で、黄色いガス管や氷の塊なんぞでやっているのを、良く見ました。

 
Milk02 娘ミルクは、陸上で練習中・・・?

体躯に比して大きなオモチャは、なかなかくるりんと回ってくれませんが(笑)

ちゃんと母親を見て、真似て・・・・。
賢い子だわ♪

 
Milk03 男鹿では、多種多様なオモチャが与えられており、しかも午後の餌の時間を境にして種類が代わり、さらに日替わりです。

行った日の午前中は、青いボビンでした。

もちろん、ぶん投げるのにも使われる、青いボビン。

母譲りの見事な投擲です♪

Milk04 さらに、こうやって乗っかることも出来る優れたオモチャ。

・・・・余談ですが、自分たちくらいの世代だと、こういう写真見ると、ゾウを思い浮かべてしまいます・・・・(笑)

ミルクはまだ軽いので、丈夫なボビンはおろか、ポリタンの上にも乗れるんですね。

んで、このボビン、さらなる使い道が・・・・。

Milk05 踏み台~♪

男鹿の放飼場は、起伏が多く、写真のように岩を模した壁や、段差、さらに巨大な木材を四方に配してあります。

幼いミルクは、身軽で活動的。

だから、

Milk06 こんなトコロも、歩けちゃうのです!

見てる方は、ハラハラしますけどね(笑)

下りるときは、下を向いて、最後まで腰を残す格好で上肢を伸ばします。

その身体の柔らかさは、時々、軟体動物に見えないこともありません。

いずれにせよ、高所恐怖症では無さそうです(笑)

見ている間、全く、お昼寝している時間はありませんでした。
円山のララさん母子だと、そろってお昼寝している場面もあるのですが、こちらは、まるっきり電池が切れません(笑)

寝室に収容後、どうなっているのか・・・気になるところです♪

 

 

 

一人旅の鬼門・・・・それは、「温泉」

男鹿水族館は、秋田市街からはかなりの距離があります。

JRで約1時間、そこから路線バスで1時間弱。
その上、JRも路線バスも、決して本数が多いワケではないんです。

男鹿には2日間行こうと、決めていました。
1日だけでは絶対足りないと・・・分かっていましたから。

となると・・・秋田市街から各日帰り・・・では、効率が悪すぎるのです。
では、一番近い宿泊施設があるのはどこか?・・・と言えば、それが男鹿温泉なのです。

ネットで調べると、一人一泊では、該当するお宿がヒットしません。
・・・これ、二人一泊だと出てくるんですよねぇ。

そこらへんは、十二分に承知の上!
んで、助けていただいたのは、秋田へ着いたその日に伺った、観光案内なワケです。

男鹿の観光協会を紹介してもらい、そこで、一人でも泊めてくれるお宿を教えていただいて、その日のウチに予約を入れてありました。
水族館まで迎えに来ていただけると言うことで、タクシー代も浮きまして(笑)
・・・水族館の冬期営業時間だと、閉館してから最終のバスの時刻まで1時間近くあるのです・・・。

さらに、温泉ですから♪
もちろん、そこは十分堪能させていただきましたとも!

ただし・・・温泉宿・・・一泊二食付き・・・。
当然、市街地でビジネスホテルに泊まる料金の倍以上かかります。
まぁ、ここだけはしょうがないと・・・財布の紐をゆるめることにいたしました(笑)

|

« 低温注意報 | トップページ | 恋模様・・・? »

コメント

クルミさんも器用ですが、ミルクちゃんも
本当に器用ですね〜(*^_^*)
オモチャを替えたり工夫するから
お昼寝しない!ってことではないですよね。
寝室ではずーっと爆睡されているのかな‥

一人旅で温泉に泊まるのって難しいのね。
水族館からまでのお迎え〜嬉しいですね♪

投稿: わんこ | 2014年1月22日 (水) 22:03

見ていてまるきり飽きませんでしたね♪
まったくもって、良く動き回っていましたから、寝室へはいってから、バタンキューしているのかなぁ・・・でした(笑)
温泉は、ある意味、旅の楽しみでもあるのですが・・・特に女性一人だと、なかなか入れてくれないお宿が多いので苦労します。
殆どの場合、お気軽なビジネスホテルで済ませちゃうのですが、男鹿だけは・・・遠くて(笑)

投稿: Ray | 2014年1月24日 (金) 00:09

私も最初は一人で行けないものかと考えまして調べて絶句しました。水族館のそばには男鹿温泉郷があるだけでビジネスホテルはなし。私はレンタカーを操れる友を誘惑し飛行機→レンタカーで大森山ZOO→男鹿温泉郷→GAO→空港って感じで行くしかなかったです。(^◇^;)だからもう一度、ミルクに会いたくても無理でした。釧路で同じように遊ぶ姿が見れるか分かりませんが、釧路なら一人でも行けますから(^◇^;)

投稿: スヌーピー | 2014年1月31日 (金) 00:29

スヌーピーさん

かなりの時間のロスはありますが、秋田市街地に宿を取って男鹿まで通うことは可能です。
列車で、秋田から男鹿線で羽立まで行けば、バスもありますし、一人1,500円で二人以上か、一人3,000円で、タクシーが水族館まで運んでくれます。(料金は、今後値上がりの可能性あります(笑))
ただ、開館から閉館まで楽しもうとすると、難しいんですよねぇ。

投稿: Ray | 2014年2月 5日 (水) 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青いボビン:

« 低温注意報 | トップページ | 恋模様・・・? »