« 小劇場♪ | トップページ | 甘えんぼさん♪ »

2014年3月 7日 (金)

タンチョウの頂!

なかなかタイミングが合わないのです。
鳴き声は大きく、よく通るので、鳴き出せば直ぐに分かるのですが。
その時、ケージの側にいるとは限らないのです。

が、しかし、

Tancho10 丁度この時、オランウータン舎からシマフクロウ舎の横へ差し掛かったところで♪

望遠レンズを最大に伸ばして、咄嗟にシャッターを切ったので、一番大事なところにピントが合っていないのですが(笑)

タンチョウの鳴きかわしの様子が撮れました。

長い首を上げ下げする動作は、どうやら端折られたらしく、行きなりご覧の場面。

Tancho11 手前、右から左に進んでいるのが旦那様の丹星くん。

奥を左から右に進んでいるのが奥方のノモ子さんです。

タンチョウとは漢字で書くと「丹頂」

頭のてっぺんが丹色・・・つまり、赤という意味。

けれど・・・

Tancho12 その赤は、普段はあまり目立ちません。

一緒にタンチョウをご覧になっていたお客さんの中にも、赤が何処にあるのか分からない方が、結構いらっしゃいました。

この赤い部分は、羽毛ではなく皮膚が直に見えている部分。
怒ったり興奮したりすると、目立つんです。

だからといって、大声を出したり、金網を揺すったりするのはNGですね。

Tancho_o01 こちら、2年ほど前にお訪ねした時の大森山動物園のタンチョウさん。
もちろん、北海道留鳥群(と言うのか?)の個体ではありませんが、基本は同じ(笑)

何がお気に召さなかったのか、とてつもなくご機嫌斜めな状態で、ケージの中を忙しなく動き回っておられました。

ツルハシが飛び出してくるんじゃないかと、ちょっと案じながら、後頭部をパシャリ♪

タンチョウの頂がどうなっているのか、とてもよく分かりました。

|

« 小劇場♪ | トップページ | 甘えんぼさん♪ »

コメント

私も丹星くんとノモ子さんの鳴き交わしは
見たことあります。
とても優雅で感動しました。
この頂が羽毛じゃないことを数年前に知りました。
旭山では大森山さんの丹頂さんまで赤みが
広がったのを見たことがありません。
見れないのは2羽が温和と言うことかしら。(^_^)

投稿: わんこ | 2014年3月 8日 (土) 11:37

タンチョウの雌雄の鳴き交わしは、本当にキレイですよね。
タンチョウ舎から離れたところで声を聞いて、悔しい思いをしたことが多いです(笑)
大森山のタンチョウさんは、大陸産のハズなので、もしかすると、北海道産より頭部の赤色が大きいかも知れません。
或いは・・・後頭部が薄くなってきているご年齢だったりして(笑)

投稿: Ray | 2014年3月10日 (月) 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タンチョウの頂!:

« 小劇場♪ | トップページ | 甘えんぼさん♪ »