« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月25日 (土)

お久しぶりとはじめまして2

続きです。

なにせ、昨年栄栄がデビューしたころは、入退院を繰り返していた辺りで、一番あどけないところは逃しているような・・・・。

だから、気になって、翌日も覗いてみました。

Lesser99こちら、ご両親。

向かって右が、父のノノくん。

左が、母の栃さん。

この二人の間に、この夏誕生した・・・・・、



Lesser100
二女♪

表情が真剣です。

なにせ、放飼場に出る練習を始めてから2日目。

さらに、母栃さんは名うての放任主義者(笑)
子供が通れるか、飛び越えられるか・・・・なんてことは全然配慮してくれません。

Lesser101こんな幼い時期に、母親とはぐれたら・・・・野生では大変ですものね。

母のあとを追うのに、必死の形相にもなりますわ。

それでも、かなり慣れたようで・・・・好奇心の強さと体力は母譲りらしい・・・アクリル越しの客に怯えることもなく、結構な冒険をしていました。

Lesser102丸太を並べただけの階段も降りられます。

大人たちのように、ひょいひょいとは行きませんが・・・・。

 

 

Lesser103まだ、体形が短くて丸くて、あたまでっかちなので・・・・、

着地で、潰れるんです(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お久しぶりと初めまして1

そろそろかなぁ?と思いつつ、覗き込んだのは。

Lesser95レッサーパンダ舎。

 

栃さんではありませんか!?

昨年に引き続き、今年の7月末に出産。

ずっと子育てのため、育休中(笑)

放飼場には出ていませんでした。

その栃さんが出てらっしゃるということは・・・?

Lesser96久しぶりのお外で、やたらと身体を掻いてらした栃さん。

ずっと、室内でしたものね。

日光消毒してください♪

それで、それで、ですね。

栃さん。

今年お産みになった、お子さんは・・・?

Lesser97
残念ながら・・・・自分がレッサーパンダ舎にいた間には、

今年のおちびさんに、この日は会うことが出来ませんでした。

んで、代理(笑)

昨年生まれの栄栄です。

Lesser98群れで生活する生き物ではないので、あまり意味はないと思われますが、お姉ちゃんになりました♪

でも、その看板に悪戯してはいけませんよ!

 
赤ちゃんを放飼場に慣らすために、寝室の出入りを自由にしていた結果、たまに、揃いも揃って寝に入ってしまうことが懸念されたようでした(笑)

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

いつの間にか。

すっかり大きくなりましたね。

Otaria113釧路のオタリアは、メスが3頭。

左が最年長のシンコさん。

右は、最年少のうるるちゃん。

2頭でお昼寝中。

真ん中のバイオさんは、このときまだプールの中。

九州へ行ったシンコさん娘の冬花ちゃんと同じくらいの年ごろで釧路へ来たうるるは、最初から、シンコさんと疑似母子状態で。

Otaria114餌の時間は結構シビアでしたけど(笑)

ついでに、シンコさんがうるるちゃんを枕にすることはあっても、逆の状態はほとんどなかったように記憶しています。

いつの間にか、体もすっかり大きくなったうるるちゃん。

シンコさんを枕にしているではありませんか(笑)

 

Otaria115 

シンコさんも、以前のように文句言ってないし(笑)

口を開けてるのは、多分あくび♪

怒るときは、もっと首が後ろへ反って、うるるへ向かいます。
声も出ます。

なんだか、枕にしていると言うより、甘えんぼさんみたいですね。

シンコさんにすりすりしているうるるちゃんの表情が、すごく幸せそうに見えるんです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

お疲れさまでした

Kumazou129月に入ってから・・・・。

普段なら午前中はメスのとんこさん、午後からはオスのくまぞうさんというシフトのはずが、午後から行ってもとんこさんが放飼場に出ていて・・・・。

具合が悪いらしいと・・・うわさには聞いていました。

お年がお年でしたから。

そう遠くない内に、お別れの日が来るだろうことは、想像に難くなかったのです。

Kumazou13旭山にちょくちょく行くようになって間もないころのくまぞうさん。

春先にはとんこさんとの同居があって・・・何度か空振りしたものの。

微笑ましくも貴重なヒグマの子育てを見せてもらうことが出来ました。

とんこさんをお母さんにしてくれて、ありがとう。

雪は残念ながら早逝しましたが、大が、くまぞうさんの血を後世まで繋げてくれることを願っています。

Kumazou14
道外からと思しき来園者が、とんこさんを見てヒグマの大きさに驚いてらっしゃる隣で、午後から出てくるくまぞうさんは、もっとでかいよ・・・・と、何度か内心でつぶやいていました。

最近は、頭が重たそうで、うつむき加減の上、動きもゆっくりでしたけれど、オスのヒグマの重厚さは十分で、圧倒的な存在感でした。

Kumazou15
最後にお目にかかったのは9月の中旬。

お天気の良い日で、黒味が強いくまぞうさんの体色だと、写真が難しかったです。

この特徴的なクセっ毛も、もう見られないのですね。

寂しいな・・・。

くまぞうさん、長い間、本当にありがとう。

ゆっくり休んでください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

やっぱりぃ!

入ってましたね(笑)

Zenigata37春の連休に行ったときの釧路。

アザラシプールの1頭、ご覧のとおりのお腹をしてました。

釧路のアザラシの中では最高齢のメス、アラレさんです。

春先に出産シーズンを迎えるゴマフアザラシとはちょっとずれて、ゼニガタアザラシのシーズンは5月くらいです。

入ってるよね。
入ってるっしょ?

・・・・でも、お知らせがさっぱり聞こえてこないばかりか、7月に行ったときには、アラレさん…体調を崩されてたようで、予備プールで治療中。

しかし・・・!

今月、アザラシの予備プールに・・・・♪

Zenigata38幼いゼニガタアザラシの姿が!

女の子です。

お名前は、ミゾレちゃん♪

まだちいちゃいので、大人の群れに仲間入りするまでもうちょっとかかるようです。

ただ残念なことに、今までお知らせが無かったということは、つまり・・・人工保育になっちゃっていたんですね。

アラレさん、生年月日がはっきりしていますので、釧路か他園で生まれた個体であろかと推察するのですが、ご本人がどんな育ち方をしているのかわからないので、何ともコメントできないわけで。。。まぁ、野生保護の個体でも、子供育てない場合もあるからなぁ。

Zenigata39
ミゾレちゃん。

父親はセイッチくんですから、上野へ行ったハンナちゃんの異母妹ということになりますね。

シャイなコで、なかなか目線をもらえませんでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

地味~に目立つ

アンデスコンドルのジャックさん。

Condor04
円山のウルスラさんが亡くなって、コンドルを道内で見られるのは帯広だけとなりました。





Condor05こちら、奥方のジェーンさん。

お二方とも、かなりのご高齢。

 

 

割と地味なイメージがある帯広ですが、道内ではここでしか見られない動物として、なによりかにより、ゾウがいます。

Nana12
アジアゾウのナナさん。

 

先日、ボスくんが亡くなるまでは、フタコブラクダもここでしか見られませんでした。

なんだかんだと言いつつ、キリンやシロフクロウは繁殖させてるし、ビーバーやラマの嫁が来てるわで、これからの楽しみも多い動物園なのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

よっこいしょ(笑)

ぱくぱくタイムがあったのです。

大好きなリンゴ、担当さん、集まってきたお客さん。

三拍子そろったので、リンゴがもらえる場所まで、最短距離。

Lesser90
隙間から・・・・・






Lesser91
よっこいしょ♪

う~ん・・・・



Lesser92
頭が通れば、あとは大丈夫♪

レッサーパンダのメイメイくん。

 

Lesser93
あら、おやつの時間ね?

カエデの木から降りてきたコウアイちゃん。

 

Lesser94
あ、コウアイちゃん、ズルい!

と、書いてありそうな、メイメイの顔(笑)

コウアイちゃんの方が手前に乗り出してくるので、小さなお子さんは、上げやすいのかもしれません。

メイメイくん、食べるのは早いんだけどねぇ(笑)

レッサーパンダのぱくぱくタイムは、お客さんが餌をあげられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

忙しい!忙しい!

この時期、たいそう忙しいのは、冬支度のためです。

冬眠しないエゾリスは、食べ物をあちらこちらに貯めて隠しておくのに、大忙しなのです。

Ezorisu_w04
朝の帯広動物園では、野生のエゾリスが駆け回っているのを見ることが出来ます。



 

Ezorisu_w05
こちらではオンコ(イチイ)の身をもぐもぐ。






Ezorisu_w06こちらでは、カラマツの球果かな?

くわえて、走って、土を掘って・・・埋めて隠します。





Ezorisu_w07背後で、ドタンと音がしたから振り向いたら、どうやらチョウセンゴヨウの松ぼっくりが落ちたらしく。

握り拳をゆうに超える大きさの松ぼっくりですから、頭上に落ちたら無事では済まんな・・・とか考えていましたら、犯人がどうやらこちら(笑)

松の実は、中華料理などによく使われるアレですから、栄養満点です。

貯食用というより、今現在体に脂肪をつけるためでしょうか。

園内にこういう樹木を植えてあったりするせいもあるのかもしれませんが。

朝、入園して1時間ほどの間に、4~5匹は見られました。

同じ個体かどうかは・・・・さすがに、判別付きません(笑)

みな一様に、忙しそうに走り回っていました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »