« 会いたかったのは。 | トップページ | 小競り合い »

2014年12月28日 (日)

もたもたしている間に・・・

年が変わってしまいそうでして・・・。

Giraffe_h08東山のアミメキリンの若夫婦。

いや、だって、この時はまだ、お姑さんがご健在(笑)

左がダンナ様のトリノくん。右が奥様のマオちゃん。

実は、双方ともに、旭山の個体と血縁があります。

トリノくんはマリモの腹違いの弟、マオちゃんはゲンキの母上の妹になります。

アミメキリンの雌雄は、自分の見た個体が少ないせいもあるかもしれませんが・・・・割とオスの方が濃い色合いをしていることが多い気がするのですが、トリノくんは色白美人の母親譲りで、パッと見、マオちゃんより白っぽく感じます。

Giraffe_h09たいそう、仲の良いペアです。

放飼場の餌籠から草を食べる時も、仲よく一緒にもぐもぐ。

割と、オスがメスを押しのけたりメスの採餌を邪魔したりする行動を見たり聞いたりしていたのですが、見ている限りトリノくんは、まったくそのような行動がありませんでした。

飼育さんにお尋ねしても、トリノくんがマオちゃんを押しのけたりする行動は見られないとのことです。

Giraffe_h10木の枝を食べる時も、一緒にもぐもぐ。

トリノくんは、母オグラさんのほか、ハルエさん、ピースさん、サフィアさんといったメスたちに囲まれて、さらに5歳まで、父スティービーさんと共に過ごし・・・・本来のキリンの群れに近い状態で大きくなったコです。

それが、メスに対して示威行動をとらない個体に育っている原因の一つではないかと推察します。

昨年、メイちゃんという長女を設けていますが、残念ながら、お祖母さまの実家へお嫁に行ってしまった後。

Giraffe_h11そのオグラさんは、お伺いしたときはまだお元気でいらしたのに・・・・。

先日、訃報が届いてしまいました。

今は、トリノくんとマオちゃんの二人っきりになっているのですね。

自分が知る限り、多い時で8頭のキリンがいた時期もありました。

トリノくん、さぞかし寂しいだろうなぁ。

Giraffe_h12でも、

きっと、

そう遠くない内に・・・・・

家族が増えるんじゃないかなぁ?

ねぇ、マオちゃん♪

 

 

 

 

あえて、余計なことは書きません。今はね。

でも、傷口はふさがるどころか、まだ血を流しています。

7月16日以降、涙ぐみさえしなかった日は、一日たりともありません。

東山のキリン舎の前で、ぽろぽろぽろぽろ、涙がこぼれました。

トリノくんが・・・さすがに驚いたんでしょうか、足を止めましたよ。

こちらをじっと見たままで。

キリンは、目が良いですからね。

いまだかつて・・・・キリンを見て歓声を上げるお子様たちはたくさんいらしたでしょうが、無言で泣き出す客ってのは、お初だったよねぇ、多分。

そんなわけで、なかなか書き辛かったんです。今回は。

|

« 会いたかったのは。 | トップページ | 小競り合い »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もたもたしている間に・・・:

« 会いたかったのは。 | トップページ | 小競り合い »