« イルカの親子 | トップページ | 避けては通れない »

2014年12月14日 (日)

まだまだいるよ♪

名古屋港水族館は、紹介したいコたちがたくさんいるので困りものです。

Kammer12まずはこちら。

カマイルカのテトラさんとアイちゃん。

カマイルカは北海道でも飼育している施設があります。

近海でみられる種でもあります。

この二人が見せてくれる、見事なパフォーマンスは・・・。

Kammer13
尾びれだけで体を浮かせて進む、バックダンス。

向こう側からは、バンドウイルカがこちらへ向かってきています。

カマイルカのすごいところは、ここから。

Kammer14身体の向きを変え、進行方向が変わります。

今度は前進です。

テイルウォークで良かったんだっけな?

この間、身体が沈まないんですね。

身体を浮かせたまま、向きを変えて進んでいくのです。

バンドウイルカより少し小柄ですが、泳ぐスピードは勝るとも劣らない、強靭な尾びれと、身の軽さがなせる業です。

Beluga21最後の鯨類は、ベルーガ♪

別名シロイルカ。

こちら、ターニャさん。

唯一のオスの成獣であるホドイさんと、メインプールで一緒でした。

娘のナナちゃんも大きくなったので、そろそろ次の繁殖かしらん?

お陰で、グレイさんとミライくん、そしとナナちゃんがサブプール・・・ほとんど、お顔見せてもらえなかったです。。。。

Beluga22ターニャさんの、ジャンプ!

ベルーガのジャンプは、伸びあがるのが精いっぱい。

ほかのイルカのように、水面から飛び上がることはできません。

その代り、首が動いたり、水を吹きだしたりと、ほかのイルカには無い特徴があります。

さて、名古屋港水族館に行ったら、何が何でもここは行っとけ・・・と言う場所があります(笑)

南館のペンギンたちです。

Penguins07極地ペンギンがいるんですね♪

ペンギンの種類は数あれど、南極大陸に生息しているのは、この2種類だけです。

エンペラーペンギンとアデリーペンギン。

ここは完全室内飼育で、季節の移ろいも南半球仕様です。

ちょうどこの時期、南半球は夏に向かう時期。
抱卵している個体もいたようでした。ジェンツーやアデリーは、先日、公式サイトの方で、孵化のお知らせがありましたね。

Emperor03キングペンギンと混同されることの多いエンペラーですが、大きさはもとより、色合いも違います。

エンペラーは世界でも飼育されている場所が少なく、そのうち2か所が日本にあります。

ここと、和歌山県のアドベンチャーワールドです。

北海道からだと、どうしたって名古屋の方が行きやすいので、こちらへ来ると、必ず会いに行くのです。
名古屋港にはヒゲペンギンもいますしね!

・・・結局、3回シリーズになってしまった(笑)急ぎ足で回っても、これなんだもんなぁ。

ほかにも、テッポウエビと、なんとかハゼさんの共生展示とか、おもしろいものがたくさんあったのですが、それはいずれ・・・・。

そろそろ次へ移動します♪

|

« イルカの親子 | トップページ | 避けては通れない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだいるよ♪:

« イルカの親子 | トップページ | 避けては通れない »