« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月25日 (土)

やるときゃ、やるコ!

おめでた・・・のお知らせを聞いてから4か月。

そろそろだよなぁ。
まだかなぁ。

途中で、悲しいお知らせもあったりして・・・・やきもきしつつ・・・。

ようやく、嬉しいお知らせが届きましたね。

Gomahu61
2009年の春。

旭山から峠越えで3時間の距離に居た頃。

なかなか行けなくて…ホワイトコートの写真がありません。

後に、こまちと名付けられたゴマフアザラシの女の子。

母カムイが子育てをしてくれず、人工哺育となってしまったこまちは、そのためもあるのか?本来の性格なのか?

幼いころから愛嬌たっぷりの姿を見せてくれました。

Gomahu62男鹿をお訪ねした時も、ガラスまで寄ってきて、遊んでくれましたっけ。

人に育てられた個体は、往々にして「○○もどき」に育ってしまうことがあります。

己を人だと思ってしまったり、人を相手に繁殖行動をとってしまったり、交尾のしかたが分からなかったり、そして、子育てが出来なかったり・・・・。

オスのアザラシは・・・人工哺育で育っても、ちゃんとメスを相手に交尾が出来るのは、ウイさんのこともあって、分かっていました。

しかしてメスは?ちゃんと、母親として子供を育ててくれるのか?

それが、一番の不安でした。

先日、男鹿から届いた吉報に、ほっとしたところ。

そういえば・・・、

こまちが男鹿へ嫁に行ったのは2012年の秋。

その年の春、あざらし館では、こんな光景があったのでした。

Gomahu63
母カムイが、このときだけは自分で育ててくれた男の子。

今は豊橋へ行った、茶々丸くん。

白い毛をまとった、赤ちゃん。
授乳する母親。

旭山では、出産を控えたアザラシを隔離しませんので、あざらし館で営まれていたこの光景を、こまちはしっかりと見ていたはずです。

もしかすると・・・・そんなことも、プラスに働いたのかもしれない・・・・なんて、考えると。

母カムイも、こまちが母親になるために、ちゃんと一役買っていたのかと・・・・。

もしかすると・・・というハナシですが♪

「こまちは、やるときゃ、やるコ!」

こまちの妊娠を聞き伝えた時に、こまちを育てたSさんから返ってきた言葉です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

純粋な好奇心

ですよ・・と胸を張るには、若干、不純さが混じっていたのは否めません(笑)

でも。。。。

めったに拝めない場面なんです。

Tancho30タンチョウ舎の下で、グルルッグルルッとタンチョウが低く鳴く声を聴いたので、すわ、鳴き交わしが始まるか!?とばかりに足を速めて行ってみると。

・・・・・こんなカッコ・・・・

これはもう、失礼を承知でカメラを構え、ファインダー越しに目を皿のようにするしか・・・・無いではないですか。

Tancho31前方で翼を広げているのが、メスのノモ子さん。

その後ろにいるのがオスの丹星くん。

とくれば。

ノモ子さんの、交尾OK!のサインなわけでして♪

いざ、丹星くん。Tancho32


姿勢を低くしたノモ子さんの背に、飛び乗ります。

これほど足の長い鳥の交尾です。

さぞ難しいだろうと、思うわけでして。

実際にはどのように行われるのか、そこはそれ、生物学的な興味も、確かにあったりするわけですが・・・・。

いささか気が咎めるのは仕方がありません(笑)

Tancho33本当にうまくバランスを取らないとならないのです。

つかむ・・・ということのできない構造になっているという、タンチョウの足。

自分より小柄なメスの背中。

Tancho34・・・・・残念ながら、この時はうまくいきませんでした・・・・・。

ノモ子さんが前傾しすぎたのか?

丹星くんの勢いが良すぎたのか?

はたまた。

お邪魔虫のことが気になったのなら・・・・。ごめんね。。。

今が真っ盛りの、タンチョウの繁殖期。

承知はしていても、広い動物園、必ずしもこのタイミングで、タンチョウ舎の近くにいられるとは限らないわけで。

こんな機会は、もうきっと無いだろうなぁ。

まぁ、なんだ。

間もなく閉園期間に入るし。

そうすれば、余計な視線は気にしないでいられるよね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

初めまして♪

朝一でもうじゅう館へ向かいました。

遠目に、すこし小柄なトラの姿が見えたので、あ、今日はのんちゃんの展示の日だったか(キリルとのんは日替わり交代)と思いつつ、声をかけながら近づいていきました。

でも、ガン無視・・・・。

あれれぇと覗き込んだら、

Zaria01
違う・・・・、のんちゃんじゃない!

このコ・・・・ザリアちゃんだ!

アメリカの動物園からきて、環境に慣れず、ずっと屋外展示できてなかったお嬢さん。

気が付いて、ザリア、と声をかけたら、反応しました。

Zaria02
まだ若いせいでしょうか。

走ると、付いてきます。

このコ、もう少し慣れたら、遊んでくれるかもしれません。

どうやら、本日が初屋外展示場。

ゆえに。。。

Zaria03
避けては通れない、お隣さんとの顔合わせ。

ライラさん、いきなり威嚇。

なだめているように見えるレイラさん。

寝室内では、声やにおいで存在は分かっていたでしょうが、姿を見るのは多分初めて。

Zaria04レイラさんも、若いお嬢さんに興味津々。

ザリアちゃん、警戒気味ですが、さほど怯えている様子はありません。

好奇心の方が上です。

間に挟まる格子の意味を分かっているようです。

Zaria05
夕方には、まったりとした様子だったザリアちゃんです。

初めての放飼場で、いろいろ緊張したかもしれませんね。

この後、ちゃんと寝室に入ってくれたでしょうか?

外泊していない保証は・・・・ありません(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »