« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月13日 (水)

男として♪

やきもきしながら、見守ってきたということも、あるのです。

偉大な父が老い、その座を襲ってからも長らく、その空回りっぷりを嘆きつつ、それでも。

イイ男になれよ・・・と。

Ezoshika219雪が、ぼさぼさと降っていたので、写真はダメダメなのですが。

でも、シャッターを切っておきたかったのです。

一昨年生まれの息子、ぺろんちょ君に、胸ならぬ角を貸す、父マカロニの姿を!

さぁ、こい!とばかりに、低い位置で待ち受け。

Ezoshika220息子の・・・まだ、ゴンボ・・・角を軽く受け止め。

押し返し、あるいは流すように、頭を振るマカロニ。

若さをもてあまし、振る舞いも荒々しく、それゆえにメスたちには避けられ気味だったマカロニ。

唯一、優しく接してくれた母を、秋口に失って・・・。

今は、息子に対して、先輩のオスとして接するまでに成長してくれました。

Ezoshika221深々と降る雪の中。

時折、角をぶつけ合う、カツンッ、カツンッ、という音が響いていました。

ようやく・・・大角オスとして、余裕をもって、若いオスに接するまでに、成長してくれたかと・・・・。

・・・・ちょっと、感動・・・・♪

でも、まぁ・・・。
年も明けて、一番荒々しい時期は過ぎた頃合いでもあるし。

秋口は、ぺろんちょも、父さんを避けまくっていたから(笑)

動物園という限られた場所で生きる者たちであれば、色々とあるのは分かるのだけれど、とりあえず、事故るのだけは、勘弁しておくれよ。

マカロニ父さん♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

年明け恒例の

おめでたいネタで♪

Kumataka38
釧路市動物園のクマタカ 、錬!

 

クリスマスに行けなかったので、11月に、運よく見せてもらえた練習風景から。

練習中だったので、このときまだ、ロスト防止のひも付きです(笑)

Kumataka39ラスト1~2回は、ひもなしのフリーでした。 

この時期は営業していない遊園地の遊具の上から。

高いところからは、さほど羽ばたかずに、グライダーのように飛んできます。

いつみても、猛禽類の表情は、精悍でカッコイイ!

微妙なカーブを描く、風切り羽も、たいそう美しいです。

Kumataka40そして、獲物に襲い掛かる、強靭な両の脚。鋭い爪。

扇形に広がって、ブレーキをかける尾羽。

翼の内側の縞模様も。

何もかもが魅力的です。

 

Kumataka41そして、練習終了。

手に据えられたとたん、餌鳴きが始まるので、きりりと口を閉じている写真が、あまりありません(笑)

飛んでいるときは、鳴かないんですけどねぇ。

年ごとに、目の色が明るくなってきて、立派なクマタカに成長している証です。

今は亡きシラヌカ母さん、貴女が遺した最後のコです。
これからも、成長を見守ってあげてください。

そして、錬の兄であるスカイが、立派な父親となれますように♪

 

さて、本年は大盤振る舞い(笑)

Ootaka05
こちら、オオタカです。

野生個体?

・・・では、ありません。

脚からぶら下がる皮ひもが見えてます(笑)

旭山動物園で、しばらくぶりにワシタカのフライトガイドが、行われています。

Ootaka06身体に比して、翼がとても長いです。

釧路のクマタカは、障害物の無いところを飛ばしていますが、旭山では、周囲に樹木がある場所でのフライトです。

クマタカも、オオタカも、森林性の猛禽ですから、スピードも、操舵性にも優れている種類です。

 
Ootaka07枝などの障害物の隙間を縫って、小鳥などの獲物を追います。

すり抜ける際には、素早く翼を畳みます。

ピンが甘いですが、ご容赦を。

ターゲットが小柄なので、頑張っても、まだこんな程度。

Ootaka08そして、着地。

獲物(餌)を狙っていないので、足は伸ばされていませんが、尾羽を広げてブレーキをかけるところは、クマタカと同じです。

釧路では、笛を合図に使っていますが、旭山では、餌をセットするや否や飛んでくるので、なかなかタイミングが合わせられずにいます。

小柄だわ、スピードは速いわ・・・で、写真が難しいですね。

幸い、この冬は結構頻繁にガイドをやっていただけそうなので、もう少し精進することにします。

年明け恒例の縁起物で、皆様にも、良い年でありますように♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

明けましておめでとうございます♪

Nenga2016


今年もよろしくお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »