おびひろ動物園

2016年5月 8日 (日)

うわさの彼女

Peacock15

メスなのに、飾り羽が生えてきてしまったという・・・うわさのクジャクのおかあさん。

Peacock16
オスの長さには及ばないにせよ、ちゃんと目玉模様のついた上尾筒が。

そういえば、かつて同じキジの仲間のサンケイが、オス化していたネタが、円山さんでありましたっけね。5年ほど前、熱帯鳥類館でキジの仲間を飼育していたころの話です。


http://sapporo.100miles.jp/zoozakki/2011/11/11

キジの仲間のメスは、高齢になってくるとホルモンのバランスやら何やらで、オスのような羽根になってくると、どっかで聞いたような・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

成長の差

Yuuhi02釧路のライオンは全部で3頭

両親と、その息子です。

こちら、2歳になるゆうひ

え…本日現在お誕生日を過ぎていますが、写真撮ったのは、まだお誕生日前なのです♪

現在は、ご両親と離れて、一人暮らし。

Yuuhi03もう、この年になれば、いくら子煩悩な父でも、一緒にいることは許してくれないよねぇ。

たてがみも、だいぶ大人に近づいてきています。

奥行きの取れない獣舎で、格子の方に出てきてしまうので・・・・(笑)

なかなかうまいこと、写真が撮れないのですが・・・。

Akira91父、アキラ。

旭山で生まれ、今年の秋には9歳になるんだったか・・・?

両親の愛情をたっぷりと注がれて育ちました。

その父、ライラ陛下のイケメンっぷりをそっくりそのまま受け継いでいる端正な顔立ちです。

奥方に頭が上がらないところも、そのまんま受け継いできています(笑)

Akira92アキラが2歳の頃です。

一人っ子で甘やかされてそだったせいか。

同じ年頃のゆうひと比べると、まだタテガミが目立たない感じでしょうか。

さて、ゆうひの双子の兄弟、アキラのもう一人の息子であるやまとは、今現在帯広にいます。

Yamato05まだ・・・本来親の庇護下にあるべき年で、一人帯広に移動してきたやまとは、すでにタテガミの色が濃くなり始めています。

もともと父、アキラに似ていると言われていた面立ちは、さらに凛々しく、いい男に育っていました。

ただし。。。

人が、遊ぼう!と声をかける前に、檻越しに飛びついてくるのは、どうなの(笑)

てか、顔を満足に覚えてもらえるほど頻繁に会っちゃいないっしょ。

遊んでくれる人間を、嗅ぎ分けてますか(笑)

父や母、兄弟と、十分に遊び尽せなかった彼にとって、遊び相手は人間。

ライオンとして、すこしいびつに育っている感じは否めません。

おびひろさんの獣舎だと、繁殖はさせてもらえそうにないし、この先、繁殖制限かけたうえでメスとの同居とかあるかどうかも分からないけど。

もし、そういう機会があるとして・・・うまくお相手と付き合っていけるのか・・・・。

ちょっと、心配してしまっているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

地味~に目立つ

アンデスコンドルのジャックさん。

Condor04
円山のウルスラさんが亡くなって、コンドルを道内で見られるのは帯広だけとなりました。





Condor05こちら、奥方のジェーンさん。

お二方とも、かなりのご高齢。

 

 

割と地味なイメージがある帯広ですが、道内ではここでしか見られない動物として、なによりかにより、ゾウがいます。

Nana12
アジアゾウのナナさん。

 

先日、ボスくんが亡くなるまでは、フタコブラクダもここでしか見られませんでした。

なんだかんだと言いつつ、キリンやシロフクロウは繁殖させてるし、ビーバーやラマの嫁が来てるわで、これからの楽しみも多い動物園なのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

忙しい!忙しい!

この時期、たいそう忙しいのは、冬支度のためです。

冬眠しないエゾリスは、食べ物をあちらこちらに貯めて隠しておくのに、大忙しなのです。

Ezorisu_w04
朝の帯広動物園では、野生のエゾリスが駆け回っているのを見ることが出来ます。



 

Ezorisu_w05
こちらではオンコ(イチイ)の身をもぐもぐ。






Ezorisu_w06こちらでは、カラマツの球果かな?

くわえて、走って、土を掘って・・・埋めて隠します。





Ezorisu_w07背後で、ドタンと音がしたから振り向いたら、どうやらチョウセンゴヨウの松ぼっくりが落ちたらしく。

握り拳をゆうに超える大きさの松ぼっくりですから、頭上に落ちたら無事では済まんな・・・とか考えていましたら、犯人がどうやらこちら(笑)

松の実は、中華料理などによく使われるアレですから、栄養満点です。

貯食用というより、今現在体に脂肪をつけるためでしょうか。

園内にこういう樹木を植えてあったりするせいもあるのかもしれませんが。

朝、入園して1時間ほどの間に、4~5匹は見られました。

同じ個体かどうかは・・・・さすがに、判別付きません(笑)

みな一様に、忙しそうに走り回っていました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

例に漏れず(笑)

円山で生まれたホッキョクグマ、女の子のアイラちゃん♪

Polabear31 ポリタン、大好き!

ホッキョクグマは、基本、とても遊び好きですよね。

ブイやポリタン、ガス管など、持ち上げてぶん投げてみたり。

プールに放り投げて、その後で自らも飛び込んでみたり。

 
Polabear32 そして、相変わらずの心臓マッサージ(笑)

これやるクマさんも、多いですよね♪

アイラちゃん・・・お隣のイコロ兄ちゃんも・・・ちょいミドリグマ(笑)

今年は、本当にヘンな時期まで暑かったですから。

 
Polabear33 お兄ちゃま~~♪

ご機嫌いかが~~?

時々お隣を覗き込むアイラちゃん。

隙間がこれだけしかないので、互いに互いがどう反応しているのか分かりづらいのですが。

ん~~。
実の兄妹だからね。将来、一緒にしてあげられるわけでもないしね。

この後のホッキョクグマの繁殖計画が、どうなっているやら。。。。
まぁ、外野がわいわい言うことでもないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

1人でも平気♪

もう間もなく5ヶ月になるんだったけか?
Giraffe25

おびひろのアミメキリンの男の子、スカイ坊っちゃん♪

もう、リボン母さんの後を付いて歩いてはいなくて、1人でのんびり日向ぼっこ。

この日は帯広も暖かかったね。

 
Giraffe26 リボン母さんも、1人でのんびりとなさっていました。

スカイくん、お座りキリンなのね。

キリンは基本、寝るときも立ったまま。
でも、動物園のように天敵がいない安全な場所で生まれ育ったせいでしょうか、お座りするコが時々いますね。

まぁ、スカイくんはまだ小ちゃいせいもあるのかな?

Giraffe27 ムサシ父さん。

食欲の秋です(笑)

ずっと枝を囓っていましたね。

何処ぞの・・・今は亡き子煩悩な父キリンを知っているだけに・・・・(笑)
もちっと我が子を構ってやって欲しいかもしれない。
だって、男の子だもの♪
父さんを見て、父さんに挑戦して、逞しくなっていく子だもの。
・・・・って、そんなに大きくなる前に、どこかへお婿入りしちゃうんでしょうけれど・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月31日 (火)

初めまして♪

おびひろさんへ行ったら、こちらをご紹介せねばなりませんよね♪
Giraffe24

ゴールデンウィークにお伺いしたとき、リボンちゃんのお腹がぽんぽこりんになっていました(笑)

そうして、ほどなく、お誕生のお知らせがとどいたのがこちら。

先日お名前も付きました。
アミメキリンの男の子、スカイくんです♪

Giraffes55 リボン母さん、初めての我が子が可愛くてならない・・・と言う表情。

赤ちゃんはそれだけで可愛らしい存在なのですが、それ以上に、母と子のこういう様子は、見ていて本当に和みます♪

 

Giraffes56 キリンのスポットガイドで、葉っぱ付きの枝がセットされました。

お父さんのムサシくん。
枝の上の方の葉っぱをムシャムシャ。

少し小柄なリボンちゃんは、中間の枝から。

かつては、食いしん坊のムサシくんに独り占めされていたらしいですが、母となったリボンちゃんは、少し強くなったそうです♪

Giraffes57

・・・・・・・

下の方の枝は・・・・

同じ放飼場にいる、チャップマンシマウマのシャンティさんがムシャムシャ(笑)

ムサシくん、なんか一言言いたそうですが、シャンティさんには・・・シマウマだけに・・・・馬耳東風。

 
 

 

Giraffes58

スカイくんが、ママのお尻にスリスリ。

赤ちゃんが親に甘える仕草も良いなぁ♪

おっぱいのおねだりかと思いきや・・・・。

 

 
 
Giraffes59 首を伸ばして、木の枝をモグモグモグ。

生まれてもう2ヶ月近いのですものね。
パパやママと同じモノを食べられます。

でも・・・・殆ど、粗方・・・食べられちゃってるね(笑)

そんな息子を見つめる母の眼差しも優しげで・・・・♪

・・・・何れ、どこかにお引っ越ししてしまうのでしょうけれど、1年くらいは、その成長ぶりを楽しませてもらえるハズ。

このまま、元気に大きくなりますように。
お父さんと同じくらい大きく立派なキリンに育ちますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

見守る♪

さて、釧路へ車で行くときは、帰りには・・・半日くらいですが・・・帯広に寄ります。

先日お訪ねいたしますと・・・♪

Flamingo21 フラミンゴのオチビさんがいらっしゃいました♪

もう、足もだいぶしっかりしているようで、プールの中央部に設えられた巣があるエリアから、ココまでお散歩です。

そして・・・・
見守るのはご両親。

 

Flamingo22 チビさんが、ちょこちょこと動き回るその後を、お二人でピッタンコ。

ストーカーでしょうか(笑)いえいえ!これぞ、親の愛情です!!

 

 

Flamingo23 まだ、嘴は真っ直ぐです。

親鳥がヒナに与えるフラミンゴミルクを受け取りやすいようになっているのだそうです。

このまま大きくなれば良いのに・・・なんて思ったりするくらい、愛らしいのですが(笑)
もちろん、フラミンゴの曲がった嘴は、自分でエサを取るようになれば、それが必要で最適な形状な訳ですね。

Flamingo24

とは言え・・・・、

チビにつきまとう(笑)ご両親の様子は、なんとも微笑ましく、暖かい気持になります。

ご両親の見守る中で、立派に大きくなりますように♪

 

さて、はるばる冒険旅行に出てしまったらしい、どっかのフラミンゴさん(笑)
早く帰っておいで♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

人気者誕生♪

釧路からの帰り、ちょっとだけおびひろさんにお邪魔しました。

そこで・・・。
Miniaturehorse01 ミニチュアホースに、赤ちゃんが誕生していました。

パパはポーリーくん。ママはモコさん。

そもそもミニチュアホースそのものが、たいそう小型の馬なのです。
ポニーよりも小さいのです。

その赤ちゃんがどれほど小さいか、推して知るべし!

Miniaturehorse02 パパが来ると、ママはチビさんを庇うように身体を入れていました。

・・・そう言えば、馬の生活の仕方って良く知らない。
家畜として長く人とともにある生き物だけれど、せいぜい、群で生活する・・・くらいの知識だな。

繁殖の際は、家族単位なのかハーレム状態なのか。
オス親は、子育てに関わってくるのか。
知らないことばっかりだったりします。
身近な生き物で、その繁殖もなにもかも管理されているトコロしか知らないから、野生の状態ではどうなのかってあたりが、もう分からなくなってるのね。
 
Miniaturehorse03

ほのぼの♪

ミルクタイム♪♪

や、哺乳類の親子は、何と言っても授乳シーンが一番ほっこりします。

 

Miniaturehorse04 そして・・・・このお嬢ちゃん、たいそう人懐っこい。

柵越しに、平気で鼻面を突き出してきます。

おびひろさん、今のウチに対策取らないと、ポストピーちゃんになっちゃいますよ(笑)

柵を二重にして、物理的に手が届かないようにするか、目の細かい網を配して、手を入れられないような措置をしないと、間違いなく人気者になります(笑)

ウマはシカと違って上下にはがありますからね。
小さい子どもさんが噛まれたら怪我をする場合だってあるでしょ。

そして、最も問題なのは、餌やり。
母親からきちんと食べられるものや食べちゃダメなものを教わる前に、人の手で与えられたモノで身体を壊すことだって。

いずれにせよ、可愛いお嬢ちゃんが元気に成長できるよう・・・・対処していただきたいなぁと思う次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

お疲れ様・・・・。

一緒に生まれた三兄弟の内、真っ先に天へ駆け上って行ってしまったのは、竜の名を与えられた彼でした。

Dragon02 最初に会ったときのドラゴンさん。

4年前、ですね。

まだ、活き活きとした力強さを感じます。

 

 
Dragon03 丁度一年くらい前のドラゴンさん。

おびひろは、年に2回くらい行ければ良い方でした。

ライオン舎は、檻がきついんですよね~。

舌が、チロンしているのを見て、これは家系に違いないとか思ったり。

や、同腹の兄弟、釧路のキングさんも、しょっちゅう舌をしまい忘れていたりするし。

この辺りから、少しずつ力強さがなくなってきたのかな。

Dragon04 最後にお目にかかったのは、昨年の秋。

同腹のエルザさんとツーショット。

流石に、老いは隠せない感じでした。

でもねぇ。
釧路のキングさんが、若い嫁さんもらって・・・なんか元気になっちゃったせいなのかな。
一緒に生まれたドラゴンさんやエルザさんも、高齢個体だというのをすっかり忘れていましたよ。

また、おびひろで会えると思っていたのに・・・・寂しいね。

19年間・・・、長い間ありがとう。
お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)