鴨川シーワールド

2007年2月25日 (日)

満一歳!

今日はお誕生日でしたね。
この世に生を受けて一年。
あなたにとって、ここはどんな世界でしたか?途中、優しいお姉さんが一人いなくなってしまったけれど、日に日に大きくなっているのだろうあなたの、秋口のまだあどけない仕草を思い浮かべています。
一歳のお誕生日おめでとう!
これからもずっと元気で。
逞しく育ってくださいね。ランちゃん♪
Ran02_1

てなわけで、鴨川シーワールドのシャチの末娘。
ランちゃんが一歳を迎えました!

昨年秋口に鴨川へ行ったときには、まだお母さんにぴったりとくっついて、お母さんのやることなすこと興味津々(笑)

Ran03 お母さんにくっついて、可愛らしいジャンプも披露してくれました。

まだ、若干オレンジがかっていた肌の色は、白身を増していることでしょう。

お姉さん達と仲良くしているかな?

Ran04 手持ちのランちゃんのお写真大放出です。
コンパクトデジカメで、しかも以前のヤツだったから、ちゃんと撮れているのがあまり無いのですけど・・・。

鴨川は、隣接するホテルに泊まって、足かけ2日間楽しみました。
ランちゃんのお父さん、ビンゴさんで初めてオスのシャチを見ましたけれど、とにかく感動ものでした。

カマイルカのキララちゃんは元気にしているかな?
バンドウイルカは、また赤ちゃんが誕生して元気に育っているようですね。
また行ってみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

ついつい

旭山動物園の話となると、ペンギン館の愚痴に終始してしまいそうになるので、ここはいっそ、話をガラリと変えましょう。

先日遊ばせていただいた鴨川シーワールドの・・・・えと、アシカさん・・・?
アシカさんで良いんだよね??
非常に愛想の良いコで、ガラス窓のこちらから覗いている人間がいると、一生懸命サービスに努めてくれた、仕事熱心な営業部長さんです。
Ashika

ちっとガラスが写り込んじゃってますが・・・。

こんな風に、上から見下ろしたり下から覗き込んだりできる施設って、最近は増えてきているんでしょうね。
ちょっと古い施設だと、上からしか見られない場合が多いみたいですが、こういう連中は、水中でこそ本領発揮なわけだから、水の中の様子も見られる方が良いですよね。
自分が今まで見た中では、やはり名港水族館が一番良いかな。
あそこはイルカとシャチだけど、パフォーマンス時以外でも、のんびりゆったり、時には楽しげにふざけながら・・・泳いでいる鯨類の姿を広くて明るい観察窓から見られます。
こういう設備は、そう多くありませんね。
どこぞの水族館は、ショーの時以外イルカの姿さえ見られませんし・・・・。

ちなみに、鴨川シーワールドでは、同じエリアにアシカとオットセイとアザラシが同居していて、その違いを比べられるようになっています。
アザラシとアシカ、オットセイは明らかに違いが分かるのですが・・・アシカとオットセイって・・・・どこがどう違うんだろう・・・???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

やっぱりイルカ♪

「海のトリトン」どころか、「海底少年マリン」まで知る世代としては(お~い!)イルカはもちろんはずせませんね(大笑)
Kammer01 画像が荒くてごめんなさい。
あらよっとばかりにスピンジャンプを披露してくれているのはカマイルカさん。
良く見かけるバンドウイルカさんよりちょっと小柄で、研ぎ澄まされた鎌を思わせる背びれが、なんともシャープな方々です。
実際、動きもスピーディで。
バンドウイルカの重厚さや迫力とは、若干趣を異にします。
鴨川シーワールドでは、この2種類のイルカさんが同じ舞台でパフォーマンスを披露してくれるのですね。
演出も、それぞれの特徴を活かしており、たいそう楽しめました。
Jump01 ご覧の通り、コンビネーションもばっちりでございます。

シャチを見た後では、このイルカさん達が随分可愛らしく思えます。
側に寄れば、けっこうな大きさで、人間の身長を優に超えてしまう体長なんですが。
彼らのジャンプパフォーマンスは、華々しい感じがします。
花火にたとえるなら、シャチが大輪の打ち上げ花火なら、イルカさん達はスターマインってところでしょうか。

それにしても、イルカさんたちも、身体の色や模様に結構個体差があるんですね。

以下、旅行記その3

続きを読む "やっぱりイルカ♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

やっぱり、シャチ♪

とにもかくにも、今回一番の大ヒットは、このお方。
Bingo02 お父さんシャチのビンゴさん。
背びれの後ろにある模様(サドルパッチ)が、マーブル模様で墨流しを思わせます。
大きさ的には、名古屋港のクーちゃんと大きな差があるわけではないらしいのですが、やはり倒れてしまっているとは言え、二等辺三角形の大きな背びれと、団扇を通り越して布団になりそうな(笑)胸びれの印象なんでしょうか。
最初にビンゴさんのジャンプを見たとき、背後に大海原の幻影が浮かびましたとも。ええ。
現在、妻一人、娘三人。(一人は、既にお星様になってるんですね・・・。)
末娘が、この春生まれたランちゃんです。
Ran01 まだお母さんのお乳を貰っている赤ちゃんなんですね。
ちなみに、このコは生まれるときに頭から出てきた・・・鯨類では逆子・・・なんです。
最初、聞いたときに思わず、鴨川シーワールドさんに電話かけて確認しちゃいました(笑)

もうもう可愛い盛りですな。
お母さんに甘える様子は、とにかく微笑ましかったです。
お母さんが、パフォーマンス中もずっとついて泳いで、時には可愛らしいジャンプを見せてくれました。

以下、旅行記続き

続きを読む "やっぱり、シャチ♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

惚れたっ!!

無事、帰宅いたしました。
足かけ一週間の旅行です。
何というか、ベビたん三昧(笑)

水曜日に着いてしまったので、取りあえず上野動物園。
ちと天気に恵まれず、お空はご機嫌斜めでぴかぴかゴロゴロ。
ここで会ってきたベビたんは、アシカさん。
腹違いの弟にちょっかいを出したいお兄さんと、我が子に近づくな状態のお母さんの攻防戦です(笑)
翌日と翌々日は、鴨川シーワールド。
ご存じシャチのランちゃんとカマイルカのキララちゃん、バンドウイルカのあかちゃんに加えてキングペンギンも赤ちゃんがいましたね。
それにしても、ビンゴさん、凄いです。
Bingo01 名古屋港水族館でクーちゃんとは何度か会ったけれど、オスのシャチを見ずしてシャチは語るな・・・・と言うことが良くわかりました。
迫力が全然違います。
妻子持ちですが(大笑)ビンゴさん、惚れました!!

へへへ。ビンゴさんとステラさんにkissしてもらっちゃいました~♪
でも、ビンゴさんてば、それはkissというより、頭突きだわ(笑)

その翌日、本来の上京目的そっちのけで、時間まで多摩動物公園・・・・広すぎます(笑)
かなり、急いで回って、ようやく一周・・・・一日がかりですよ。
キリンのユーカリちゃんと、レッサーパンダの赤ちゃん。それにアムールトラのシズカちゃん。
荷物が多すぎて、コンパクトデジカメしか持って行かなかったんで、ろくな写真になっておりませんが、まぁ、よすがにはなるかな。

さらに翌日の昼過ぎまでは、サンシャイン国際水族館で、ミナミコアリクイの赤ちゃんと会ってきました。
でも、写真のアップは仲良しワオキツネザルさんとフェネックギツネさんです(笑)
Nakayosi03

動物のあかちゃんとか、仲良しさんとか。
見てると本当に癒されます。
肉体的には疲労困憊しておりますが、精神的にはひたすら満腹の旅でありました。

取り急ぎ、帰着報告と大急ぎ足の(笑)ご報告!

| | コメント (2) | トラックバック (0)