東山動植物園

2014年12月28日 (日)

もたもたしている間に・・・

年が変わってしまいそうでして・・・。

Giraffe_h08東山のアミメキリンの若夫婦。

いや、だって、この時はまだ、お姑さんがご健在(笑)

左がダンナ様のトリノくん。右が奥様のマオちゃん。

実は、双方ともに、旭山の個体と血縁があります。

トリノくんはマリモの腹違いの弟、マオちゃんはゲンキの母上の妹になります。

アミメキリンの雌雄は、自分の見た個体が少ないせいもあるかもしれませんが・・・・割とオスの方が濃い色合いをしていることが多い気がするのですが、トリノくんは色白美人の母親譲りで、パッと見、マオちゃんより白っぽく感じます。

Giraffe_h09たいそう、仲の良いペアです。

放飼場の餌籠から草を食べる時も、仲よく一緒にもぐもぐ。

割と、オスがメスを押しのけたりメスの採餌を邪魔したりする行動を見たり聞いたりしていたのですが、見ている限りトリノくんは、まったくそのような行動がありませんでした。

飼育さんにお尋ねしても、トリノくんがマオちゃんを押しのけたりする行動は見られないとのことです。

Giraffe_h10木の枝を食べる時も、一緒にもぐもぐ。

トリノくんは、母オグラさんのほか、ハルエさん、ピースさん、サフィアさんといったメスたちに囲まれて、さらに5歳まで、父スティービーさんと共に過ごし・・・・本来のキリンの群れに近い状態で大きくなったコです。

それが、メスに対して示威行動をとらない個体に育っている原因の一つではないかと推察します。

昨年、メイちゃんという長女を設けていますが、残念ながら、お祖母さまの実家へお嫁に行ってしまった後。

Giraffe_h11そのオグラさんは、お伺いしたときはまだお元気でいらしたのに・・・・。

先日、訃報が届いてしまいました。

今は、トリノくんとマオちゃんの二人っきりになっているのですね。

自分が知る限り、多い時で8頭のキリンがいた時期もありました。

トリノくん、さぞかし寂しいだろうなぁ。

Giraffe_h12でも、

きっと、

そう遠くない内に・・・・・

家族が増えるんじゃないかなぁ?

ねぇ、マオちゃん♪

続きを読む "もたもたしている間に・・・"

| | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

会いたかったのは。

高い敷居を承知で、こんかい東山を組み込んだのは・・・・。

こちらに会いたかったためでした。

Hakutouwashi09ハクトウワシのキャロルちゃん♪

2011年生まれの女の子です。

多分そうだと思われるのですが・・・・浜松で紹介した夢くん・・・チャップくんには、妹がいます。

二卵性双生児(笑)ですが、人工孵化の夢くんに5日ほど遅れて、母ワシ、カズエさんのお腹の下で孵った子がいるのです。

その時のお名前は望ちゃん。

Hakutouwashi10当時はお名前の掲示が無く、勝手に姫様と呼んでいました。女の子だということは聞いていたんで。

両親に育てられた子ですから、警戒心が強く、そう簡単には人を信じません。

浜松のチャップくんに比べて、頭部がまだ褐色ががっています。

東山のハクトウワシケージ。実は、もう一羽ハクトウワシがいます。

Hakutouwashi11キティさんとおっしゃる大先輩が。

こちらは、立派な成人(鳥)女性。ご覧のとおり、頭部は真っ白です。

おそらくは、こちらの同居個体の存在が、キャロルちゃんが大人になるスピードに、ブレーキをかけているのではないかしらん?

東山では、アメリカ大陸の生き物を集めて、一大エリアを展開しており、ハクトウワシケージの眼下には、こちら。

Beaver40アメリカビーバー!

二頭とも、2013年生まれの若いペアです。

女の子(下)のキャリーちゃんは、浜松生まれ・・・・ってことは!

亡き松太郎さんと梅子さんの孫娘ではないですかぁ~!!

着々と全国征服子孫繁栄計画が進んでおります(笑)

そして、かわいい盛りだったこちら。

Gorilla08
ゴリラの、キヨサマくん。

牛乳かヨーグルトが入っているらしいペットボトル。

飲み終わった後はおもちゃにしていました。

妹(姪?)のアニーちゃんとは、残念ながら会えませんでした。人工保育のアニーちゃん、まだ群れに馴染んでいないようで、練習中とのことでした。

ちょうど、おやつが当たったせいか、あまり他個体と絡む様子がなかったので、単独のお写真です。

本日の最後に、

Kongouinko04赤岡さん!(違う)

いつも楽しませていただいてます!!

お分かりにならない方は、東山動植物園の公式ブログから、きょうのインコシリーズをどうぞ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

避けては通れない

名古屋へ行ったのですから、ここも避けては通れない場所です。

東山動植物園。

もっとも、ここも園内が広すぎて、植物園エリアには足を踏み入れたことがないというあたり・・・あまり胸は張れません(笑)

ただし、今回。
東山の敷居がとてつもなく高かったということは・・・・わかる方には分かっていただけるかも・・・。

とりあえず、お気楽なところから。

Asian_elephant17アジアゾウのさくらちゃん。

お隣のワルダーおばちゃま、こんにちは♪

格子の前でぺたんと座り込むさくらちゃん。

以前伺ったときは、まだ旧ゾウ舎で、さくらちゃんもぽわぽわの産毛状態でしたが、今回はすっかり子像さんらしくなってました。

Asian_elephant18
そのうち、ころん・・・です(笑)

メスが群れを作るゾウは、年齢や体格などによって順位があるはずで、これは目上のゾウへのご挨拶なんでしょうか?

それとも、おばちゃまに甘えてますか?

Asian_elephant19
母、アヌラと♪

もうそろそろ、母の体の下に入るのは難しい大きさになっているでしょうか。




Asian_elephant20ワルダーさん。

新たにできたゾウジアムに移動するときにも、たいそう時間がかかったそうですが、移ってしばらくたつというのに、まだこの位置から外へは出られないでいるようです。

ま、ちょっと冷えてきたしね。

また、暖かくなってから、ゆっくりチャレンジしてください。

Asian_elephant21こちら、父親のコサラくん。

東山唯一のオスゾウです。

アヌラちゃんとコサラくんが東山に来てまだ間もないころ、おやつにもらったお芋を、全部アヌラちゃんに取られて、追いすがっていたコサラ君を覚えています(笑)

あの情けなかった男の子が、しっかり成長して、父親になったことに、いまさらながら感動すら覚えます。

Lion_h01さて、こちら。

サンくんの息子、ソラくんです。

サンくんは、旭山のライラさんとレイラさんの息子ですから、ソラくんは孫ということになります。

しっかりイケメンの血統を受け継いでいます♪

タテガミも生えてきましたね。

Lion_h02_2同腹の女の子、ステラちゃん。

ちょっとレイラおばあ様に似てませんかね?

父、サンは、さすがにソラがこれだけ大きなっているせいか別展示。

ごめんなさい。サンくんが外の展示場にいる間に、ライオン舎まで戻れませんでした。

今回、写真なしです・・orz

Lion_h03
そしてそして、母ルナ。

息子と娘のクールっぷりを埋めるかのような、愛敬者(笑)

なんというか、ある意味、母親が一番子供っぽく見えたのは。。。

Lion_h04
お客さんとアクリル越しにこんなことしてました♪

お客さん、お許しいただいてないので、申し訳ないですがモザイクで出させていただきます。

なんとも、お茶目なルナ母さんなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

やっぱり、小ちゃいのは可愛いらしい(笑)

上野でコモモちゃんに会ったのが初めてだと思うのですが・・・・こちらでもゴリラの赤ちゃんに会うことが出来ました♪

Gorilla05 ガラスの映り込みがヒドイ写真ですみません。

ネネ母さんと息子のキヨマサくん。

昨年の秋、誕生しました。

お母さんが年配ゆえ、心配されていたみたいですが、ネネ母さん、初めての出産ではないのですね。

キヨマサくんには、年の離れた異父姉がいます。

Gorilla06 ゴリラは家族が群を作って暮らす生き物ですから、お父さんもお姉さんも一緒です♪

お父さん、息子を構いたくてしょうがないのですが、まだ奥さんの許しが出ません(笑)

キヨマサくんに、そ~~っと近づいて、そ~~っと手を伸ばしますが・・・・横からネネさんにかっさらわれてました(笑)

 

Namakemono01こちらでは、既にお母さんのお腹から離れていますが、まだあどけなさを残したナマケモノ・・・ミツユビだったか・・・? の子供。

多分、ナマケモノの子供って、初めてだと思うんだ。

贅沢を言うなら、もうちょっと小さい時期に会ってみたかったなぁ。
遠い動物園ですから、お知らせがあったとしても、直ぐには行けないものねぇ。
こればっかりはしょうがない・・・・。

Koala02 そしてそして♪

コアラのお腹のところにご注目♪

お母さんが抱え込んでいて、なかなか見せてくださらなかったのですが・・・・。

ちょっと隙を突いて(笑)

お母さんのお耳がぺたんこなので・・・ちょっとお怒りだったのかも・・・・?

赤ちゃん、見せてくださって、ありがとうございます♪

流石に、東山ほどの動物園になると、飼育動物の種類が凄まじくて(笑)
じっくりみていると、全部回るのが大変ですね。

今回も、サル舎の方がすっぽり抜けました(笑)

また次の機会に・・・ゆっくりとお邪魔したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

子じょうちゃん♪

Asian_elephant13 じゃなくて(笑)子ゾウさん。
女の子ですから、お嬢ちゃん♪

生後2ヶ月弱です。

東山動物園に、このコの両親・・・コサラくんとアヌラちゃん・・・が来てから、あっという間だったような気がします。

ポワポワとしているのは、産毛ということで良いのでしょうか。

まだ、鈴なりのお客と歓声が怖かったのか、ちょこまかと、しょっちゅう寝室に逃げ込んでは、また母親の元に駆け戻ってくる・・・を繰り返していました。

Asian_elephant14 母アヌラちゃんと一緒♪
アヌラちゃん、遅ればせながら、おめでとう!

アジアゾウですから、さほど巨大な感じは受けないアヌラちゃんですが、さすがに赤ちゃんと一緒だと大きく見えますねぇ。

飼育スタッフさんも何名か、隣のエリアに待機して、ずっと様子を見守ったり、ときおり客の側にエサを投げて、親子をそちらに動かしてくださったりしていました。

Asian_elephant15 スタッフさんのトコロへ行って・・・何か、ちょうだいな♪
 

ゾウのおっぱいは、前肢の付け根にあります。

アヌラちゃんは、左の乳首が目立っていました。

赤ちゃんがもっぱら利用するのがこちら・・・とかってありますかしらん?

Asian_elephant16 胸部が、なんとも魅惑的なコトになっていたりしますよん♪

 
赤ちゃんが産まれて直ぐは、ちょっと心配な様子でしたが、直ぐに落ち着いて、お母さんとしてお世話することが出来たアヌラちゃん。

彼女自身も、他のゾウの子育てを見ていたことがあると聞きましたが、側にワルダーさんという年かさのメスゾウがいたことも・・・もしかしたら、上手くいった要因の一つなのではないかと・・・まぁ、想像していたりします。

ゾウの繁殖は、たいそう難しく、生まれても上手く育たないケースもあるようです。
今までのトコロ順調と言って良い、アヌラちゃんのようなケースを、スタッフさんにしっかり記録してもらって、そのノウハウが色々な動物園での成功に繋がりますように。

このところ、ゾウの来園のニュースがちょくちょく聞こえてくるので♪
国内でももっと繁殖に成功して、どんどん増えてくれると嬉しいですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

思い知ったか(笑)

名古屋港水族館の次は、同じ名古屋にある動物園。
東山動物園をお訪ねしました。

Lions_h06 朝一でお伺いしたのは、ライオン舎。

奥様のルナさんが、ご主人のサンくんに朝のご挨拶♪

美人の奥さんにすりりんとされて、サンくん、我が身の幸せを感じているかのような表情です(笑)

二人の間には、昨年2頭の赤ちゃんが誕生しました。

長いこと、母子と父が別展示になっていて、同居できるのか心配していましたが、年明けくらいから、目出度く家族で過ごせるようなったようです。

Lions_h07 パパ!おはよ~~!

サンくん、取りあえず逃げの体勢(笑)

生後半年くらい経ってから、ようやく同居が叶った我が子たち。

しかして・・・・本来オスライオンは、育児には手を出さないわけです。

Lions_h08 パパ!遊んで~~~!!

・・・・Uターン(笑)

野生の状態なら、奥さんがたくさんいて、子ども達もそれぞれにいたりして・・・父が遊んでやらなくとも、遊び相手はたくさんいるのでしょうが。

あいにく、動物園では、ほぼ一夫一婦制。
遊びたい盛りの子ども達は、母だけではなく、父にも遊びをせがみます。

間違いなく我が子と認識していれば、やむを得ず、嫌々ながら相手をしてやる羽目になるワケで。。。

Lions_h09 てんでバラバラな(笑)ファミリーショット♪

サンくんよ。
キミが生まれたときはオス4頭の兄弟だったのだよ。

ライラ父さんが、いかほど苦労したか・・・・思い知ったかね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

腕白小僧♪

3頭目ともなれば、すでにベテランという事になるのでしょうか。
それも、このペアで・・・という注釈付きなので、もしかすると前夫との間で、繁殖に成功しているのかもしれないのですが。

Malay01 マレーグマの男の子、マーチンくんです。

今年の3月末に生まれました。

母はマー子さん。

上に、確か、マーサちゃんとマーヤちゃんという姉がいたはず。
 

Malay02

そのマーチンくん。

擬木の上で遊んでいて・・・・

滑りました・・・っ!

 

 
Malay03 さほどの高さではないようで・・・。

ついでに、張ってあった鎖に手を引っかけて、全体重で叩き落ちるのは防いだようですが・・・・。

大丈夫か・・・?

 

Malay04 大丈夫みたいです(笑)

母さんにむかって、ンベ!

母も、あまり心配している様子は無くて・・・・えと、放任主義ですか?
3頭目ともなれば、すでに子どもの扱いは手慣れたモノ?

男の子の分、可愛いがるのかと思いきや(笑)もう、大きくなっちゃっているせいなのか?

Malay05 まだ、この程度の体格差はあります。

そして、脳内で鳴り響くゴング(笑)

マレーグマの子育ては、とてもとても大変そうでした。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

男の甲斐性(笑)

少し、分けてください(笑)

Lion12 東山にいるライオンのオス、サンくんは、旭山のライラ、レイラご夫妻のご子息。

釧路にいるアキラくんの兄君です。

この夏、奥方の間に目出度く二子をもうけられました♪

その甲斐性を、すこし弟に分けていただきたいと思ったり、思ったり、思ったり・・・・・。

Lion13 奥方のルナさん♪

まだかなりお若いハズ。

放飼場につり下げられたブイで遊ぶ姿が、なんだか愛らしいです。

そんな母を・・・・

Lions_h04

母上ってば、ワイルドねぇ~♪

見つめている4つの目(笑)

男の子はソラ。女の子はステラ。
両親の名前から、天体関係で揃えたのですね。
奇しくも、祖父母の名を受け継ぐ韻を踏んでいます。

Lions_h05 東山のライオン放飼場は、モート方式なので、ルナ母さん、子ども達がそちらへ近づくとストップを掛けます。

やんちゃ盛りは母の言うことを聞かず・・・・(笑)

こんな場面も♪

尻尾くわえて、止めてます(笑)

ところで、問題は・・・・。

父親との同居がまだ成されていないということなんですね。
ライオンは、ネコ科として唯一群れを作って暮らす生き物なので、コレはもったいない。
生まれて既に6ヶ月になろうとしています。

良いのか?
大丈夫なのか?
子どもがこんなに大きくなってからの同居なんて出来るの?

寝室は隣同士なので、サン父さんも、子どもの存在は認識できているとは思うのだけれど・・・・。

そこらへん、かなり不安ではあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

ぞ~おさん♪

北海道ではおびひろでしか会えなくなってしまったゾウさんなので、本州の動物園へ行って、ゾウを見ると、ちょっぴり羨ましかったりもいたします。

Asian_elephant10 古参のアジアゾウ、ワルダーおばさんにご挨拶しているのは、アヌラちゃんかな?コサラくんかな?
小さい牙が見え始めていますね♪

初めて会ったときは、もっと小さくて・・・少し年上のアヌラちゃんのほうが、若干大柄だったのですが、男の子のコサラくんが追いついてしまったみたいです。つまり、見分けが付いていません(笑)
 

Asian_elephant11 ワルダーおばさんの伸ばしてくれた鼻にスリスリ。

まだ幼いゾウさんたちなので、大事を取っての分離飼育なのかもしれませんが。

一緒にはできないのかしらね?

どこぞのゾウさん達みたいに、不仲って感じはしなかったんだけど・・・・むずかしいのかな?
ついでに・・・・アジアゾウ舎の放飼場、もっと広くしてあげて・・・・!

 

んで、もうひとつ。

ゾウさんではありませんが・・・・こちらも長いお鼻の・・・いやお口の(笑)オオアリクイさん。
Ooarikui

・・・・の、赤ちゃん。

ママの背中でぐっすりとお休みのようでした♪

アクリルと写り込みのため、このあたりが精一杯。

ところで、ママの背中にはどうやって?
よじ登るの?
それとも、ママが座って?
くわえて自分の背中・・・は無理だろうしな。
授乳の時は、降りるんだよね??

可愛いのだけど、ちょっと不思議なオオアリクイの親子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

責任重大(笑)

一番最初に伺ったとき。この広い放飼場には、8頭の面々がいたのです。
Giraffes46

今は、半分の4頭になってしまいました。

名古屋東山動物園のキリン舎です。

今は亡きスティービーさんの最後の息子、トリノくん。
もう5歳ですから、一人前のオスのキリンです。

サフィアおばさまのお尻チェッ~ク(笑)

Giraffes47 でもって・・・フレーメン♪

サフィアおばさま、発情中でしたか?

オスのキリンとして、当然の行為でありますが・・・・、

なにも、生みの母の目の前でやらんでも(笑)

や、オグラ母さんも、息子の成長を喜んでいる・・・・かもしれない・・・・!?

オグラ母さんが発情したときは、隔離ですかね・・・?

浜松から移動してきたマオちゃんも、同じエリアにいました。
気ままにのんびりしているように見えました。
マオちゃんも、そろそろ一人前になる頃だと思うのですが・・・・、新しい世代のペアに、どうか幸せが訪れますように♪
ガンバレ!トリノくん!!

Polabear_h04ホッキョクグマのミリーちゃんは、黄色いガス管で遊んでいました。

結構気温も上がった日で、サスカッチくんは水に入ったきりだったのですが、ミリーちゃんはなにやら元気そうで♪

この日、オーロラちゃんは狭い方の檻の中で、まともな写真が撮れませんでした。

檻越しでしたが・・・微妙に緑熊になってたよね、オーロラちゃん(笑)

Gomahu30 ・・・そして、お別れになってしまったセサミくん。

プールのお掃除中で、お水のないプールの底で、ごろんと転がっていたセサミくん 。

帰宅直後に訃報が届くとは・・・・・。

ご冥福をお祈りします。

続きを読む "責任重大(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)