室蘭水族館

2009年5月30日 (土)

CHU♪

アザラシは、相手の識別を臭いで行うのだそうです。
同じプールで暮らすアザラシたちの間では、良く見られる光景ではあるのですが、それをさっ引いても、見ていてほっこりするシーンです。
Harborseal01

まずは、姉弟のご挨拶♪

左は2006年に産まれたさつきちゃん。
右が2008年生まれのとわくん。

仲良し姉弟です。
弟のとわくんが、ずっとお姉ちゃんの後を追っかけていました。

Harborseal02 そして、今年産まれた末弟とお母さん。

産まれて2週間とちょっとのチビさんが、お母さんに甘えていました。

アザラシは、泳ぐときは魚のように身体をくねらせて泳ぎ、前ヒレ(前肢)は殆ど使わないのですが、幼い頃はまだ泳ぎが下手だとみえて、やたらと前ヒレをばたつかせます。

それがまた、溺れているようにも見えて(笑)危なっかしいやら可愛いやら・・・・。
Harborseal03

目を細めたお母さんのお顔がまた良いですね♪

普通、ゴマフアザラシの場合は3週間ほどで、乳離れして独り立ちするのですが、こちら、ゼニガタアザラシは外洋性のゴマフと違って、入り江などで暮らす種類。
親がさっさと子を置いていってしまうということは無いのかもしれません。
あるいは、親子が親子でいられる時間は、ゴマフより長いとか?

Harborseal04

我が子しか目に入っていない母親と、好奇心旺盛な息子(笑)

隙間からカメラで狙っていたら・・・見つかっちゃいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

修行中(笑)

室蘭水族館は、非常にコンパクトな水族館でした。
展示館の外に、海獣類とペンギンの展示水槽があります。

海獣は、ゴマフとゼニガタの二種類のアザラシの他、トドがいます。
Marine01

トドのマリンちゃん。
まだ7歳の若い個体。

室蘭水族館で、トドショーを行っていた両親が相次いで亡くなってから、今は一人でその役割を担っています。

 
 
Marine02 縄跳びや、輪投げ、ターゲットジャンプなどいくつかの技をこなしてくれますが、まだまだいろいろ練習中。

中でも、苦手なのは、じつはボール運びのようです。

 

 

Marine03 時々、バランスを取れずにボールを落としたり、ついうっかり(笑)くわえてしまったりするようです。

それというのも・・・良く見てください。

 

 
 

Sealion20 比較対象として、こちらはおたる水族館のトドのボール運び。

後ろからの写真ですが・・・・どこが違うかお分かりになるでしょうか?

マリンちゃん・・・おひげが立っていないのです。

アシカの仲間のボール運びは、ヒゲを立ててバランスをサポートします。
そのおヒゲ・・マリンちゃん、まだ立てられずにいるようです。

・・・・もう少し、頑張りましょうね♪
マリンちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)