海遊館

2007年5月14日 (月)

面構え

ここにいる・・・・と聞いては、会いに行かずにいられませんて。
国内では初めて人工孵化に成功したと言うオオワシさんたち。
4月頭くらいに孵っているハズだから、一月半ほど。もう、こんなに大きくなっています。
Oowashi02

こちらに一羽。

もう、顔だけみれば立派に成鳥に匹敵してますね。
眼光鋭く、空の王者の名に相応しい面構えです。

 

Oowashi03

そして、こちらにも一羽。

本来なら一つの卵しか産まないハズのオオワシの巣に、ヒナが二羽。
これこそが、動物園が目論んだコトなわけで(笑)今回、上手く当たったと言うことなんでしょうね。
二羽のうち、一羽は人工孵化後、巣に戻したモノなんだね?もう一羽は、親鳥が暖めて孵したコ。
餌は豊富な環境ではあるけれど、兄弟間の争いとか・・・・大丈夫かいな?
本来一卵しか産まない親鳥に、何度も補充卵を産ませるコトに対する負担とか、素人目にはいろいろ心配があるんだけど。

いずれにせよ、この二羽・・・・そして人口育雛されているヒナ一羽・・・・が、無事に成長することを楽しみにしています。

続きを読む "面構え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

魚・魚・ギョ!

カテゴリは水族館といえど、魚をアップするのは久しぶり。
もっぱらほ乳類中心で、たまにペンペンというラインナップだったからなぁ。
どれだけ大きくとも、まごう事なき魚類。
世界最大・・・だったっけ?
ジンベエザメ。
Jinbe 海遊館の遊の字を名前に持つ女の子だそうな。
あのサイズでも、まだ小型なんだとか。
大人になったら、いったいどれだけ大きくなるのやら。
同じ水槽にマンタさん(イトマキエイ)もいらして、仲良さ気に寄り添って泳ぐこともあるんだけど、そちらはHARUKAさまの「獅子の子は獅子」でアップされているので、ちょっと違った画像を選んでみました。

とはいえ、水族館。
館内の照明は、写真撮影に十分とは言えず、もちろんストロボを焚くなんてことは端から考えもせず、何とか見られるかな・・・・ってのはごくごく数枚。
一緒にいる魚の群れは、何とかアジさん(ゴメン!覚えていない!)だと思うのだけれど、顎が外れるほど大きなお口を開けながら泳いでいました。頬の周辺に光があたるとキレイに光るんですよね。
ジンベイさんも、プランクトン食だったよね?
食う食われるの関係ではないから、平気で回りに集っているのでしょうが、ジンベイさん、お口はかなり大きいように見えました。。。。
間違って吸い込まれたりしないんでしょうか?
それとも、大きく開けたりしないのかな・・・??

Kingbaby01 さて、やっぱり魚類をさしおいて鳥類に走ってしまったのは、こちらの殿下のせいです(笑)
良く似ておられる皇帝陛下(エンペラーペンギン)のヒナが、アニメキャラクターのモデルになるほど愛らしいグレーのモコモコなのに比して、国王陛下(キングペンギン)のヒナは、ご覧の通り茶色のモッコモコ。
目つきが悪くてふてぶてしいなどと言われてしまいますが、どうしてどうして、親にエサを強請る様子など可愛いものです。
1年ほど親と一緒に過ごし、この茶色のモッコモコが抜けると、まるで魔法のようにその下から美しい国王陛下の鮮やかな色彩が浮かび上がります。
Kingbaby02

殿下は相当お腹が減っておられるご様子です(笑)
こうしてみると、まだ少し親鳥よりは小さいですね。
確かこちらは9月生まれのお子で、もう少し大きくなった7月生まれのと2羽おいででした。

他のペンギンと異なり「縄張り意識」の低い国王陛下ですが、お子がお出でになるときだけは、少しばかり気が強くおなりのようです。
普段は他のペンギンさん達に突っつかれてそそくさと場所をお譲りしているっぽいけれど、この時ばかりは相手を追い払っておられました。

続きを読む "魚・魚・ギョ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)