エプソンアクアスタジアム

2012年1月18日 (水)

夜の水族館

夜にお伺いすることの方が多かったせいかもしれません。
そのせいか、回りに子どもさんが少ない訳でして・・・・。

ムードづくりの点でも、コチラの方が「大人の水族館」と言う感じを受けるのが、エプソンアクアスタジアム。

Dolphins イルカショーでは、バンドウイルカ、カマイルカにくわえて、オキゴンドウが重みを添えています。

相変わらず、個々のレベルが高くて見事です。

縦回転、横回転を駆使してのジャンプは、間隔も以前ほど間延びすることなく、楽しめました。

イイ感じで流れができてましたね。

2回、見せていただくことができましたが、最終のショーは、MCさんの声も無く、イルカの演技だけで見せてくださいました。

Okigon02 オキゴンドウのイシュトくん。

身体が大きい分、俊敏さや高さより、人を背に立たせて水面近くを泳いだり、その鼻先で人を押し上げての大ジャンプが豪快に決まります。

クリスマスが近かったこの日、ショースタッフさんはみなサンタの衣装。

落とされた照明の中で、たいそうキレイでした♪

Ushibana01 ウシバナトビエイさんがいましたよ。

おたるで見たときは、随分可愛らしい(サイズの)エイだと思ったけれど、これから大きくなるのね(笑)

いわゆる、水族館・・・魚類の展示されているスペースは、さほど大きくはなく、水槽の数も多くはありません。

 
Manta02 でも、マンタが見られるんですよね、ココ。

巨大な掛け布団が、頭上を横切っていくと、ただでさえ暗い場所に、さらに影が差します。

カラフルな珊瑚礁のサカナたちを見るのもキライじゃないのですが、どうやら個人的に、ゆったり動く大きなものに惹かれるっぽいです。

Tamakai たとえば、こんな(笑)

タマカイさんです。

珊瑚礁に棲むサカナなのだそうですが、図体がデカイです。

成長すると、2m以上になるのだとか。

分厚い唇という点では、フサギンポも好きですねー(笑)

なんか・・・とてつもなくインパクトが強かったので(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

夜遊び♪

品川のお宿に入ってから・・・・直ぐ側に遅くまでやっている水族館があるじゃないか、と気がつきました。
エプソンアクアスタジアムは、夜10時まで営業しているのです。
時刻は夜7時を回ろうとしていました。。。。。

Kongouhugu コンゴウフグさん♪

バンザーイ!入館料が割引だぞ~~!

・・・と、代わりに喜んでいただきました(違)

や、水族館と同系列のお宿だったので、半額近くまで入館料がお安かったのです。

滞在したのは、ほとんどアシカとイルカのショーの時間くらいで、約1時間ほどでしたが・・・・。
イルカショーの写真は、被写体ブレが凄まじくほぼ全滅しておりますので(笑)水槽内から。

Manta ときに、エプソンアクアスタジアムにマンタがいるとは、この時まで存じませず・・・・。

トビエイの泳ぐ姿が相変わらず美しく、狙っておりましたら・・・・視界の隅を横切る巨大な影に、びっくりした次第。

マンタとしてはまだ若い個体なのかも知れませんが・・・・、迫力は十分。
海遊館で一度お目に掛かっていますが、水槽の奥の方にいらしたからなぁ。。。
ここは・・・・マンタにとっては良いのか、悪いのか・・・・水槽が海遊館ほど大規模ではなく、その形が複雑なこともあって、直ぐ目の前を、マンタが通っていきます。
状況によっては、頭上を、掛け布団がユラユラしながら通り過ぎていくわけで(笑)

Iwatobi_e ちょうど、ペンギン水槽の給餌タイムもありまして。

ここは、キング、イワトビ、ジェンツーそしてケープの4種が見られます。

んで、解説板にはミナミイワトビの学名があるのだが・・・・、もしかして、キタイワトビさんと違いますかね??

若干大型に見えるところと言い、飾り羽根が長くて目立つところと言い・・・キタイワトビさんのように思えてしょーがないんですけど・・・・。
それとも個体差の範疇なんでしょうか?

もしかして、自分の亜種の区分けの仕方が違ってますか??

続きを読む "夜遊び♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)