天王寺動物園

2006年12月 9日 (土)

最終日

旅の終わりは動物園で〆となりました。
天王寺動物園です。
本当に、街の真ん中にあるのですね、ここは。
札幌の円山、旭川の旭山、名古屋の東山など、基本的に市街地から少し離れた、いわゆる郊外と呼ばれるエリアにある方が多いんじゃないかと思われるのですが、どうなんでしょう?
先ずは、アイドル(笑)からご登場いただきましょう。
Googo ホッキョクグマのゴーゴくん。
仕草や顔立ちが随分幼いと思っておりましたら、まだ2歳になったばかりなんですね。
おもちゃの枕木で遊びながら、右手に見える階段に頭ゴツンしていたりと、腕白ボーズを息子に持つ母親の気持ちを味わせていただきました(笑)
首から下だけが濡れて、毛が張り付いているもんだから、まるで「たてがみ」みたいになっています。
画像が荒いのは、例によってISO設定間違ってしまったからでした・・・・お見苦しい写真ですみません。
そして、アミメキリン。
Surisuri3 とっても仲良さ気なケニアくんとハルミさんのご夫婦ですが・・・・。
確か、ハルミさんってばもう20歳を越えていなかったか?
あまり無理をさせないようにね(笑)>ケニアくん。
それにしても、ケニアくんのシッポが凄いです。
長くてふさふさ~!
それに比べるとハルミさんのシッポは・・・・?
カラスにでも狙われたんでしょうか。

そして、いろんな動物園を訪ねてその先々で感心する展示方法に会うわけですが、今回のびっくりはこちら。
Oshiri お魚さんの群れの向こうにあるのは、実はカバさんのお尻です。
手前と奥にふたつあります。
朝一番で入園したせいもあるのでしょうが、水の透明度にびっくり。
何より、カバの水中の様子を見られると言うのが、とても新鮮でした。
まさに、アフリカでの彼らの生活の様子を再現したのですね。
サバンナゾーンは、完成したばかりだそうですが、本来の生息地の様子をできるだけ再現しようというご努力の賜ですね。
電柵の柱がちょっと煩い感じはしますが、見応えたっぷりでした。
エサをやりながらのレクチャーや、外来生物についての注意書きの・・・ある意味過激さ・・・も、動物園側の「やる気」を感じさせてくれています。

続きを読む "最終日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)