八木山動物園

2014年1月25日 (土)

風と炎の結晶達

最初に覗き込んだ時には・・・・、

Sumatrantiger01 こんな様子。

奥の方で固まって、警戒心一杯に、こちらを窺っていたのです。

昨年の暮れ、テレビでもやっていました。

八木山動物園のスマトラトラ。

Sumatrantiger02 母バユは、インドネシアの言葉で風、父ケアヒは、ハワイの言葉で炎のことです。

それだけで相性ぴったりじゃ無いかと思われるペアの間にうまれた子ども達に会ってくることができました。

最初にアクリル側に来てくれたのはブラン(インドネシア語で月)くん。

耳が伏せられて・・・若干警戒気味かな?

Sumatrantiger03 誰かが動き出せば、幼いきょうだい達は、一緒に動くことが多いです。

次に、様子を見に来てくれたのは、アカラ(ハワイ語で太陽)くん。

こちらも、見慣れぬ人間に警戒している雰囲気がありますが、好奇心の方が、ちょっと勝っちゃってます。

 

Sumatrantiger04 反面、女の子は、警戒心が強く、きょうだいが動いても、一緒に動いてくれなかったのです。

奥の方からは出てきてくれたものの、アクリル面までは来てくれませんでした。

右奥で、様子をみているのが、ラウト(インドネシア語で海)ちゃん。

もう一人、アイナ(ハワイ語で大地)ちゃんという女の子がいるはずなんですが、このとき放飼場に姿が見えませんでした。
テレビでもやってましたが・・・まだ調子が戻っていないのでしょうか・・・?

Sumatrantiger05 残念ながら、遊んで貰えたのはちょっとの間(笑)

きょうだいがいますからね♪

きょうだいとじゃれていた方が楽しいのは当然です。

こちらを向いているのが、警戒をといてくれない(笑)ラウトちゃん。
男の子二人は・・・ちょっと早すぎないか?その、真似ッコは(笑)

Sumatrantiger06 ちょっと緊張気味のアカラくん。

このあと、ブランくんとアクリル近くでじゃれじゃれしながら、奥の方へ戻って行ってしまったのです。

うん、ネコだからね(笑)

飽きるのも早いんだよね♪

続きを読む "風と炎の結晶達"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

2度目の八木山

昨年12月に初めてお伺いして、今回2度目の訪問となった仙台八木山動物園。

Tiger_y05 前回、お顔を見せてもらえなかった、こちらバユちゃん。

スマトラトラです。

お伺いしましたところ、今年2月にケアヒくんと同居、交尾が確認されたようです。
上手く行っていれば5月末くらいですかね?楽しみなところです♪

同居と言えば、こちらも・・・・♪

Polabears_y01 ホッキョクグマのカイくんとポーラさん。

この日、既に波が収まった後のようで、2頭でいても特段絡む様子は無かったのですが、こちらもマウントが見られたとのこと。

交尾が成立しているか確認は出来なかったそうですが、ともに7歳。お年頃の2頭ですし。
上手く行っていると良いなぁ♪

Rama こちら、ラマの母娘。授乳中♪

とっくにお誕生日を過ぎているアンナちゃんですが、お母さんのクララさんに甘えん坊でした。

クララさんも特に拒む様子が無かったのですが・・・えと・・・過保護?(笑)

 
Abyssiniancolobus04 そうそう、前回お訪ねしたときにまだ真っ白だったアビシニアコロブスの赤ちゃんは、もうこんなに大きくなっていました。

まだ背中や尻尾の毛が柔らかそうです。

この日、命名式がありまして、お名前は「マナ」ちゃんだそうです♪

Beaver36 ゆっくり園内を巡って、最後はお食事中のアツコ姉ちゃんにご挨拶して、八木山を後にしました。

・・・高野豆腐は、入っていませんでした(笑)・・・ココ私信です。

 


アフリカゾウのベンくんとリリーさんも同居なさっていました。
残念ながら、ここ数日寒い日が続いていて・・・アミメキリンのユウキくんは放飼場へ出ていなかったりしたのですが。

のんびりと言っても、次の移動が控えているので、流石に閉園までは居られず。
行きは・・・バス路線が分からずに営業車を使いましたが・・・、帰りは仙台駅まで戻れれば良いわけで、迷うこともありません。

仙台駅から、郡山駅まで新幹線で移動。
ここで・・・泊まったお宿が駅の裏。距離はさほどではないのですが、繁華街とは線路を挟んで真裏という場所で。
ホテルで教えてもらった、小さな居酒屋さんで晩ご飯となったのですが・・・・。

地元のお客さんと、すっかり盛り上がりまして(笑)
危うく記憶が吹っ飛びそうなほど、飲みました・・・てか、飲まされました(笑)
次から次へと冷酒のビンが来るんですもの。
凄く楽しかったのですが、ご迷惑を掛けていないか、かなり不安です・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

ぞーぉさん♪

北海道では、ゾウを見られるのはおびひろのみ。
それもアジアゾウの姿しか見ることができません。

だから、他の動物園でゾウの姿をみると、ちょっぴり羨ましいのです。
八木山では、アジアゾウもアフリカゾウもいるのですが・・・・、

African_elephant06 アフリカゾウのご婦人が二人♪

大きい方がメアリーさん。
小柄な方がリリーさん。

仲良しの様子が、微笑ましいのです。

リリーさんは、牙が伸びてこないのだそうで、そのせいか、メアリーさんと並ぶと、なんだか親子のよう♪

African_elephant07 オスのゾウもいます。

リリーさんと仲良し♪

ベンくんと言います。

ただ、ベンくん、気が荒くなる時期に、左の牙を折ってしまったそうで、残念ながら、片っぽだけ短いです。

 

そのほかの、八木山のみなさま。

Giraffe_y01 アミメキリンのユウキくん。

実は旭山のゲンキくんの実弟になります。

角のあたりにまだ幼い感じがありますね。

どうでしょう?お兄ちゃんに似てますか?

 

Camel01 フタコブラクダのラフちゃん(奥)

天王寺から来た、昨年生まれのお嬢さん。

実は・・・・こぶが二つともしゃんとしているラクダの姿を見るのが初めてで(笑)

手前のラクダさん。個体紹介の看板が見つけられなかったのですが・・・・やっぱり、こぶが一つ倒れてました。
若いからなのかなぁ~?

Abyssiniancolobus03 そして、そして!

この日より5日前に誕生したばかりのアビシニアコロブスの赤ちゃん♪

真っ白のくるくる巻き毛♪

そろそろ、好奇心が芽生えだしたようです。

お母さんや、ヘルパーの叔母さんに抱え込まれて、なかなかお顔を見せてもらえず、3回伺って、ようやくガラスの間際で会うことが出来ました♪

ご紹介できた他にも、たくさん、たくさん、ステキなお仲間がいます♪
ホッキョクグマ、ミナミシロサイ、ヒガシクロサイ、カバにライオン・・・・、たくさんのガン類。
もちろん、ゴリラやチンパンジー、そのほかサルのみなさん、クマにイノシシ、ニホンジカ、対州馬、爬虫類館も立派でした。
一日いても時間が足りなくて、閉園直前に慌てる羽目に。

八木山の動物たち、スタッフのみなさま。
楽しい一日をありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

キリリ!

さて、東北旅行に戻ります(笑)

八木山動物園の猛獣舎の一画においでだったのはコチラ。

Tiger_y01 キリリとしたイケメンくん。

上野と東山にスマトラトラがいるのは承知していましたが、ここ八木山もスマトラトラでした。

解説を読むと、あの震災の後に来園しているのですね。
「ガンバレ 東北」のエールとともに♪

こちら、男の子のケアヒくん。

2008年生まれと言うことは、ココアと同じ年なんだわ♪

Tiger_y02 ちょっと拗ねたような格好をしていると、どことなく幼い感じになります。

ケアヒくんは、ハワイのホノルルからやって来ました。

名前は、現地の言葉で「炎」を意味します。

仙台の冬は寒くないですか?

スマトラトラは、アムールトラを見慣れた目からは、少し小柄ですが、体色が濃くハッキリとした印象を受けます。

女の子の方は・・・と言えば、これが・・・取り損ねました・・・orz

トラですから、シーズン以外は交代展示なんです。

もちろん、後刻、もう一度猛獣舎をお訪ねする予定が、あちらコチラで時間を取られ、気がついて、閉園間際に伺ったときには、奥の方・・・。

とても写真の撮りづらいところにいらしたのです。

Tiger_y03こちら、女の子のバユちゃん。

イギリス生まれのオランダ育ちだそうです。

ケアヒくんより2つ年上の姉さん女房。

 
 

Tiger_y04 何やら楽しげに、木や植え込みにジャレジャレしていたバユちゃん。

なかなかこちらを向いてくれなくて、お顔が見えません。

既に何度か同居して、繁殖行動もみられているとのこと。

何と言っても、バユちゃんの名前の由来はインドネシアの言葉で「風」だそうで、これは、愛称が良いはずだ♪

「風」と「炎」は互いに互いを高め合う関係。
ただし、バユちゃん、あんまり強烈に吹くと、炎を消しちゃうから気をつけてね(笑)

上手く行って、新しい命が誕生すれば、傷ついた地に、また希望の光が灯ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

アッコ姉ちゃん♪

アメリカビーバーのアッコちゃんに会うのを楽しみに、そして初めての動物園にワクワク。
色んな意味で楽しみにしていた八木山動物園。

でも、ここ仙台は先の大震災の被災地でもあります。
駅前から動物園へ行くいくつかの道の一つも、震災で通れなくなっている場所があったようです。
動物園自体も、水や食料の確保に大変な思いをされ、全国各地の動物園から応援を受けた話は、つい先だってテレビでも触れられた話で、記憶に新しいところです。

Beaver32 さて、正門を入ると、直ぐ横がビーバー舎。

・・・何、やってんの??

アッコちゃんは、自分が初めて釧路市動物園に行った年に生まれたコで、しかも、誕生日が同じなんですよね♪

翌々年には弟妹もでき、一家5人が勢揃いすると、一番大きい個体が、アッコちゃんでした(笑)

Beaver33 格子がちょっとキツイのですが、飼育員さんに便宜を図っていただいて、なんとか写真になりました。

久しぶり~~!

大変だったねぇ。
変わりはないかい?

嫁いだ先で災害に遭い、ダンナさんに先立たれ、その忘れ形見4頭を、1人で育てました。

Beaver34 4頭生まれたうち、女の子2頭は、既に大森山にお嫁入りしたそうです。

アッコちゃんと息子たち。

もう、こんなに大きくなっていました♪

肝っ玉梅子母さんの娘です。
しかも、釧路も地震の多い地域ですから、少々のことではへこたれないと信じていましたけれど、お母さんになったと聞いたときは、心底嬉しく、また、安堵もしました。

Beaver35 カジカジカジ!

囓り取っちゃわないでね(笑)

元気そうで安心したよ。

ちゃんとお母さんしている様子にも♪

あんなに大きくなった息子を、まだくわえるようにして、プールから奥の方へ連れて行こうと一生懸命になってる様子も見せてもらえました。

・・・・って、もしかして、怪しいカメラマンから遠ざけようとしていましたか~~o(;△;)o?

| | コメント (0) | トラックバック (0)