井の頭文化園

2013年3月27日 (水)

シンボル!

展示されているのは、割と小柄な動物が多い井の頭。
大型肉食獣や、カバ、キリンと言った生き物は、ここにはいないのです。

ですが・・・こちら、井の頭で最大の動物(笑)

Hanako_i01 彼女を出さなければ、話になりません(笑)

アジアゾウのはな子さんです。

齢66歳・・・で、良かったんでしたっけ?

エサは、放飼場内のあちらこちらに、ばらまかれます。

少しでもはな子さんに、歩いて欲しいからだそうです。

もう・・・ご年配ですから、飼育員さんも、はな子さんの健康にたいそう気を遣っていらっしゃるのですね。

Hanako_i02エサも・・・既に殆どの歯を失っておられるはな子さんのために、細かく刻んでありました。

ぽかぽか陽気のこの日、園内ではサクラもモクレンも咲き誇っていましたよ。

はな子さんも、のんびりゆったり、時々、放飼場内の水飲み場(?)にお尻をこすりつけたりもたれたり・・・・。

これからも、ずっとずっと長生きしてくださいね。

派手な展示動物は少ないけれど、のんびりゆっくりすごせる井の頭文化園でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

あしひきの・・・

初めてお訪ねした動物園です。
スタートダッシュが遅く、日曜日から動くことになったので、流石に人気動物がいる多摩や上野は避けたかったので・・・近隣で、どこか・・・と、相成りました。

Koshijiro01 見事な婚姻色になっているコシジロヤマドリの殿方♪

眼の回りが赤くなるのが、繁殖期のオスの特色なのだそうです。

そして、ヤマドリが、日本固有種であること、そして様々な種類があることを、ここで教わりました。

コシジロさんも、その一種です。

Koshijiro02 後ろ姿がステキです♪

ちょうど、腰と言える辺りに、さながら雪をさらりと被ったような純白の羽根が・・・・♪

そして、長~い尾羽。

古の歌に詠まれたように、ヤマドリの尻尾は長いのです。

ヤマドリは、キジと同様、本来北海道には棲息していない生き物です。

しかし、狩猟用に持ち込まれたモノが繁殖しているそうです。

現在、北海道は独自に「外来種」を制限するための条例を検討しています。
カブトムシなども、対象になるかどうか・・・どのような扱いになるか・・・注目されるところですが、狩猟対象鳥獣の場合は・・・う~~む・・・・気になるところです。

一週間の春の遠征終了!

疲れ果てて、膨大な写真を見返す時間もありません。
だって、睡眠最優先♪

なんとか、ぼちぼちと・・・・見せていただいたステキな光景を、アップして行けたらと思います♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)